玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月28日

足楽です輪の恩恵

@起床時に身体が固く洗顔の時に腰を屈めない。

足楽付けて寝ると起床時に固くなっていないので腰が楽になりました。

A目が覚めても午前中は起きられずほぼ寝たきりでしたが、

今はすぐに起きて動けるようになりました。


事務所でいくつか電話を取ると
そうした体験を聞きました。

足楽です輪は多くの人を救っているようで、開発者冥利です。


自分がこんなに人のお役に立てるとは、ありがたいです。

足楽です輪は4月から会員価格が維持できず値上がりになりますが、

漏れなくスーパーヌカがサービスで付いてきます。
posted by 変才冨田 at 23:26| Comment(0) | 重心調整「姿美人」「足楽です輪」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インナーワークが本当の仕事

人は「できそうに思う」ことしか主体的にしません。

「できそうにない」ことは命令であればしますが、
できそうにないと思ってやることは「身が入らない」ので
結果は形式だけを整えておしまいです。

仕事は「できそうに思える」状態をどう作るかです。

いくつか方法があります。

とっておきの方法は

その仕事をできている人をずっと観察することです。

できているところを何度も見れば「できて当たり前」という感覚がやってきます。

その感覚に持っていくことが重要です。
つまりインナーワークです。

そのレベルに持っていくためには
何度も「できている人」の話しを聞けば良いのです。


もう一つは
「失敗はダメ」という思い込みから自由になることです。

そのためには
自分が「本当はできないカス人間」だと
本当の評価にすることです。

変なプライド(虚栄心)を持っているので「失敗」する自分が許せないのです。

そういう人は他者の成功や幸せも共感できません。

他者の成功事例に共感することは、その他者の能力を取り込むことができるのです。

羨んだいると嫌悪の感情があるので
そのやり方を学ばないのです。


posted by 変才冨田 at 17:05| Comment(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新大阪4月1日のセミナーは公開食養相談

日が迫ってきました。

席はまだあります。


今回は公開健康相談を午前中にやります。

ロシアの全身の気の力を計測するという機器と自律神経と血管年齢測定を
測定しての相談会です。

実際の個人相談と同じようにします。

皆さんのご参考になると思います。


午後はエゴギョウの中級編ですが、初めての方もわかりやすいですよ。


第3部はツンツンセラピーです。
ひざ痛や腰痛 肩こりにひどい人をお誘いください。



第2部「エゴギョウ中級編」
もともとエゴギョウは東洋哲学である五行説とアメリカで生まれたエゴグラムを統合したものです。
統合とは単なる折衷ではなく、1+1=3以上のものにしたものです。 違うものを組み合わせた結果、もととは質的に違うものができることです。
エゴギョウはまさしくそういうものです。
前回は初級編でした。今回初めてのかたはお申込み時にもうしでてください。当日エゴギョウシートをお渡ししますので、少し早い目にお見えになって記入してください。自分のエゴギョウを見ながらお話をお聞きすると大変面白いです。中級編ご期待ください。
〜心とは何か?〜
心とは環境とつながるためにあります。そのために環境とつながるための各種機能を保有しています。
心身は持てる機能を発揮しているときに幸せを感じるものです。したがって人とつながりがうまく持てないときに不幸感に包まれます。
この場合の環境とは3つあります。
1つは自然環境です。自然と心が一体のつながりとして感じられたとき幸せを感じます。
ただし、このレベルは悟りといわれているもので難しいです。
1つは人とのつながりです。つながりが深く広がるほどに心は豊かさを感じます。孤立するほどに、つまり人との関係性が薄くなるほど心は不安定になります。
最後の1つは自分の内部に住む人とのつながりです。言い換えれば心と意識のつながりがよいほど幸せを感じます。
意識と心が一体になるということ、言い換えれば本音と建前が統合する。これが健康ということです。
心身に生じるさまざまな障害は以上の3つの仕組みの狂いを原因とするのです。

第3部「ツンツンセラピー初級編」
冨田先生のあっという間に痛みがとれる。この奥義を教えていただけます。脳に痛みを伝える事、認識させることがすごい結果を産みだします。皆様で体験していただける素敵なセミナーです。

★ 日時 4月1日(日曜日)
受付  午前13時30分から
ご講話 午後2時〜午後8時30分まで
途中休憩をいれます。また、軽食タイムもご用意します。
各自おにぎりサンドイッチ等をお持ちになってくださいませ。
会場の隣にファミリーマートあります。

★ 場所  ユニゾーン新大阪305
   新大阪東口駅前 1分
  大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目20-12
地下鉄御堂筋線新大阪駅DE番改札より上に上がって直進東口
JR新大阪駅 東口横断歩道渡ったところ
「京都きもの学園」の看板のあるビルです。
公共の会場ではないので案内がないのでビルに入ったら3階にあがり、右手に入った、305号室です。
わからない時はお電話くださいませ。
 ‭090-1714-1021‬ 松井陽子まで

メールでのお申込み、お問い合わせ
tetu.tomita @gmail.com

★ 参加費 5500円
(どうしても参加できない方、送れてこられる方や早く帰られる方のために映像の配信(期間限定)もさせていただきます。是非とも
第1回目の参加をお待ちしております。

★ お問い合わせ 松井陽子
‭kyoto358yoko358@ezweb.ne.jp‬
携帯 ‭09017141021‬
posted by 変才冨田 at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする