玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年05月07日

カッコ良い!それがあるからつまずく

内村航平さんの転機は、超一流の選手が泥臭い練習を熱心にしている。

それを見てカッコ良い練習をしていたのではダメだと気づいたと言います。

わからない
知らない
できない

だから人に訊く
人に頼む

これをカッコ悪いとするイメージがあるから
全て自分だけでやって
人知れず失敗をする。

失敗するところを人に見られたくない、そういう生き方がクセになっている人もいる。
長男長女にこういう人は多い。

泥臭く自分の欲を表現できないので
人に頼めない。

自己だけで完結させようとしているので、協力が得られず仕事ができない。

カッコ悪い姿を見せないという人は
人を疑ってしまうので信頼の生き方ができない。

posted by 変才冨田 at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カッコ良い!それがあるからつまずく

内村航平さんの転機は、超一流の選手が泥臭い練習を熱心にしている。

それを見てカッコ良い練習をしていたのではダメだと気づいたと言います。

わからない
知らない
できない

だから人に訊く
人に頼む

これをカッコ悪いとするイメージがあるから
全て自分だけでやって
人知れず失敗をする。

失敗するところを人に見られたくない、そういう生き方がクセになっている人もいる。
長男長女にこういう人は多い。

泥臭く自分の欲を表現できないので
人に頼めない。

自己だけで完結させようとしているので、協力が得られず仕事ができない。

カッコ悪い姿を見せないという人は
人を疑ってしまうので信頼の生き方ができない。

posted by 変才冨田 at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コッソリと毒を盛るが如くスーパーヌカをスキ見て投入!

スーパーNUKAを2袋欲しいです。
少しお願いがありまして…
お手間をかけますので申し訳ないのですが
何が届いたかあんまりわからないような
梱包でお願いしたいのです。

というのもこれまで家族の健康を思い、
色々と良さそうなものを取り入れてみたのですが、どれもこれも気に入らないというか…

で、これなら見た目も分からないし、入れる場面さえ、ばれなければ(^_^;)自然に身体に入るだろうと企んでいます。

自分自身も体調を崩してやっと一年というところで、早く元気になりたいので試してみたいと思い、注文してみることにしました。
すみませんが、よろしくお願い致します。

コメント
完全犯罪を目指してください。

家族がスーパーヌカ入りのご飯を食べた時には
顔を伏せてニヤリとほくそ笑んでください。

家族の誰かが
「最近便秘が治って快調だ」と言っても平然としていてください。

功を誇って告白してはいけないです。
家族は警戒感を深めることでしょう。
財布から小銭が消えた現象もあなたのせいにされます。
犯罪者は10年間は雌伏するものです。

posted by 変才冨田 at 18:49| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウマンダラチャートができました。

従来のマンダラチャートは煩雑で実用としては向いていないという結論です。

それに代わって「エゴギョウマンダラチャート」を作りました。

この利点は

@スッキリしており運用が容易い。
Aエゴギョウの内部にある五行の仕組みをそのままシステマチックに利用できる。
Bゴール設定というミッションを遂行する際に非常に具体的なものになる。
Cミッションそのものが適正であるかどうかが考慮できる。
D Cにより真に自分に相応しい目標かどうか検討できる

具体的にワークはテンションよモチベーションを必要としないで淡々と作業として実行できる。

エゴギョウマンダラチャートを作成する中で大事にすべきことが見えてきます。

13日の北九州 20日の大阪 7月の札幌など各地で
エゴギョウマンダラチャートのワークショップを開催します!
posted by 変才冨田 at 16:44| Comment(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足型診断

761E1E7E-DC57-45E2-B808-861F0EC201F0.jpeg
左脚に重心が偏り、このままでは老齢になり脚の筋肉が貧弱になると左の手すりにつかまって腕力も立ち上がるのに必要になります。

右足の小指が踏ん張れないので左へとよりこけやすくなり、左手に杖をついて歩くようになります
左脚が重い、左の腰や股関節 左膝にも問題が生じます。
左が酷くなると逆に右のお尻から腰にかけて緊張を起こし痛むようになります。

この場合の対処に「足楽です輪」は右に巻くことで随分楽になるでしょう。

この方は重心調整用インソール「姿美人」もご注文されたので、足楽と併用されれば見違えた姿勢になるでしょう。

重心調整用インソールの10日間お試しレンタルでできます。


詳しくはBL研究所のHPをどうぞ。

世界に類例のない思想で作成しています。
posted by 変才冨田 at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他力と自力

他力と自力の関係というのは表裏だということです。

自力以上の他力は貰えない。

入力以上の出力も出ない。

一枚の紙の表と裏であって、裏の方が大きい紙のなどない。

それが当たり前なんだけれど、人の世の中は理不尽が多い。

自力以上の他力をもらっている人もいる。

自力は出したのに他力を貰えない人もいる。

では本当に理不尽かというとそうでもない。

長期的に見ればどこかで帳尻が合うようになっている。

それに自力の出しようによっては有害なこともあるだろうけどね。


この自力と他力のバランスをどうするかは人生問題でしょうえ


自力と他力のバランスを取るもっとも良い方法がある。

他力を引き出すために自力を出せば良い。

他者の能力を引き出すので貢献している。

だから「助けて!」と頼めばうまくいく。
posted by 変才冨田 at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする