玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年02月04日

エゴギョウ講座 中級編 火性の貪欲

小腸は約7メートルの長さで、これは存在的にも私たちの本体であるということです。

この内壁には多くの襞が積み重なっており、

広げるとテニスコート一面分あるようです。

栄養のある液体をバケツでぶちまけると

速やかに吸収します。

けれど僅か1リットルに満たない溶液を吸収するのにテニスコート一面分ですよ。

ゆっくりと移動しながら一面分使って食べるのです。


さて
こうやってイメージすると
腸というのはまるで土ではないですか。

土にも腸にも菌が密集して生きており
彼らがさらに栄養を消化して私たちに彼らのウンチを提供してくれます。
そのウンチは私たちに微量だけれど絶対必要な生命活性物質が含まれています。

その土の内部に微小な導管(血管)が密集しており

そこに食べたものが導かれ、やがて全身に配られます。

腸は農地です。

篤農家がフカフカの土を作るのに心を砕いているように
私たちも腸内環境を整えねばなりません。

テニスコート一面分を預かる農家だということです。

この農地に薬剤やゴミを

みなさんは平気で撒けますか。

動物の死骸を捨てますか?
posted by 変才冨田 at 11:53| Comment(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6日 京都セミナー 9 大宮水素フォーラム 11日 東京セミナー

各種セミナーが続いています。


富田先生セミナー
〜心身一如〜
「健康」という言葉の概念があります。健は體のこと、康は心のことです。この二つの状態がよい、これが健康だという概念です。
どちらが欠けても健康な状態ではないということです。
けれど、この考え方は間違っています。身体と心を分けて、つまり二元論として考えているのです。

「健康」を一元的に考えなければいけません。どう考えればよいか。
それは家を建てるのに傾けるわけがないですね。健とは人をまっすぐに建てるという意味です。真っ直ぐに建つ家は安心感があります。
真っ直ぐに立てることで心が康(やす)らかになるのです。
つまり、身体を健全にすることは同時に心も健全になっている。心身一如なのです。
ですから、心を考えるとは同時に體を考えることです。そのためにここでは食べ物のことや運動などのことも含んだ話となります。

★第1部「姿勢と痛みについて」
身体の中心軸とは
姿勢は食よりも大切な第一課題です。
真っ直ぐに立てない症候群に膝痛、股関節痛、腰痛などの原因に「真っ直ぐに立てていない」という隠れた原因が多いのです。
簡易な解決法に「足楽です輪」、根本的には重心調整用「姿美人」があります。

★第2部「エゴギョウ初級編1」
もともとエゴギョウは東洋哲学である五行説とアメリカで生まれたエゴグラムを統合したものです。
統合とは単なる折衷ではなく、1+1=3以上のものにしたものです。 違うものを組み合わせた結果、もととは質的に違うものができることです。
エゴギョウはまさしくそういうものです。

〜心とは何か?〜
心とは環境とつながるためにあります。そのために環境とつながるための各種機能を保有しています。
心身は持てる機能を発揮しているときに幸せを感じるものです。したがって人とつながりがうまく持てないときに不幸感に包まれます。
この場合の環境とは3つあります。

1つは自然環境です。自然と心が一体のつながりとして感じられたとき幸せを感じます。
ただし、このレベルは悟りといわれているもので難しいです。

1つは人とのつながりです。つながりが深く広がるほどに心は豊かさを感じます。孤立するほどに、つまり人との関係性が薄くなるほど心は不安定になります。

最後の1つは自分の内部に住む人とのつながりです。言い換えれば心と意識のつながりがよいほど幸せを感じます。
意識と心が一体になるということ、言い換えれば本音と建前が統合する。これが健康ということです。
心身に生じるさまざまな障害は以上の3つの仕組みの狂いを原因とするのです。

第3部「自律神経とライフスタイル」
冨田先生のあっという間にいっぱいになる健康相談の時にも測ってくださる「自律神経測定」これが健康とのかかわりがとてもあります。今回はこれの測定会も皆様に体験していただける予定です。

★ 日時 2月6日(火曜日)
受付  午前10時45分から
ご講話 午前11時〜午後7時
途中休憩をいれます。また、軽食タイムもご用意します。
玄米と味噌汁もご用意しますが、各自おにぎりサンドイッチ等をお持ちになってくださいませ。お茶や紅茶等飲み物はご用意します。

★ 場所 スペースはんなり太秦天神川
http://yontomi-square.com/uzumasa_space.html
京都市右京区太秦下角田町12-1
 (マンションの名前と部屋番号はお申込みの方にご連絡いたします)
  京都地下鉄東西線 太秦天神川駅徒歩1分
  嵐電天神川駅 徒歩30秒 
会場は個人宅ですので前もってのお申込みを必ずお願いします。
わからない時はお電話くださいませ。
 090-1714-1021 松井陽子まで

★ 参加費 5500円
(どうしても参加できない方、送れてこられる方や早く帰られる方のために映像の配信(期間限定)もさせていただきます。是非とも
第1回目の参加をお待ちしております。

★ お問い合わせ 松井陽子
kyoto358yoko358@ezweb.ne.jp
携帯 09017141021
★★★ 皆様のお越しをお待ちしております★★★

講師プロフィール
1949年9月生まれらしい
(生まれたときもボンヤリしていたため 生まれた年の自覚がなかったため)生まれたとき今何年?と聞いておけばよかったと後悔しています。
現在大阪に在中していますが、ときどき全国の出前講演のためはみだしています。
若い頃は石坂浩二に似ていると言われていましたが、ついこの間まではトムクルーズにそっくりと言われていました(身長のことか?)現在はリチャードギヤと間違われて困っています。このままいくと20年後にはオードリーヘップバーンに似てしまうのではないかとひそかに恐れています。

二十歳のときに人間の煩悩の原因は食にあると気づき、それ以来玄米食家です。
26年前よりBL研究所を開設し「 7号食 」 という 食事法や 「 食箋 」 ( 食べ物の処方箋 ) 等 の食養相談で多くの方( 1万人以上の ) 慢性疾患を改善に導いている。

その間に、日本初のハードタイプ「酸素カプセル」の開発。エゴグラムと五行を組み合わせた心の仕組み「エゴギョウ」の発見。心と身体と姿勢を統合した健康理論として「FBA理論」を発表。
特に靴職人さんと開発した重心調整用でつくったインソール「姿美人」は口コミだけで8000足を作成した。
その反響はすばらしいもので事務所の内部だけでこだましておりうるさいぐらいです。

人生観:世界は遊園地だ閉園まで遊びぬこう!
趣味:生きていること 他 ピアノ 歌唱 読書 量をこなすこと(本を読むことが趣味ではない)囲碁6段 仕事初段 小噺初級 
温泉行脚名人クラス

< 夜ツタの出演回 >櫻庭露木氏のパーソナリティーのラジオ番組
【第127回】
『富田船長の玄米7号食のお話し』の巻
【第128回】
『富田船長の秘密のお話し』の巻
https://player.fm/series/series-1273932
変才先生の日記『 あすなろ日記 』
http://inyan.seesaa.net/s/?1423648487


2 月9日
大宮駅の近くで水素フォーラム
水素風呂のレンタル事業のご参考にどうぞ。
13時から17時
最新の水素研究レポートがあります。
低額投資54,000円ですぐにレンタル事業開始できます。
仕入れ資金は一切ありません。
参加費 1,000円 予約いただきチケットは当日お渡しします。

2月11日(日)東京セミナー
開場 9時 自律神経測定開始
★第1部 10時
「食の哲学・米と生理の改善と7号食の最新情報」
第2部 13時
脳を通して姿勢を変える
第3部 16時
BL研究所の考え方と今後

第一部 3000円
第二部 3000円
一日ご参加は5000円
新規制度の既会員は4000円 

〜 食・心・姿勢・トミタの世界の見方 〜
いわずと知れた心と体をプロデュースするスペシャリストの船長が来京!!
1day講座となっています。ぜひ是非、お越しください

当日は新商品スーパー胚芽米とスーパーヌカの試食などもあります。
昼食は600円 ご予約ください。

場 所:東京事務所
東京都足立区梅島3−39−8−201
070−1823−6006
※駐車場は2台まで

   17時 終了
お申し込みは
050-1193-9391  070-1823−6006
tetu.tomita@gmail.com
posted by 変才冨田 at 10:04| Comment(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする