◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2018年05月30日

7号食レポート 本日が16日目最終です 玄米トーストの使い方

7148B83E-1643-4019-9F6F-D60F190EDC2B.jpeg
本日の7号食中の最後のオヤツは玄米トーストにゴマペースト+玄米甘酒+レモン汁を塗っていただきました。

この玄米トーストは「蒼の元米」と「米の精」のブレンドに慶安の塩という自然塩だけでつくっています。
山形の蔵王製菓さんでは山形産の玄米で作っていますがBL研究所の玄米で作っていただきました。
原料米が違うとこんなにも味が違うのかと驚かれていました。香ばしさがまるで違うのです。

33A32719-C458-416B-AC4B-1888854D7B03.jpeg

普段は醤油をハケで塗ってから海苔で巻いても良いし、海苔を振りかけても良い。

そのまま食べても癖になるとよくいわれます。

詳細はBL研究所のHPでどうぞ。
posted by 変才冨田 at 22:09| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足型診断 ベタ足がいけない理由

3E153811-1295-43CD-876E-76AAC5FFE2C7.jpeg
これは典型的なベタ足です。

足形作成時に身体の軸が前後左右に揺れながら沈んだはずです。
中心軸がないと体が揺れます。

ベタ足の問題点は着地の衝撃の緩衝ができないので膝や腰や頚椎に重力が何倍かに増して直撃します。

歩行時には体重の三倍が片膝に、階段の場合は6倍、走れば10倍の負荷になります。

土踏まずがあればそれを和らげます。

重心調整用インソール「姿美人」を靴に装着すると三分の一の荷重が吸収されるので「痛みが」消失したり軽くなる人が多いのは
立派な三点の足裏構造を再現しているためです。

一般のインソールは土踏まずのみのものがありますが、三点の構造(土踏まずのアーチ・縦のアーチ・前のアーチ)を再現して初めて土踏まずの働きがでるのです。

ベタ足の問題点はもう一つあります。

三点構造がしっかりした足は体重が分散することで脳に豊富な着地圧情報が伝わりまっすぐに立っているかどうかを無意識に判断し脳が立位を調整します。

ベタ足はこの着地圧の違いという情報が脳に伝えられないので、まっすぐに立つ方法は眼に依存します。
眼が脳にかける負荷は非常に多く、それだけ脳が疲れるわけです。
長時間歩いて疲れるのは脚だけではなく脳も疲労するのです。

つまり足裏に三点構造を再現するだけでその効果は楽に歩けるというだけでなく脳や眼にまで波及するということです。

posted by 変才冨田 at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米を食べる意味 3

人も犬も雑食性です。
なので数万年に渡って人と犬は共生できたのです。


肉食は人の生理に適っているというのが糖質制限食の人たちの論理です。


けれども私たちのご先祖である源モグラは食虫でした。


樹上に追われてその食性を徐々に変化させて、それとともに消化器官を変化させて頭脳も食性の変化に合わせて進化させました。


食性の変化は生き残りをかけて必死な姿です。


一時期肉食の時もあったでしょうが一過性です。



人類は肉食だと断定して糖質制限食の論理を作るのは短絡でしょう。

現人類の歯の構成は穀物主体であるし、唾液と膵液の二段構えで糖質対応の消化酵素を分泌しています。

進化の過程で糖質対応の進化を遂げたのです。

今更肉食に戻すのは進化の逆行反動というものです。

実は糖質こそが人類を進化させたのです。

それは次回
posted by 変才冨田 at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

自衛隊員も愛用中 足楽です輪

ある自衛隊員の方とご家族の推薦があって

自衛隊の300の駐屯地に「足楽です輪」と小冊子が置かれています。

同時に自衛隊の新聞「朝雲」にも掲載されました。

訓練がこれで楽になるでしょう。


デイリースポーツにも広告が掲載されました。

最近はスポーツマンにも愛用されています。

某球団の某ピッチャーも気に入られたようです。

デイリースポーツのHPサイトの通販にも載っています。

身体能力は確実に上がります。

ゴルフで振った後で体軸がグラグラしていた人が巻いた瞬間に不動になったようです。AD366FDE-CA6D-49B2-A946-26B42F7580DA.jpeg
続きはコチラ
posted by 変才冨田 at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

足楽です輪のレポート

👣足楽です輪の嬉しい声です♪

・寝てる時に足がつらなくなった
・階段の上り下りが楽
・正座ができるようになった
(以前は、コンタクトを入れる時間ですら正座がきつかった)
・草むしりでしゃがむのが楽

などなど(笑う)
もっと喜ばれるように楽しみまーす♪


母が妊娠中にヘビースモーカーで、貧血を起こしながら、成長促進剤で私を産んだせいか、私は飲み込みが悪く、虚弱体質です(交通事故に4回あってます。全部相手の不注意ですが)。

色々と問題の多い私ですが、七号食と足楽です輪でウォーキングをしているのですが、良い兆候がみられます。

足楽輪をつけた翌日から、朝の目覚めが良くなりました。

着けた日と翌日は、心臓が辛かったのですが、3日目からは以前より心臓も楽で、家事が以前より楽に出来ています。

一昨年一年間、事情があって寝たきりで筋肉の凝りが凄くなり、去年一年鍼灸に通ったのですが半分くらいしか良くならなかったのですが、足楽輪をしてからのほうが、ストレッチの時、体が柔らかくなって、以前より2,3センチ先に伸びるようになりました。

本日12日目ですが、5キロ痩せました。ありがとうございます。


ミューズボックス聞いております。一昨年寝たきりだったせいで、首肩背腰の筋肉等が固まって辛いのですが、首と頭の境目の凝りがほぐれたようです。頭痛がかなり取れました。

そして、虚弱体質の為、人生、家事が手抜きだらけだったのですが、{足楽です輪}とあすなろ米のおかげで、主人が「働き者になって怖いくらいだ」と言われる勢いで、1年半分の片づけと、出来なかった引っ越しの荷ほどきに邁進しております。(病気中で北海道から転勤になったもので)

鍼灸に一年間ほぼ毎日通い、ウォーキングとラジオ体操をしてても回復できず、片づけの元気が出なかったのに、着けたその時から気力が出るなんて凄すぎると思います。

水素風呂(申込用紙を同じ時にリタライフさんに送ったのですが、まだ来てません)と姿美人(時間が掛かるでしょうが)が来るのを期待してます。

定例会が東京でありましたら、是非参加させていただきます。開催お待ちしております

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━
  BL研究所  冨田 哲秀
  
  〒537-0022 
     大阪市東成区中本3-10-23 ♭内 
  TEL・FAX:050-1193-9391
  URL:http://bl-kobe.jimdo.com
  ブログ:あすなろ日記 
      http://inyan.seesaa.net/


posted by 変才冨田 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

7号食レポート パン大好きの私が❗️詳細レポート

3月に七号食の講習会に参加して、冨田先生のお話が面白くて、すぐにやりたいって思えました!!
予定を見て数日後にスタート!
もともと玄米大好きだったし、絶対成功させたいと思って、食べれるもの必要なものを準備万端にしました!

1日目は外に出ると試食やコーヒーに手が伸びそうになったりと、常に食べることに癖になってることに気づき、そんなときは玄米を一口食べて落ち着かせました。

2日目は頭にちっちゃなズキッや胃がギューッとなったり、身体の中の反応を感じました。

3日目から身体が軽く感じはじめ、食欲も減り

4日目から朝の目覚めがスッキリ、口の中が爽やかになり、初めてのウンコがもりもりっと出ました!

5日目からは肌の変化がわかり、超感想肌が常にしっとりしていた!周りからも顔が小さくなったと言われるし、髪の毛サラサラ、手の甲が白くキレイになってた!

6日目から身体が疲れにくくなってることに気づき、誘惑に左右されないし、心がおだやなにいられてた。

7日目でびっくりしたのが、緑色のウンコがでました!緑玄米そのもの!

8日目は身体がスッキリ軽くなったから、身体動かしたくなるし、よく動いてよく寝る、すごく熟睡できる。

9日目また髪の毛が変化、しっとりサラサラ。

10日目あっという間すぎて、まだまだ玄米のみ生活出来るって思える位楽しめた10日間でした!
回復食はしみました!味噌、野菜の1つ1つの味がしみわたり、初めて食べる衝撃が身体中にビリビリと伝わりました!
量が少しで満足するので、作っても食べきれない。

匂いと甘みと旨みをすごく感じる。食べ方が、量で満足させるのではなく、よく噛んで味わうことで満足する食べ方に変わった。無駄なものや量をどれだけ食べていたか気づいた。

三日目からオニギリ三個で生活していたが、体力仕事も全然平気で、食べ過ぎた時の身体のしんどさの方がいやになった。

長々と書きましたが、成功の秘訣は、美味しい玄米を炊くことだと思いました!!

蒼の元米がほんと美味しくて美味しくて、毎回楽しみでした!

パンが大好きで毎日毎食パン食位に食べていたのが、全く食べたくならなくて、それもビックリだったけど、終わってからも一週間一回食べるか食べないか位で、今ではおなかすくと玄米食べたいって3月から毎日食べてます笑
おかげでリバウンドもなく(終了は三キロ減)肌もそのまんま良いことづくめです!
玄米生活やめられません!!!

あと足楽です輪もとりこです!!

冨田先生ありがとうございましたー!!
友達にもすすめて、今では10人近く体験済みです!
posted by 変才冨田 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 現在12日目です。

C3397CA1-60FA-48D6-B0EC-FD4DA3F3D71A.jpeg
玄米甘酒にスーパーヌカは定番です。
コクが出て美味しいですね!
FCD15F5F-95B1-4D32-B316-42BF0ACB959D.jpeg
昨晩は味噌雑炊でした。
精進出汁に味噌入れた朝の残りに滋養米を炊いた残りで雑炊です。
蕎麦湯プラス精進出汁プラス味噌プラス元米での雑炊プランもあります。


476493C6-4180-4C4B-AA8C-CDC0033A1550.jpeg
これは本日の朝食です。
蕎麦湯に味噌と精進出汁に蕎麦 笑
豊かな7号食です。

やはり蕎麦はタンパク質が多いせいか腹持ちが良いですね。
注意
蕎麦は後半から使用してください。
posted by 変才冨田 at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お米を食べること2 その意味2

戦後になって穀物を飼料として家畜に与えるようになりました。
戦争が終わって戦地の兵士向けに増産されていた小麦が過剰になったのです。
倉庫は満杯で船も倉庫として使用されるくらいに溢れてしまいました。
余談
この小麦をどうするか?
秘蔵フィルがあってロスチャイルド家で会合がもたれたというフィルムです。
世界中に市場調査がなされてアジアでは日本が小麦の有力な市場であると決定され、人道的援助の名の下で無料で提供されました。
その折にキッチンカーが何十台も提供されています。
農村や山村にまで走らせて小麦の料理を教えて回ったのです。
それをやったのは栄養士さんたちでした。
同時に慶応大学の林操教授に「米を食べると馬鹿になる」などと言わせて国民の米離れを仕掛けて今日の小麦大好き人間をたくさん作りました。
パンが大好きっていう人はアメリカ戦略の結果そうなったと思い巡らせてください。
25年は米の大豊作でしたが田んぼの真ん中の小学校では昼食はコッペパンでした。
ちなみに僕の世代はコッペパンです。それに
脱脂された大豆のミルクみたいなものでした。マア家畜の餌ですね。大変まずくって鼻をつまんで飲んでいました。
余談終了
小麦やトウモロコシの捌け口として飼料としての使用が始まりました。
草と違ってカロリーが高濃度です。これを食べさせると脂肪が増えて美味しくなったのです。高く肉も売れます。
この畜産のやり方を各国に勧めれば肉好きが多数生まれ
小麦も飼料として売れます。
肉大好き❤
これもアメリカ戦略の結果です。

問題は家畜に人間の食べ物を与えることです。食べ物で人類と家畜が競合します。
1kgの肉を生産するのに穀物が10倍必要です。

肉食が増えるほど穀物が増産されねばなりません。土地は限りがあり、しかも大量の水が必要です。水を奪い合う戦争はすでに始まっています。水源である山がどこかの国の資本に買い取られつつあります。

畜産は人類から穀物と水を奪い大量の汚染水も作り出します。
肉食は環境汚染も招き良いところがありません。
現在の地球人の課題は子孫にまで良い環境を遺すこと、
持続させる課題です。

全員がアメリカ人のようなエネルギーを使うととても持続できません。
糖質制限食はこの点で問題があるのです。
肉食はお金がないとできません。お金がかかる健康法とは結果として利己的な健康法ということになります。
穀物を作って金持ち国に飼料として買い叩かれ、それを発達した資本主義の比較的裕福な層が糖質制限食ができます。
糖質制限食というのは世界の貧富格差をより拡大します。

余談ですが
肉質を改良するために(オス牛の肉は固い)6種類のホルモン剤も食べさせているのです。
家畜に高濃度飼料を与えるということは食べ過ぎを強制しているのでガンなどの病気の家畜が増えています。

糖質制限食を勧める本によれば
「人類は元々肉食だったので糖質制限食は人の生理に合っており消化機能や代謝機能に負担がない」と記述されています。
事実誤認があります。人は肉食ではなく(ライオンではない)雑食性の生き物です。
生き抜くためにできるだけなんでも食べられるように生理機能を適応させてきたのです。

続く
posted by 変才冨田 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

お米を食べること 1 その意味1




しばらく食について書いてみます。

特に穀物食の中でもコメについて論究したいです。

現代日本は糖質制限食などの暴論があり

これについても批判を加えたいと考えています。



食べものの持つ本質は「いのちを維持すること」にあります。

決して娯楽の為ではありません。

いのちを維持するためには、それがすぐ側にあるということが重要です。

滅多に手に入らないものであれば生命の危機です。

すぐ側にあるというありふれたものであることが重要です。

人類は保存できていつでも食べられるものを主に食べてきました。

その需要に適っていたもの、それが穀物です。

収穫が多く保存もできる。

これを手に入れたことで人類史が始まったと言えるのです。

食べ物が手に入るかどうかわからない不安感は文化的な生活とは程遠い状況ですね。

洞窟に残された壁画は私たちから見れば文化芸術ですが、

書いた人は「イノリ」の一つであったでしょう。

カタカムナ風に言えばイノチは血(チ)はイノって得られるものという直感でしょう。

イノリのリ(離)は動物のチを離して自らのチにするという意味があります。

イノリはイノチに直結する行為であったわけです。

動物は逃げるし、群に出会えるチャンスはそうないのです。

動物食は不安定だったわけです。

穀物を手に入れたことで食は安定し余剰時間ができました

生活の余剰が文化なのです。

ヨーロッパの人々は肉食だと言いますが、誤解です。

後年になって肉の保存法ができました。

それは生かしておくことが保存法だったのです。

家畜のはじまりですね。

けれど家畜の餌が必要です。

草を食べる牛馬の餌として牧草を育てました。

人間の消化器官は牧草のセルロースは不消化で栄養にならないのですが、
牛馬はそのセルロースを食べる消化できました。

つまり

植物→牛の組織→人間が食べられる

そんな手間をしないで最初から穀物を食べれば良さそうなものですが、

寒冷の土地では牧草しか育たなかったのです。

そういう意味で理に適った食の流れであったのです。

ところが現在は、、、、、

続く

posted by 変才冨田 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

結果を急がない ユックリが全て

冨田先生、BL研究所の皆様、こんにちは。

いつもお世話になっております。
スーパーNUKAですが、子供も知らずに食べることができていて、
とても画期的です!!本当に役に立っています。


先生のブログを読んで、良い時期だと感じ、
人生で三回目の7号食に挑戦しようと思います。
今回は、甘酒だけの7号食に挑戦します〜^^


そこで質問です。
甘酒のみの7号食の復食期は、甘酒+お味噌汁でしょうか?
それとも、玄米(玄米:雑穀=1:1)+お味噌汁なのでしょうか?
それによって、甘酒の注文する量が変わってきますので、
教えていただければ嬉しいです。

あと、玄米ご飯+おかずで、おなか一杯まで食べてしまうことが沢山あります。
満腹中枢がおかしいのではと、考えてしまうくらいです。
一口に50回は噛むようには心がけていますが、おなか一杯食べないと物足りないのです。
どうすれば、適度な量で満足できるようになるでしょうか?

どうぞ、よろしくお願いします。


回答
こんにちは

今のライフスタイルを維持されれば大丈夫です❗️

身体には身体の時間があるのです。

身体は自然物なのでユックリです。

ユックリと余分なものを排泄しています。

身体という自然はちゃんとやっていますね。

それに対して意識の保有する時間感覚は早いので

ついつい自然を急がせます。

ユックリです。

思うに夕食時間もユックリやれば食べすぎないですよ。


返信
冨田先生

お返事ありがとうございました。
自然はユックリなのですね。
どうも、私は合理的な方へ考えがちで、早く結果がほしくて焦っておりました。
食べ方も、きっちり50回噛まなければ!!とか、今口の中にものが入っているのに、次食べるものを考えていたりとか
せわしない食べ方をしていました。

お答えいただいてから一週間、
噛む回数を考えずに、ゆっくりゆっくり食べてみました。
そしたら、今まで、食べているときにとても緊張していたことに気づきました。
なぜ緊張しているかはよくわかりません。
しみついてしまってる身体の癖なのかもしれません。
これから向き合ってみようかと思いました。

ありがとうございました。

また、注文分の発送もよろしくお願いします!!
スーパーNUKAが頼りになりすぎて、なくなると不安を覚えるほどです(笑)
よろしくおねがいします。

回答
小さな頃に緊張的な食卓シーンがあったのでしょうね。
両親が非常に早食いで急かされていたとか。
怒られながらの食事があったとか。
posted by 変才冨田 at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

組織と個人 アメフト問題から

障害事件を試合中に起こした日大のアメフト選手の行為を賞賛する人は存在すると思われます。

心ならずも命令通りやった彼は立派だと思っている人がいるはずです。

組織の一員として組織を維持する使命があるのだからと。

公文書を改竄した人たち、命令して人もされて従った人もそういう思いではないでしょうか。


組織は個人を超越するのか、個人の良心は組織を超越するのか。

良心的兵役義務の拒否というものがあります。

徴兵制の国の大半は拒否すると罰則があります。


そして企業においても内部告発は問題視されます。


僕は日大のアメフト内部の問題は日本の世界の縮図に見えますえ

表面上は監督コーチは正義の名で叩かれておりますが、日本中が正義の剣をみんな持っているかのようですが

事実は形だけです。

安倍さんの支持率が下がるどころか上がるという現実です。

マスコミはなぜ日大の監督コーチに向けている刃をなぜ為政者官僚たちに向けないのかq
posted by 変才冨田 at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取県智頭町セミナー 6月8日


6月8日(金)いのちの授業

10時〜13時 智頭病院二階会議室
(鳥取県八頭郡智頭町智頭1875
JR智頭駅裏すぐ)

6月9日(土)いのちの授業
10時〜13時 隼lab.
(鳥取県八頭郡八頭町見槻中154-2
若桜鉄道 隼駅から徒歩3分)

参加費 3.000円

テーマは、『食養生』

講師は、BL研究所 冨田哲秀先生をお迎えします。からだに不調を感じる方、膝や腰に痛みがある方、毎日健康に過ごしたい方、是非ご参加ください。


冨田氏プロフィール
1949年生まれ。食生活・からだ・考え方の軸の講演会を全国で開催。20数年間で1万人以上の食養の実績を持つ。
posted by 変才冨田 at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取県智頭町セミナー 6月8日


6月8日(金)いのちの授業

10時〜13時 智頭病院二階会議室
(鳥取県八頭郡智頭町智頭1875
JR智頭駅裏すぐ)

6月9日(土)いのちの授業
10時〜13時 隼lab.
(鳥取県八頭郡八頭町見槻中154-2
若桜鉄道 隼駅から徒歩3分)

参加費 3.000円

テーマは、『食養生』

講師は、BL研究所 冨田哲秀先生をお迎えします。からだに不調を感じる方、膝や腰に痛みがある方、毎日健康に過ごしたい方、是非ご参加ください。


冨田氏プロフィール
1949年生まれ。食生活・からだ・考え方の軸の講演会を全国で開催。20数年間で1万人以上の食養の実績を持つ。
posted by 変才冨田 at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウマンダラチャート 9 全ての現象は5つの要素を充足させれば成就する

全ての現象は複合的な要素が満たされて目に見えてきます。

その要素は少なくとも五つあります。

その要素を支えるものにそれぞれ五つあります。

合計25の具体的な環境に対する働きかけがあって、
中央に煮詰まって花という現象が起きます。

多くの人はこの煮詰らせる要素のどれかが不十分で、一旦は現象化させても継続しません。


三段の組体操だと思ってください。

一番上の人を支える五人がいます。

その五人をそれぞれ支える五人がいて、安定した形が完成します。

それがエゴギョウマンダラチャートです。

どれかの支える力が弱いと不安定になって「頑張る」というテンションやモチベーションが必要になるのです。

逆に言えばモチベーションやテンションが必要な仕事になっている人は

どれかの支える力が空白になっているのです。

これでは一番上がグラグラします。
posted by 変才冨田 at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

エゴギョウマンダラチャートの講習をやって分かったこと

仕事ができない人のパターンがハッキリ分かりました。

仕事のイメージが抽象的すぎるのです。

具体的な要素が出ないのです。

これは仕事に入り込んでいない人の特徴です。

腰が入っていないのです。

けれどそういう人も仕事をやっていますね。

与えられた仕事しかできないのです。

しないと怒られるからやっているだけなんです 笑

僕も仕事できない人のパターンでした。

単に直感でやってきただけなんです。

だからダメだったんだとハッキリ理解できました。


今までの習慣(パターン)から外れれば、でない人はできるようになります。

少人数でしっかりワークをやって

現状の自分をワークで精錬するだけです。

精錬の仕方は具体的に行動目標を書き込むだけです。

posted by 変才冨田 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート ソバやスーパーヌカも使う

BL 研究所では全員7号食8日目です。

毎日眠い、慢性的空腹がありました。

C3397CA1-60FA-48D6-B0EC-FD4DA3F3D71A.jpegB54D4C6C-F298-4D7B-B6FB-FD395694479D.jpeg
玄米甘酒にスーパーヌカを小さじ2杯入れています。
原液をそのままコップに落としてからスーパーヌカ投入。
そこに水を注いでかき混ぜて飲みます。
簡単でしょう。
もちろん沸かしても良いですよ。

下は10割ソバです。
10割でないと7号食ではいけません。
小麦が入っているからです。

茹でてから皿に盛り付けて梅干しに生姜(マア許しています)
を置いてから茹で汁をかけてください。
その後でゴマ塩振りかけます。

流石にソバはタンパク質が多くて腹持ち良く慢性的空腹感が消失します。

飽きてきた頃お試しください。
posted by 変才冨田 at 14:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

あさっては午前中 大阪でエゴギョウマンダラチャートの講習会 あちこち痛い、重いという方もどうぞ

午前中 第一部 エゴギョウマンダラチャートの考え方とワークショップ

午後の第二部は姿勢の即修正講習 全員の姿勢をみます。

第三部は病気の見方と考え方
さまざまな事例から治し方を考える基礎的な理論をお話しします。

参加費
各部 2000円

全受講は5000円
共済会会員は 4000円

050−1193−9391
posted by 変才冨田 at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月27日 郡山セミナー  まだ空席ありますよ。

ご予約 お問い合わせ TEL: 090-4633-5749 問合せ先:大竹茂足もみ整体院 担当:たけ
【講 師】 冨田哲秀氏 Mail: foot@asimomi-take.net

9時開場 血管の動脈硬化精密測定
ご来場者から順番に測定しています。



【第一部】 10:00〜 ●「身体」の軸とは 姿勢の中心軸とは? 真っ直ぐ立つことの深い意味と解決法

【第二部】 13:00〜15:00 ●「食生活」の軸とは 運命を変える食養実践法とは?

【第三部】 15:15〜17:30 ●第3 部「考え方」の軸とは 東洋哲学である五行説と アメリカで生まれた 《エゴグラム》を統合した 【エゴギョウ】 初級編

● 会場:ミュージカルがくと館 2F 中ホール (郡山市開成1丁目1番1号) 【料 金】 各1,500円 (全て参加なら4,000円) 「身体・食・考え方の軸」とは講座 5月27日 10時〜17時30分 (日) 《プロフィール》 株式会社 玄 代表取締役(大阪市東成区在住) BL研究所 所長 食養研究家 東洋哲学研究家 20歳から玄米食を始め40歳でBL研究所を立ち上げ以来、全国各地で講演活動を行い玄米食普及に携わり、27年間で2万人を超える人の食養相談に応じて慢性疾患改善に導いてきた。 その間に人間関係改善のためのツール「エゴギョウ」を開発し、それは企業、学校、個人の多くの方に利用されている。 著書 「食養学入門編」「食養学初級編」など HP https://www.bl-oosaka.org/ ブログ 「あすなろ日記」

《血管の硬さ》 精密測定を受けられます (9:10〜 御来場の順に 無料) 裏面も有り

○100回噛むことの意味と意義とは 口から胃までの間でトラブルが起きるのは「歯」と「唾液」が関わってきます。 ほとんどはそれが原因です。噛み合わせや歯抜けは多くの問題を出します。 噛み合わせや歯槽膿漏からの歯の弱りは現状仕方ない状況の方は唾液をしっかり出すことでカバーできます。 「唾液」には菌を抑制する力があります。 口呼吸に陥ると口に雑菌が入ると同時に唾液の作用までが失われます。 歯槽膿漏がこれだけ増加しているのは口呼吸の増加に連動しているのです。 これが原因で喉に炎症が起きると免疫系の興奮から免疫系疾患の膠原病やアトピー、咽頭がん、喉頭がんの遠因をつくることになります。 「唾液」は胃の粘膜にフィットして粘膜を潤して強化します。 胃がんの方でも150回噛めば痛みはなくなります。 「唾液」が食べ物を完全に包み込み胃粘膜に刺激を与えなくなったからです。その結果、出血が原因の黒便も一週間で消失しました。

「唾液」には生理活性物質が多く含まれており、それ自体が薬です。 ”ロダンカリ” という物質は胃を引き締めて胃下垂を治してくれます。 ”パロチン” は美肌成分が多くて若返りのホルモンです。 そして「唾液」の元は「血液」なのですから、「唾液」をたくさん出すというのは口中に「出血」しているわけです。 出血すれば血管に隙間ができて、あなたにとって最高の薬なのです。 しかもタダ!その隙間に向けて血行が回復します。首から上の血行が良くなるので、肌にも脳にも効きます。 外界にある食べものは全て「毒」だからです。その毒を自己化するには多量の自己そのものである血液で練りこまねばならないのです。 最初に「唾液」を多量に出しておけば、それが消化器への信号となって活発に分泌します。

「唾液」も消化液も「血液」が変化したもので、再吸収されて再び新鮮な血液になります。 「唾液」を含む消化液の総量は7リットルに及びます。 食べた総量の7倍近くも分泌しているのです。 食べ物とは、そのままでは「毒」なのです。 〜この続きは講座にて〜 BL研究所 冨田哲秀

tetu.tomita@gmail.com
こちらでもご参加受付中です。
posted by 変才冨田 at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「足楽です輪」で身体能力を上げる

最近見かける言葉に「サルコペニア」があります。

日常の生活に困難なくらいに加齢による筋肉量が減るということなのですが、
40歳の人が70歳で約1kgの筋肉が減る。
介護が必要な人は2kgも減っている。

足腰の筋肉が全身の筋肉の70%を占めているので歩かない人はたちまち介護です。

団塊の世代の老後の経済的破綻が目に付いてきました。
僕は老後破綻の前に筋肉で破綻されている割合も高いと思っています。

筋肉の低下は転びやすくなり長期の通院です。
筋肉は体温もつくるので、少ないと低体温になり免疫が低下。
これも長期の通院に結びつきます。

自分が老後に病気になるという計算をしないで生活設計をしているので
長引く通院で思わぬ出費になり、やがては破綻に結びつきます。

人の身体は廃用性といって使わなければ退化するようになっています。
お年寄りのトボトボ歩く姿は筋肉を使わない生き方をしてきたからです。
かくしゃくと歩いている人も大勢いらっしゃいます。 よく動き、よく歩いたからです。

それは身体だけではなく心も同じです。
感動することも心の筋肉であり、無感動な生き方を選ぶと姿勢や内臓にまで悪影響を及ぼします。
感動は向うからやってくるわけでなく、感動はその人の心の働きです。
感動したい! その欲求が感動を起こします。
心の筋肉は感動できる能力です。
これも今から貯金しておきましょう。

さて、今回は今のうちに筋肉の貯金をしておきましょうというお話です。

「足楽です輪」を装着して84歳の女性がボーリングで初めて200を超えたと報告がありました。
ゴルフにおいても多くの人がスコアをアップさせています。
いつもブービーか最下位が、なんと優勝されたとかの報告も出ています。
ホノルルマラソンに毎回出場されている人もタイムを大幅にアップされました。
剣道においても打ち込みが鋭くなったそうです。
これはお腹に力が入っているからです。

足楽です輪の特徴は「即、楽になる」ということが特筆です。
特に状態の悪い人ほど強烈な体感を起こす人が多いのです。

そういう意味では障害をもっている人にも使っていただきたいですね。

そして、スポーツマンにもオススメです。
身体能力は確実に増します。

テニス ゴルフ マラソン スケート格闘技じわじわ浸透していますよ。

昨日は一日中「足楽です輪〜」を装着していた母ですが、
朝、ふくらはぎのむくみが取れて1〜2cm細くなっていました。
これも効果の一つですよね?!
今朝は畑にも行き、動作はゆっくりでしたが、しゃがんで葉を収穫したり肥料を入れたりすることができました。
起き上がったり、立ったり、座ったりがかなり楽になっています。
装着1日半でこんなに変わるんですね。

ちなみに母は70代、作家活動をしながら、茶道・習字と習い事もしていて活動的な人です。
元気だった母が突然動けなくなってしまい、どうしようと焦りましたが「足楽です輪〜」のおかげで早く回復できそうです。
本当は自分用に「足楽です輪〜」を購入したのですが、
これは母にあげることにして自分用に改めて購入します。
ついでに父の分も買おうと思いました。
私はまだ試してないので、早く使ってみたいです。
冨田先生、本当にありがとうございました!



posted by 変才冨田 at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

所有感覚という洗脳が人間関係の最期の障害

活きるに都合の良い「与えられた価値観」は洗脳とは言いません。
まあ、都合の良い「思い込み」ってことですね。

負の洗脳というのは明らかにソレによって生きづらくなり
その生きづらさは誰かの生きやすさにつながっている場合です。
ハッキリと奪われるものと奪うものの存在があるわけです。

恋人同士 夫婦 親子 上司と部下
これらの人間関係の中でも洗脳があります。

平等な関係性が気づかれていないと、奪う奪われるという洗脳が存在するでしょう。
「家族という病」という本もこうしたことが背景です。

日大のアメフトクラブの部員が試合中にやった傷害事件も
部員と監督コーチは平等でない!ということから
監督の部員への洗脳が容易に行われていたのです。

レスリング界でもトラブルがありますが、
これも平等な人間関係が土台に失われていることが背景にあります。

役割が違うだけなのに人間の上下が持ち込まれています。

人間界はまだまだ猿と同じ域から抜け出ていないようです。


さて、原因はどこにあるか。

それは人間の奥深くに居座る所有意識があるように思えます。

自分のモノに手を出された時の不快感をというのは、
この世に「自分のモノ」と主張できるモノが存在するという思い込みです。

不快感が伴ってしまうので
@ 取り返す手段を講じる。
A 相手のモノを奪って不快感の代償を得る。
B 暴力を行使して咎める。
B 倫理道徳で相手に 説教する。
C 裁判に持ち込む、警察に訴える。

考えてみれば倫理道徳や各種法律などは人の所有意識から作られる必然性があったのですねえ。
聖書にも「汝、盗むなかれ」があります。

所有意識の芽生えとともに倫理道徳や法律が生まれたものと思われます。

持つものと持たざる者の関係が平等な人間関係を築けない障害になっています。

この問題は深いです。

「人類皆兄弟」と素朴に唱えられないものです。







posted by 変才冨田 at 13:37| Comment(1) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする