玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月31日

タヌキうどん事変勃発

東京からBL研究所に研修で滞在している男性です。

近くの 力餅店にに行きました。

彼「タヌキうどんください」
店主「そんなものはない!」

彼「えええ、メニューにうどんあるじゃないか」
店主「だから、タヌキうどんなんてない!タヌキそばならある」

彼「そのソバをうどんにしてくれたらいいじゃあないですか!」
店主「それだとキツネうどんになるので、それはタヌキうどんとは言わない!」

彼 ムカつく
店主 ムカつく

しばし睨み合い


皆さんはこの会話の真意がわかるでしょうか?

彼「うどんに天カス入れて欲しいよ〜」悲鳴と懇願
店主「それならそうと言わんかいな!」

しばらくして登場

店主「ホラよ、ハイカラうどん❗️」

彼「出てきた〜、タヌキうどんダア〜」

店主「そんな邪道は作ってないって❗️」

しばし睨み合い 笑



それにしてもキツネはうどんタヌキはソバ
東京に行くとタヌキうどんはアゲも消えて
キツネが天カスになぜ変化した?

そういえば
汁粉といえばこしあんを湯に溶かしたもので
田舎汁粉というと大阪では善哉

名古屋あたりではどうなっている?

posted by 変才冨田 at 17:44| Comment(0) | ぼけ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする