玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月07日

音声をどうぞ!

https://player.fm/series/series-1273932

今回で4回目の夜ツタ出演です。

posted by 変才冨田 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウ通信講座生徒募集中

約2時間の動画配信で何度も繰り返し聴けます。
4,320円です。

エゴギョウは私のやっていることが全て含まれています。
考え方を土台から立てていきます。
心と身体
経絡 食養 思考ツールとしてカバーされています。
まずは入門編から順番に学んでください。
当初は10本までが入門編と初級編です。

受講者を対象にスクーリングも計画しています。

インストラクター資格を取って講師ができるようになりましょう。
クレジットは
https://egogyou.storeinfo.jp

お支払いはクレジット 口座お振込みもできます。
https://goo.gl/KkTFcx
口座お振込はメールでお申込みいただいてから、ご案内します。

posted by 変才冨田 at 18:38| Comment(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私的所有感覚って?

断捨離という言葉は商標登録になっているそうです。
この概念を作った人はそれを捨てられないようです。

マクロビというのも商標登録した人がいます。
マクロビ食堂に使用料を払えと言ってきたそうです。

所有権の主張ですね。

う〜ん

所有感覚っていうのは不思議です。

この私的所有というのは単なる仕組みなんですが
人間性の奥深く浸透しています。
所有感覚は人格化しています。

幼稚園の頃です。

僕にはまだこの感覚が身についていなかったのでしょう。

僕のお弁当が次々に同級生についばまれて消えてゆくのをぼーっとして見ていた覚えがあります。

僕も隣の女の子のお弁当に箸を伸ばしたところ
ピシャリと言われました。

私のお弁当だから食べたらあかん!

さっきまで僕のお弁当に箸を何度も伸ばしていた子に宣言されたのです。

みなさん僕の衝撃をご想像ください。

それから僕は人のものに手は出せないけれど、出されっぱなしの人生が始まったのです。

幼稚園の頃に挫折です。

以来幼稚園での遊具争奪戦は戦う前に放棄して

一人遊び(池の亀の数を毎日数えていたらしい)が始まった。

ちなみに断固と拒絶した女子に
「あんなあ、うちのとこまで食べ散らかせんといてんか!」
女子に苦情を始めて言われ、以来この歳まで女子に苦情を言われっぱなしです。

で、この女子に中学1年生の時に「ずっと好きやった」
そう言われてポカーンとした思い出があります。


話は相当逸れていますね。
なんの話だったか、、、、

所有感覚のことですね。

マクロビという言葉を商標登録したのは
世界中に知られたマクロビオティックの大家である久司先生の弟子と聞いていますが
、マクロビの基本理念さえ理解していなかったようです。

食養法は技術ですが、その技術は哲学で支えられて本物です。

ここでいう哲学は「自分のモノと言えるものは宇宙には一切ない」ということです。

今現在 私的所有が認められているのはあくまで便宜的にということです。

蓄えなくとも生きていける展望が世界に啓かれれば誰も所有しようなどとは思わなくなります。

全ての人が生きていける食糧の確保と貧富の差を無くす仕組みができれば、の話しです。

わかりやすく言えば、この世界から貨幣やそれに準ずるものがなくなった状態です。


さて
所有感覚を生み出すもう一つの理由は自己主張です。

これは自分が考えたのだ!
みんなソレはわかってるよね!

過剰な自己主張ができるのは
他者との関係性が切れているからです。

自分の発想が自分独自の誰の助けをもらったものではない。

けれど、そんなものは何一つないのです。

先行した他者の研究や業績が新しい考え方を生み出す土台になっています

それを無視することは全体から自分を切り離す所業です。

商標登録や特許などは人類全体の利益から切り離し
自己利益のみを考えているという悪しき傲慢の表れです。




posted by 変才冨田 at 00:13| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする