玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年03月06日

世界が遠ざかる頃

老人になると神経が鈍くなる。

水素風呂の効果が自覚できないのも老人です。

明らかに肌艶が良くなり、冷えもなくなり夜間頻尿もなくなりして
も本人は「わからない!」と言い張ります。
家族が見ても明らかに違うのにわからないと言うのです。

先日も孫さんに連れてこられた女性ですが、
インソール「姿美人」のテスト用を靴に入れて歩いたのですが、
歩幅が伸びて腰も伸びてスピードよく歩いたのに本人は「いつもと変わりない!」
それを聞いてお孫さんもビックリ‼️

神経が鈍くなるということは世界(身体も世界です)が失われていくという進行形なのですね。

そうやって徐々に死に支度です。
世界が徐々に遠ざかり、世界を失うことにも恐れが薄れ
平気で死ぬ準備をするわけです。

老人でなくとも神経が鈍い人はいくらでもいます。

宇宙の一角で棲んでいるという実感が薄れます。
世界のクオリティーが失われるほど日常は価値を失いますw

僕もかなり鈍いです。

ミューズボックスをしばらく聴いてなかった!

posted by 変才冨田 at 18:59| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由になりたいは不自由でいたいから

人間の行動パターンって頑固なくらい変わりません。

自由に選んでいるように見えてパターン化しています。

かなり不規則なライフスタイルを持っている人でも行動は予測がつく。

僕などは完全にパターンにはまっています。

そういう私が
「自由になりたい」と言っているのです。

何をしても良いはずが何か全く違うことはしていないのです。

固定されたパターンを自由に選んでいるということです。
選択肢があってもいつもの行動パターンを外せないのです。

そういうことがあるからライフスタイルというものができるわけです。

アリの行動とどこか違うのですかねえ。

サラリーマンは自由にいくらでも好きなだけ眠っておきたいと思います。
そう思うことが自由への憧れです。
実際にいくらでも眠って良い自由が手に入ると
ちっとも自由な感覚がないのです。
ほかの自由を憧れるのです。

自由への憧れが欲しいのでいつまでも不自由な境遇が欲しいのです。
矛盾だらけの人生です。

つまり
自由は憧れの中にだけあって、永遠に自由にはなれないのです。
m
posted by 変才冨田 at 00:27| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月1日 新大阪セミナー 7日は東京セミナー 7号食レポート センナによる頑固な便秘

はじめまして、鹿児島の石原と申します。2月16日から、7号食をはじめまして、その間も何度も夜のツタンカーメンで、冨田様の話を聞かせて頂いています。

今52才で、コレステロールが高いのと、便秘と身体と心のリフレッシュを兼ねて、7号食に挑戦しています。

5日目ぐらいまで、頭痛と関節痛の好転反応と食欲に苦しみましたが、今はウソのように、スッキリしています。また元米や甘酒などもとても美味しいです。ありがとうございます。

はじめてから17日目、中々便秘が解消されず、いつも飲んでいた、防風通聖酸という、漢方を1日一包服用しています。何か他に方法があれば教えていただければ有難いです。

回答

便秘薬で過去センナをとっていましたか?

返事
結構長くとっていました。

回答
センナ使っている人は直腸反射が鈍くなっています。

仙骨の内側が直腸なので血行を良くします。
茹でこんにゃくをタオルでくるんで仙骨を温めてください。

合わせて仙骨部位を爪楊枝でチクチクやってください。
posted by 変才冨田 at 00:10| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする