玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月15日

エゴギョウ中級講座 人はなぜ変化を拒むのか

その解答は、「社会とは人がお互いに変化をしないでおきましょう」という暗黙のルールがあるからです。

社会が複雑化するほど、そのルールが強化されます。

この人間社会が約束で、つまり契約社会だからです。

昨日お金を貸した相手が「借りたのは昨日の私であって、今日の私とは違う!」

これでは社会が崩れます。

名とは人の固定化のためにもあるのです。

社会とは役割をお互いに演じてお互いに相手の役割を承認しています。

固定化された人格や思想の持ち主ほど信用されますし、信用もされませんr

信用するとか信用しないに値するためにも固定化が必要です。

くるくる思想や性格が変わるようでは信用不信用以前なのです。

ところがその固定化がガッシリ揺るぎもしないと困ります。

頑固と言われる人々です。

面白いもので変化と固定は順送りで繰り返しているのが社会です。

社会には激動期があり大きく価値観も変化します。

社会環境が変化して価値観も変化しているのに激動前の価値観をもったままの人々がいます。

頑固ものは化石です。

石に成り果てたわけです。

さて
時代とはソレを支える価値体系で支えられるものです。

時代が次の時代に変化するまでの間はその価値観で固定されるものです。

人が変化を拒む原因はここにあるのです。

むしろ、問題は変化を拒む人がいて困るなあと感じている人たちです。

彼らは時代の先駆者です。

次の時代のあり方を敏感なセンサーで感じわけて新しい時代の価値観を保有しています。

変化を拒む人がいると感じているのです。

全員がその時代に完全適応していたとしたら

変化を拒む人がいるということも感じないし問題にもならないわけです。

これがマクロに見た場合です。

次はミクロな視点です。

続く
posted by 変才冨田 at 23:57| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は、信仰とは欲望が生みの親である

こういうことを書くと
何かを信仰されておられる方には怒られますか。

僕は、「欲望」は否定するものではないし、むしろ肯定しています。

ありえないことが起こって欲しい、ありえないからこそソレが起きて欲しい。

そういう欲望が信仰の元だと考えています。

神様を信じればきっと救われる(救われたい)。

あり得ることは信じないものです。

その場合は私は知っているというものです。

1➕1=2

これを信じているとは言いませんね。

1➕1=3

人はこれを期待します。

「信じたい」という渇望を起こします。

きっと神様なら私を助けてくれる。

「助かりたい」のです。

欲望が信じるという意識を生むのです。

周辺の人間が信じられず孤独な時には

私に繋がる過去世の人々や神様を信じようとします。

人々を信じない人々によって信仰が生み出されます。

唯一信じられるのは神だけということに信念を持っているのです。

人間嫌いが信仰を促進します。


さて、日本の土俗信仰である神々はどうか。

八百万の神々は人間味があります。

なんでもありです。

トイレにも神様がいます。

日常の中に神様は居ますので繋がり感が半端ではないです。

砂と石という風土から生まれたキリスト教世界。
土と水の温帯モンスーンという風土から生まれた日本の神々。

風土の違いが神の違いです。

けれど、私を守って欲しいという欲望が元になっています。





posted by 変才冨田 at 22:06| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月10日 11日 東京セミナーのご案内

午前中は初めての人のためのセミナーです。

10日 10時開始 ツンツンセラピー入門編

参加費 3,000円


13時 エゴギョウ入門講座

参加費 3,000円

通し参加費は5,000円

終了 17時

入門編未受講で11日参加される方は
動画配信でご受講をお勧めします。

https://egogyou.storeinfo.jp


11日 10時開始 初めての人のための7号食と生理と食の哲学

参加費 3,000円

13時 エゴギョウ初級から中級講座

終了 17時

通し参加費は5,000円

それぞれ昼食は予約 600円


場 所:東京事務所

東京都足立区梅島3−39−8−201

070−1823−6006

050-1193-9391

※駐車場は2台まで


   17時 終了

お申し込みは

050-1193-9391  070-1823−6006

tetu.tomita@gmail.com


posted by 変才冨田 at 10:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする