玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月21日

それが「現実」だ。現実って何?

と言うような時は、一般的には否定的な意味で「現実」が語られます。

けれども現実には二つの側面があるのです。

1回目の7号食で充分に感度が得られなかったと云う人は1割近くいらっしゃいます。

それどころかマイナスの現象のみが目立つ人もその1割のなかの3割くらいは存在するようですね。

つまり7号食を時した人の3%は「しない方がよかったかな?」という感想になります。

けれど、それは身体感覚や心理感覚の観察力にも左右されるのです。

わたしたちが生きていくうえで様々な現象に出会うわけですが、現象のなかになにを発見するかなのです。

現象には必ず表裏があります。陰陽があるのです。

積極的側面もあれば消極的な側面もあるのです。


思考がマイナスに傾いている時は、現象のマイナス局面がやたら見えてきます。

よく例に出される話ですが
コップにジュースが半分入っていて、これを「半分しかない」と考えるか「半分もある」と考えるか。

どう考えるかはあなたのその時の条件、喉が渇いているかどうかで決まるわけです。

欠乏状態の時に「あと半分もあるからこれをどう利用しよう?」と考えることが重要なのです。

兼好法師は枯葉が落ちる様を見て「悲しい」と感情を表出しましたが、同時代の人に枯葉が落ちる様を見て
生命現象の素晴らしさを発見した人もいるのです。

「枯葉が落ちるのは新しい新芽が出てきて古い葉を落としているからだ」

そのように見たのです。

枯葉が落ちる様で二つの局面を見ることはポジティブ思考に欠かせません。

最近の(というより本日です)お話ですが、

癌の方が7号食をしました。

リンパ節に転移した癌が3センチ以上あって、急速に大きくなっているので、このままでは卵大の大きさになるので、その前に手術しましょうと医師の提案で三月に手術が決まっていました。

その前にやることやってから決めようと知人に7号食を勧められたのです。

私の個人健康相談をしっかり受けてから実行した方が良いということで
西新井のBL研究所の事務所で相談を受けられました。


昨日の検査で3センチ以上が6ミリになっており手術は見合わせることになりました。

さて7号食の実行には紆余曲折があったのです。
7号食は状態のよくない人ほど好転反応もキツイです。
本人はそれでも耐えられても家族の反対に会うとめげます。
一旦は中止されましたが、再度本人はこれ以外以外にやることはないと再挑戦されました。

その結果が
「このままだと鶏卵くらいの大きさになると言われ、手術した方がいいと言われていました。ドクターは頭をひねって以前のデータを必死で見ていました」ということでした。

さらに「おかずはご飯の半分、きっちり守ります。食べたい時は玄米ご飯で調整します。
体重がいっとき52キロまで増えましたが、現在は49キロちょっとで落ち着いております。リンパ腫も6mmまで小さくなり、本当に七号食の素晴らしさを実感しています。ありがとうございます!」
とのことでした。

さて、「現実」には否定的な流れと肯定的な流れがあります。

前者しか見えないと何も出来ず依存的になり、後者が見えると積極的建設的になり主体性が発揮されます。
この主体性が病気の人には免疫を向上させるのだし、ビジネスマンにとっては失敗を失敗として捉えないなにかがあるのです。

よく「現実」を観察して積極面を発見して
信じて飛び込んでみよう!
posted by 変才冨田 at 21:24| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーリングに見る人の美しさ 人生に目的は必要か

一点を見つめるまなざしは美しいですね。

野良猫が雀を見つめるまなざしに似ています。

まさに「今を生きている」そのものです。

目的を持って生きている人と喪失している人のまなざしの違いでしょう。

視線がさまよっていると注意力も失われ
その人がどこで生きているのかわからなくなります。

さて
人生に目的は必要か。

旅と散歩の違いでもあるようで、
それぞれに価値があるので比較できません。

同時並行でやった方が楽しいでしょう!

旅先で散歩です。

緊張と緩和の連続です。

カーリングもそうなっているので楽しいのです。


マア人生に目的が必要な人が目的を持とうとし
それを問題にします。

それにしても
この競技もスケートもお金がかかりそうです。
冬季オリンピックは金持ち対象なのですね。

ちなみに僕はこの冬季オリンピックを普通のオリンピックと勘違いしておりました。

「マラソンはいつかな?」と訊きました。

ボケの進行は順調です。

posted by 変才冨田 at 15:21| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 ナミヤ文具店の奇跡

時空が文具店の内部だけずれて
過去と未来が接続してしまいます。

そのシュチエーションが素晴らしい物語を創造しました。


この映画の主テーマは「選択と運命」

悩み相談を受けていた文具店の主人は
深夜だけシャッターの郵便受け口からお悩み相談の手紙を受け取り
早朝にその回答を牛乳瓶箱に置いておきます。

相談主は人気の少ない早朝に回答を受け取ります。

そこから物語が生まれるわけです。

相談者は選択肢が少なく
回答者は選択肢を増やして
より建設的な方向で回答します。

建設的な方向には未来があるのだけれど
不安も大きい。

安易な選択は楽だけれど未来が見えない。

不安な方向を選ぶということを考えれば良いですね。

楽で安易な選択は未来を創造しないからです。

安全安心ばかり求めると未来がつくれません。
posted by 変才冨田 at 14:30| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザと焼き味噌

インフルエンザの対処法に以前焼き味噌を紹介しています。
それをお友人に教えた男性からのレポートです。

昨日、友人の奥さんが「主人がインフルエンザにかかってしまったので、代わりに頼んでいた品を取りに来ました。」と言われたので、早速【焼き味噌】の食箋をお伝えしたところ、先ほど本人から「焼き味噌、効果ありました。発熱から3日目の37,9℃の時に焼き味噌をいただきました。そのあと38,1℃がしばらく続き、4時間後に汗をかいて目覚めると、36,9℃に下がっていました。即効です。」と、うれしいメールが届きました。本人いわく、もう少し熱が高いときに飲んでいたら軽くてすんだかも…(笑)とのことでした。 ありがとうございましたm(._.)m

コメント
今年の冬もそうしたレポートたくさん頂いています。なぜ焼き味噌なのかも以前書いています。
posted by 変才冨田 at 14:17| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人はなぜ変化を拒むのか 5 強い人は鈍い人

進化の歴史をみると強いモノが淘汰されています。

恐竜がのさばっていた頃には我々のご先祖は小さくて彼らから逃げていました。

そして、よく変化していました。

弱いゆえに試行錯誤して生き残り戦略を立てていました。

卵を産むとたちまち食べられてしまうので胎生で育てて
哺乳するというきめ細かい方向で変化しました。

弱きものは変化することしか方法がないのです。
変化せざる得ないのです。

自分が危ういところを歩いていると自覚した瞬間に、自分の弱さを自覚します。
だから変化しようと動きます。

強い人と弱さを自覚していない人は変化を拒むのです。

アーティストとはその弱さを強烈に感じている人々です。
性格的にあるいは才能が尖っているのでバランスが悪いのです。
バランスの悪さが繊細さを生むようです。
バランスの悪さは弱さです。

バランスの良い人は動じにくいので、その分だけ鈍いです。

さて
変化を拒もうが変化を望もうが、本当は変化しています。

この世界は変化することが本質です。
身体も心も、それを包み込む環境も絶え間なく変化しています。

変化しようとしないのは「意識」です。

固定した意識と変化せざる得ない心と環境の間で乖離が生じて葛藤が起きます。

これが悩みを引きおこす「矛盾」というものです。

意識は固定してこその意識であって、認識を確実にするために
言葉というシャッターで瞬間を捉えて固定しましす。
ラベルを貼ってしまったら最後、ずっとラベルの中身はそのまま変わらないという思い込みになります。

実は中身は変化します。
posted by 変才冨田 at 00:13| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする