玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月12日

7号食レポート 世界を変える7号食チームの投稿です。


フェイブックの世界を変える7号食チームのレポートです。
これはオープンなので誰でも参加できます。
多くの人のレポートがありますよ。


今回で3回目の7号食。10日間のフルコース2回とハーフコース(5日間)1回。そのうち2回は全然ウォーキングを取り入れる事ができませんでしたが今回は天候の良い日はなるべく歩くように心掛けながら過ごしました。
1月31日のスーパーブルーブラッドムーンの満月の日から始めて2月9日までの10日間、ちょうど土用も重なっていたため7号食には最高の日程だったと思います。
改善食も順調にいっており体調も良好です♡
今回は体重の減り方が少しづつで毎日200〜300g程度。でも着実に減量し最終的には−3キロ。
何よりもお肌がつるつるになめらかになり毎朝うっとり〜(⌒∇⌒)
やっぱり7号食は無理なくデトックス出来て身体も心も軽くなり素晴らしいと思いました☆
季節ごとに年に4回出来ると良いですね。
posted by 変才冨田 at 16:13| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする