玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2018年01月16日

3月から現行の会員価格制度はなくなりますが、、、、

実は蒼の元米の卸価格は8月に上がっています。

現行の会員価格を守ろうと頑張っていましたが、
郵便局の送料までが大幅にアップするということで
3月から会員価格を取りやめに至りました。

また、現行は5,400円以上のお買い上げで送料無料にしていましたが、これも守れなく

3月より10,800円以上で送料無料とします。
これまで5400円くらいのお買い物の方には倍以上のお買い物になりますがお米は腐りません。
2回分の郵便局の手間を一度で済ませるのは省エネに貢献するとお考えください。

けれど、現行の会員価格は無くなりますが

別のもっとお得な会員価格も考えています。
そちらの会員に是非なっていただくと
よりお得です。

posted by 変才冨田 at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

仕事も相互扶助がこれからのテーマ 3月から配送の料金が変わります

BL研究所は後2年で30周年を迎えます。

後2年間のテーマは「相互扶助」です。

そのテーマの実践をするために研究所は大きく動きを変えます。

それに伴って新しい会員制度を新設します。

昨年度の12月にすでにお知らせしていますが、再度掲示します。


実は蒼の元米の卸価格は8月に上がっています。

現行の会員価格を守ろうと頑張っていましたが、
郵便局の送料までが大幅にアップするということで
3月から会員価格を取りやめに至りました。

また、現行は5,400円以上のお買い上げで送料無料にしていましたが、これも守れなく

3月より10,800円以上で送料無料とします。
これまで5400円くらいのお買い物の方には倍以上のお買い物になりますがお米は腐りません。
2回分の郵便局の手間を一度で済ませるのは省エネに貢献するとお考えください。

けれど、現行の会員価格は無くなりますが

新たな会員制度を新設します。

終了

さて新設の


posted by 変才冨田 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体が重い、軽いという感覚ってなんでしょう。

脚の重さが1日で変わるわけではないのに、
今日は脚が重いとか軽いとかの感覚があります。

これは脳と脚の連携がとれていない時の感覚です。

脳にとって脚の存在感が希薄。
脚にとっても脳にやや見放された感覚です。

足楽です輪を付けると両者が認証しあって軽く感じます。

つまり
脳が手足を完全に近い状態でコントロールできているとき
軽いと感じるのです。

身体を会社と見立てれば、
社長の考え方を社員が理解していれば
社長にとっては軽い会社。

不理解であれば社長は自分の会社を毎日重く感じているでしょう。
逆も真なりです。

社長は自分たちのことを知らないなあと思うっている状況は
重い会社で通勤の脚も重くなるでしょうし、社長の言動も鈍く、つまり重く感じるでしょう。

足指や社員を認証できている状況が
小回りの効く身体や会社ということです。

家族関係も同じ
友人関係も、恋人関係も同じですね。



posted by 変才冨田 at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

仕事はお金だけか?

うなぎを南方から船で送ると到着した時には相当な数が死んでいるという。

そこでピラニアを混ぜておくと死んでいる数が激減するという。

つまり危険がそばにあるということが生命に緊張感を起こさせて

活性させるということですね。

さて
例えば、毎月100万円があなたの口座に確実に振り込まれてきたら、

あなたは奴隷労働であるサラリーマンを辞めますか。

きっと辞めるでしょう。

で、どうなるか?

考えてみましょう。



posted by 変才冨田 at 10:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

偶然は偶然を喜ぶ者だけに起きる

これは西洋の諺です。

偶然を心配する人は杓子定規な生き方を選ぼうとします。

予想を超えた出会いよりも想定された出会いを望みます。

偶然は失敗を呼び込む可能性があり、失敗を避ける方法は全て必然の過程を踏めるように計画します。

したがって失敗を嫌う人は偶然をも嫌う。

けれど、よく振り返れば自分の人生に想定されたものがあっただろうか。

あなたは現在の仕事はどうですか。

奥さんとの出会いはどうでしたか。

むしろ計画していることの行間、
隙間から飛び出してくるものによって
あなたの人生は彩色されなかったか。

偶然が飛び込んできやすいように間口を広げておいて方がよくないか。

嫌いな人が多いという人はこの偶然の産物の恩恵を受けられない。

人との出会いこそが人生を豊かに彩色してくれる。

だから街に出よう。

人に会おう。

人に会う仕事にこそ偶然という成功があるのだから。

偶然を楽しみにしよう!

posted by 変才冨田 at 16:43| Comment(3) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

腰が直角に曲がる理由

こんばんは
NHKの人体番組で骨の話で盛り上がっていますね。
骨の情報をもう一つ

五行では骨は水性に属し
腎臓や副腎に関係しています。
腎は元気とは言い
元の氣なんです。
これは父母から最初に命をいただいた時に貰ったものです。
この氣を少しずつ使っていきます。
寿命と関係するテロメアに及ぶことになり、
ですから遺伝にも関係するのですね。

骨にはコラーゲンが沢山あって、これは骨が歩いた時に振動してマイナスに帯電してプラスイオンのカルシムを呼び寄せます。
歩けば骨は守られます。

腰が90度に曲がるのは重力に耐えられないので脊椎を横向きにして重力を逃がします。
これは過度な踵重心が脊椎により荷重させて耐えられなくしたからです。
踵重心の人は注意ですね。
足楽です輪が重心位置を正常に戻すので良いわけです。
あっ!これはブログにも書きましょう!
posted by 変才冨田 at 23:09| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不幸な状態とは、自分が活かされていないとき

人は自分の力で生きるという自覚が必要です。

自覚した人だけがひとりでは生きられないと気づきます。

自覚していない人は依存的になります。

そういう人の他者との繋がり方は歪みます。

不適切な関係っていうことですね。

自覚すると他者との繋がり方が強固になって、
自信が生まれます。

そういう人は自分が溶けてしまって、もはや他者と自分という境界も無くなってくるでしょう。

生きているから生かされている
そういう感覚でしょうか。

そういう感覚を知って逝きたいものです。
posted by 変才冨田 at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分は幸福かどうかの測り方

果たして自分は幸福か不幸かどうなんだろう。

大きな悩みもなければ、かといて大きな喜びもない。

以下のような尺度があります。

「人間いうたら
自分ひとりのことしか
考えてへんときは
不幸なもんや」
これは灰谷健二郎の長編で「太陽の子」にあります。

ナルホド!

皆さんは神社やお寺さんに初詣に行かれましたか?

どんな願い事をされたでしょう。

自分や自分に関する家族の幸福を願いましたか。

もしもそうならあなたは不幸にメーターが傾いているのです。

ブッダが最後にしたヴィパッサナー冥想に
慈悲のお経があります。

自分が幸福でありますように、から始まり
自分を嫌いな人も幸せでありますように、と続き

最後は
生きとし生けるものが全て幸せでありますように、、、、
で終わります。

昨年から今年の初頭にかけて
社会貢献の仕方のことで頭を悩ませていましたが、
悩んでいたこと自体が幸福なことだったのですね。


今年のテーマは相互扶助能力を鍛えるということです。

皆さんにも提案していきますので、一緒に悩んで相互扶助力を鍛えましょう。


posted by 変才冨田 at 20:18| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

北九州市 1月21日 ワンデイセミナーのご案内

例によって遅いご案内です。

1月21日(日)北九州セミナー
★第1部「食の哲学」第2部「エゴギョウ入門」第3部「エゴギョウ初級」
〜 食・心・姿勢・トミタの世界の見方 〜
いわずと知れた心と体をプロデュースするスペシャリストの船長が来福!!
1day講座となっています。ぜひ是非、お越しください


場 所:遠賀コミュニティセンター
〒811-4302 福岡県遠賀郡遠賀町大字広渡23番地6
☎️093-293-6525
※駐車場は、無料です。

開 場:9時00分 自律神経測定
開 始:10時00分 第1部「日常の食材が薬、台所に本当のコスメがある」
大根 シイタケ ゴマ 豆 牛肉 豚 アイスクリーム お菓子などの日常の食が
どう身体に響くかという興味深いお話です。
    12時30分
      休憩 
    13時30分 第2部「エゴギョウ中級1」
    15時30分 第3部「エゴギョウ中級2」
エゴギョウの視点から日常の人間関係を観察するという中級編です。
困った人間関係の奥に潜むOSをえぐり出します 笑
    16時30分 終了

会 費: 第1部 1,500円 第2部2,500円
(全受講4,000円)

050-1193-9391
tetu.tomita@gmail.com
posted by 変才冨田 at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

ホリスティック思考とは全体性を見る哲学です。 なぜ自分の考えを広げるのか

表題の答えは
そうした方が自分にとって生きやすい環境を作るからです

もっと自由に生きようよ!
そういうわけは
自分の周辺が不自由な人ばかりだと
自分が自由になれないからです。

新自由主義がこれほど世界を席巻したのは多国籍企業にとって都合の良い世界を作れるからです。
これが実現できるのは多国籍企業が金という力を持っているからです。
民主主義国家は建前としてどこの国も国民主権です。
選挙で代表が選ばれます。
その代表が新自由主義が良いと思えばそれに賛成します。

そういうわけで日本は小泉さん以来新自由主義の嵐が吹きました。
結果は彼らが願ったようになりました。
金持ちがより金持ちに、持たざる者はより持たなくなりました。
ある意味、断捨離が勝手に行われたのです。

けれど、自民党に投票された人たちはみんなこうなって欲しかったのですか。
選挙演説で候補者が「私は金持ちはより金持ちにします。貧乏人はより貧乏にします。
その結果は子供の貧困はより増します。
そして結果として国の政策に反対する人も多く出るので、国の方針に反対するような危険性のある人への対策として共謀罪も早く通します。
武器も輸出できないと軍需産業が兵器開発に遅れをとりますので
防衛(攻撃?)予算をさらに増やします。
兵器は消耗しないと次が作れないので軍需産業は衰退します。
自衛隊がどこかへ行って鉄砲を撃つ必要もあります。
そのためには憲法が邪魔なので変えます。
戦後押し付けられた憲法だから変えるわけではありません。
平和憲法が邪魔だからです。
国は武力で守ります。
そのためには財源も必要なので消費税を増やします」

そんな演説が前回の衆院選挙で聴いたでしょうか。

誰も聴いていませんね。

また、当の候補者もよくわからんのです。
自分が選挙で勝つことがどういう意味を持っているのかわからんわけです。

全体として自分がアメリカ多国籍企業のグローバリゼーションの片棒を担いでいるという自覚のある議員さんは少ないでしょう。


さて、良い世界というのは大多数にとって都合の良い世界です。

なぜ、多数者にとって都合良くならず、少数者にとって都合の良い世界が続いているのでしょう。

それは多数者が多数者だと自覚していないからです。

自覚してもらっては困る人たちがマスコミや教育事業に干渉して

自覚させないようにしているわけです。

その方法は分離分割思考を教えるからです。

目の前しか見えない、現象だけ追いかけるという思考です。

人間にはグループ化という癖があり、グループ化はどれかのグループに違いを見つけて(些細な違い)

グループを強化するという癖です。

子供は親よりも子供集団で生きようとしますからグループに順応します

親が教えない言葉は自分のグループで覚えます。

勉強すること 成績が良いのはカッコ悪いとすれば

すぐに勉強しなくなります

親が作った教育環境はすぐに崩れます

支配する人はこのグループを作りたがる人間の癖を増長するだけです。

ヘイトスピーチなどに見る人種差別は思うツボです。

人を下品だと言えば、それは上品と下品のグループわけして全体が見えなくなるのです。

自分はあの人たちとは違う!

自分とみんなは違いはあるけれど立場は同じ!

どちらが全体を見ているでしょう。


肝臓は胃とは違う、俺の方がずっと貴重だ。

肝臓は部分思考ですね。

胃も心臓も腎臓も違うから全体に奉仕できているのです。

それをホリスティック思考というのです。

ホリスティックを標榜しながら、自分の担当は健康問題だけと限定するのは

もはやホリスティックではないです。

ホリスティックは世界を一つの全体として見る思考法です。

世界を救う思考なんです。

身体も全体として観察して不具合の部分を是正しようとしています。

自然は巧まずしてホリスティックになっているのです。

それを分離分割思考が干渉して薬物で全体性を崩してしまうのです。

posted by 変才冨田 at 22:04| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癌と線虫

九大では尿に線虫を入れて癌判定の研究をしています。

嗅覚が鋭敏で癌の保持者の尿には特別な臭いがあって、
線虫はその臭いに積極的な反応を示すそうです。

忌避するのでなく臭いの元に寄っていく。

ここがポイントです。

線虫が癌組織を消化するのかもしれない。

南米のある場所は肉食が盛んです。
結腸癌が多いはずですが、乳がんは多いけれど結腸癌は滅多にないと言います。

これは寄生虫が肉に多くあってこの寄生虫が結腸癌を予防しているらしいですね。

九大のガン検査からので類推です。

寄生虫というよりも人間に棲みついているには意味があって、これは共生でしょう。

ほかの寄生虫は追い出されるにですから。

間違って入ってきた寄生虫は驚いて暴れるのです。
posted by 変才冨田 at 21:12| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食と受験 集中力と噛む力

冨田船長お久しぶりです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

10月の東京セミナーで購入した足楽です輪を

腰痛の母に送ったところすっかり座骨神経痛がよくなり

おかげ様で元気に過ごしております。

足楽の効果に母も大変喜び感謝しています。

本当にありがとうございました。



ところで、18才の息子の健康面で不安があるのですが

顔色が焼けていないのに黒く、左側だけ腰の少し上がいつも固く凝っていて

辛いというので整骨院に行ったところ

左側の腎臓が硬く40〜50代の人のようだと言われました。

明日、内科を受診しようと思いますが

食養で回復できればと願っています。

やはり7号食を実践するのが良いのでしょうか。

息子は今年受験なので7号食を実践しながら

入試を乗り越えられるのかタイミングも悩みます。

お忙しい所恐縮ですがアドバイスをお願いします。

回答
腎臓の機能の低下は顔色が暗くなります。
日焼けや黒人の色黒とは違います。
血行不良と血液の濾過がうまくいっていないのです。

おそらく動いていないはずです。
脚楽です輪を巻いたうえでリフレッシュのためにもウオーキングをしてください。

太ももの内側を指圧してください。
施術者の膝をあてて体重を5秒乗せて2秒休みのリズムです。
顔色良くなります。

さて7号食は本人が自覚して取り組めば素晴らしい変化になります。
脳の神経が生き返り驚くべき集中力が付きます。

おすすめはしますが肝心なことは本人の自覚です。

7号食でなくともよく噛めば良いです。
一口を全て100回噛んでください。

そのあとで勉強すると違いがわかるでしょう。


posted by 変才冨田 at 18:22| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思いっきり空振りを!

お若い方々よ
打席に立った時、三振するのも
情けないゴロを打ってアウトになるのも、かまわない。
見逃し三振さえも許してしまおう。

いけないのはただ一つ。
「打席に立ていることを喜べないこと」だ。
その打席に立ちたかったのではなかったのか。


自分ができないかもしれない原因に

つまらないから
反対されるから
その人を嫌いだから
本当はバットよりラケットを振りたい

そう呟いてバットを構えているだけ?

そこでだけしかバットを振れる場所はないのに。


posted by 変才冨田 at 00:02| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

新たな企画

私は安定をし始めると
もはやジッとしていられずに新しいことを始めます。

よく言えば進取の気性に富む
悪く言えば移り気

私の後ろで収穫する人がいれば良いのですが、
果実を手当たり次第に落としてはなら拾うこともせず、
もう視線は次の果樹に向かっています。

今年も新たな企画が生まれています。

100種類の小冊子を作成します。
各100円で販売します。

15日までに「蒼の元米と生理と7号食」をテーマにした小冊子悪く作成します。
この小冊子にお試し用として
蒼の元米を2号パックにして消費税込みの500円で販売します。

是非これを活用いただいてご紹介をお願いします。

また、小冊子は50円で皆さんに頒布しますので
お友達に100円で売っていただければ嬉しいです。

posted by 変才冨田 at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ「君の名は」のこと

今日の夜TVで 君の名は の放映があった。

これについての評論というより雑感です。

この題名は戦後まもなく一世を風靡した「君の名は」を想起させますね。

岸恵子さんがヒロインでした。

有名な歌にもできています。

おばあちゃんが 紐の「結び」について語るシーンがある。

新海さんはどうしてこういうことを知ったのかを知りたいです。

ムスビ の概念は日本人の深層意識で民族的神話の奥底に流れる思想です。

ムスビ とは二つ以上のことやモノエネルギーの最終的結節点です。

結ばれて そこでエネルギーは充填され新たな伸展に向かいます。

歌にある「結んで 開いて 」の繰り返しです。

ムスビ とは出会ってからの深いコミュニケーションのことでもあり

現在という時は過去と未来のムスビの結節点です。

ムスビ方でいくつもの可能な未来へ伸展します。

これがパラレルワールドですね。

もちろん過去は終わったものでもなく進行中であり、未来も現在進行形が本当の実相です。

ムスビの原型は陰陽のムスビで引きあったり、離別したりを繰り返しています。

主人公たちが「いつも何かを探している」切迫した感覚というのは

共感する人は多いのではないでしょうか。

私たちを呼んでいる声があるからです。

それはムスビの相手です。

自分がむすぶ相手が確かに居るという予感があるわけですが、
その相手は必ずしもこの世界からコーリングlされているわけでもなく
この映画のように過去と未来がお互いに呼びあっているかもしれないのです。

長い無限の旅路です。

最後に有名な歌の歌詞

「君の名はと尋ねし人あり

その人の名も知らず

きょう砂山に ただひとり来て」










posted by 変才冨田 at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

マクロビオティックの性の考え方 3

性の解放とは人の経済からの解放とリンクしています。

経済条件で性は拘束されているからです。

女性が男性を選ぶ条件ですが

25歳までは男は顔!
26歳からはお金だと言うのです。

そういう点では男性にとって甘い世の中です。

だって人格を磨くより経済力をつければ女性に選ばれるのですから。

つまり男性もお金に拘束されるのです。

けれど年収が300万円時代です。

経済力のある男性はすでに結婚しています。

経済力のある男性は需要があるけれど供給少なく
過当競争になっており、40歳を過ぎて独身という男女が増えています。

女性の側から見れば何も苦労して家事労働だけが増えるより
今のままで気楽が良いと考え、男性は自信なく沈んでいるだけです。

性の自由は経済力だけではなく現行の倫理道徳の克服もあります。

道徳の「道」とはタオという意味があり、このタオの原型は陰陽です。
陰陽とは人間で言えば性の交流のことで
道とは性の交流、簡単に言えばセックスのことです。

同祖神があります。祀っているものは男女の性器ですね。
道祖神でもあるのです。
これを生命の源と捉えて大切にしています。

では性愛ではなく愛そのものってあるのでしょうか?

皆さんは赤い色の存在は分かるでしょう。


けれどそれは赤いポストであったり、赤い布であって初めて認識できます

赤そのものだけでは存在できません。

愛も同じです。

人が存在しないところには愛も現れないですね。

愛は関係性において現象するものです。

男女の性に起因して愛は存在します。

だから性愛なのです。

性は遺伝子の継続欲求を具現化するものです。

(同性愛のことは別に書きます。ここでは、その存在は自然界によくあるミスコピーとしておきます。本道は男女の性差における愛です。こんなこと書くと炎上するかもしれないですね)

では、性愛は社会性があるのか、社会的なものが作用するのかということです。

性愛は環境の影響を大きく受けるのでしょうか。

不倫というもの。

これは起きてあたりまえのことです。

遺伝子の欲求は宇宙の意思なので倫理道徳では制御できません。

制御できないので社会的な圧力を加えるのです。

けれどその不倫のニュースが耳目を集めています。

一夫一婦制では包みきれないものがあって、こぼれ落ちるものが不倫です。

男はいつでも精子を配りたい。

女は卵子のコストと子育てのコストがあるのでより吟味したい。

これでは乱婚になります。

そうです。
おそらく人類の婚姻形態は

狩猟生活とリンクして乱婚を出発点にしている。

その方がお互いに都合が良いからでしょう。

夫が一人だと亡くなるとたちまち庇護を失い困ります。

誰の子かわからないのは都合が良いのです。

男たちみんなの庇護を受けられるのです。

男たちにとっても、誰の子かわからないけれど自分の子である可能性があることで満足です。

なぜなら遺伝子の伝達以前に生存しなければいけない。

生存するには若い世代を増やすことの方が有利です。

男たちは女の奪い合いという競争をするようなことは飢えと隣り合わせではできない。

性をお互いに共有し合うのは都合が良かった、というよりそうなるのは必然的です。

ではお互いの遺伝子を生存させる競争はどこでしていたか。

女性に生殖器の中で精子が戦っていたのでしょう。

これには男性性器の形から説明されているようです。


では、なぜ一夫一婦制が現代の標準になったのか。

それは剰余生産物が産まれたからです。

余分な食べ物はどこかに仕舞っておける。

そうなるためには腐らない食べ物が必要でした。

穀物の発見から栽培に移行した時

私有財産がこの時に生まれ

私有財産の継承と遺伝子の継承が一致して
一夫一婦制が生まれました。

私有財産が子育ての裏付けになったので乱婚で男たちに守られる必要性が薄れてきたのです。

男も完全に自分の子であるという保証が得られました。

農耕は広い土地を必要として土地の私有制も生まれました。

定住が始まります。

移動する民と定住する民は存在基盤が違うのです。

考え方も文化も違うのです。

農耕は生存に有利です。

穀物は貯蔵できるので飢餓対策ができました。

狩猟時代が200万年
農耕時代は2万年

身体の生理は圧倒的に肉食時代に作られたので
人は肉食に適応しているという糖質制限食からの意見もあります。

僕は2万年の適応を過小評価しているとい考えています

貯蔵ができたことで生存数が増え、剰余の食べ物が労働から解放し文明文化の基礎を作った。

つまり穀物食が人を社会的な動物、すなわち人間に進化させたと考えています。

穀物食に適応するために生理的仕組みも短期間で変更しましたが、それ以上に

考え方をドラマチックに変えたのです。


(なんとなく書いてはきましたが、こんな話はおもしろいでしょうか)



長い


posted by 変才冨田 at 10:51| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奴隷的労働からの解放 6 仕事の選択

これまで書いた内容をまとめておきます。

そもそもは自由に生きるということをテーマに書き始めたものです。


つまり現状は不自由ということですね。

人類は圧倒的な多数者の奴隷状態から記述できる歴史時代は始まっています。

奴隷とはしたくないことをやらされる状態のことです。

あなたは24時間は自分の時間になっていますか。

多くの人がやっている時間労働はどうですか?

その時間は売っているので自分の自由にできる時間ではないですね。

時間労働からの解放がこのテーマの狙いです。

時間労働をさせられるのは定額の収入がないから確保するためです。

生きていくのに定額の現金収入が必要なので、定額支払われる時間労働は魅力的です。

その代わりに1日の三分の一を売るのです。

(これはある意味売春と似た構造ですね。

一方は労働できるという労働力を売りその時間は不自由です。

一方はセックスマシーンとして自分を売り渡します。

時間労働からの解放も性の解放も同じ課題になっています。

ひと昔前の性の解放運動も労働運動も奴隷状態を温存する社会的仕組みを変える革命運動に延長される性質でした。
だから否定され弾圧もされたのです)


したがって自由に生きるためのテーマは時間労働から脱けることになります。

具体的に言えば定額の収入を違った方法で確保する目標になります。

つまり起業の勧めです。

ただし、自分が病気になったり親の介護などで仕事ができなくなって定額の収入がなくなるようなものではダメですね。

モノを販売するというのも定額収入の確保にならないのでダメです。

ましてや時間労働のWワークなどは人生を楽しんで生きるという尺度からは破滅的です。

ネットワークスという手段はどうか。

これも既存のものはモノを売る仕事なので定額収入の確保になりません。

自分の得意技でなんとかならないだろうか?

私のような仕事はどうでしょうか?

米や足楽です輪などモノを売っていますが、

実はそれは現象面で

実際は自分の向学心と研究好きという資質でやっているのでOKです。

講演なども好きでやっています。

講演は僕のストレス解消法なのです。

僕のストレス解消にお金まで頂いており申し訳ないくらいです。

(でもあと2年待ってください。一年間は何処へでも行って何時間でもボランティアで講演する予定です。30年間の恩返し行脚をします)

僕と同じ状況を求めるのであれば2年間学んでください。
食養履修コース作ります。

他にも定額の収入を増やしつつ好きに生きられる方法があります。

簡単です。

人の役に立つことをやっていれば収入はできます。

仕事とは時間労働ではなく、人の問題解決で役に立っておれば、それが仕事なのです。





posted by 変才冨田 at 00:05| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

2月からお米の会員価格設定が無くなります。 送料無料も10,800円からに変更 けれどもっとお得な会員制度もありますよ!

実は蒼の元米の卸価格は8月に上がっています。

現行の会員価格を守ろうと頑張っていましたが、
郵便局の送料までが大幅にアップするということで
2月から会員価格を取りやめに至りました。

また、現行は5,400円以上のお買い上げで送料無料にしていましたが、これも守れなく

2月より10,800円以上で送料無料とします。
これまで5.6000円くらいのお買い物の方には倍以上のお買い物になりますがお米は腐りません。
2回分の郵便局の手間を一度で済ませるのは省エネに貢献するとお考えください。

けれど、現行の会員価格は無くなりますが

別のもっとお得な会員価格も考えています。
そちらの会員に是非なっていただくと
よりお得です。
posted by 変才冨田 at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビオティックにおける性の考え方 2

嫉妬は土性と金性の所有感の侵害を感じた時に生じるようです。

本能の遺伝子を残すための仕組みに起因します。

男はその子が確かに自分の子であるという確証が欲しいために
女を独占しようとする。

一方で女は優秀な遺伝子を得るために吟味する。

テストステロンは男の優秀さを表す指標で男らしさを醸し出す。

けれど暴力的かもしれないという不安がある。

優しくて力持ちが優秀な男に見える。

女が描く理想の男性像に「俺について来い!」があるが今どき流行らないようだ。

もう一つ「優しい人」というのがある。

これは自分だけに優しいという条件付きだし、

コントロールしやすい、浮気もしないだろうという思惑がありそうだ。

けれども社会的人間であらねば生きにくいので、

賢い人、つまり知性も条件になる。

この三つを備えた男は少ない。

おそらくはこれからは知性がものをいう。

テストステロン豊富な男は野蛮に、粗野に見えてダメでしょう。

けれど本能は根強く、男も自分の遺伝子を残したい。

男性が女性よりも10歳も上だと女の浮気を気にすることになる。

女の1日の行動を気にかける。

一方で女は安全安心のために年上を選んだが、
劣化していない精子を得たい。

女がドキドキ、ワクワクしたい相手は卵子が求めている相手でもある。

相手にワクワクを期待する女は危ない橋を渡りやすい。
心拍数が普段低いと危ない橋を渡って快のレベルに達したいのだ。

これが自分の遺伝子を残したい男の嫉妬を呼び起こす。
テストステロンはしばしば暴力として発現するので、男の犯罪が多くなるわけだ。


自律神経や血管年齢の測定時に心拍数を得られる。
心拍数が60から下のレベルの人に加えて
火性の点数が少ない時
そういう人は恋愛興奮度が低い。
それだけでなく、日々のワクワク度数や喜びも少ないようだ。

心拍数が低くて火が高い女性が日々のワクワクを求めて
忙しく動き狩人のようにな生き方を選ぶ。

さて
性の問題を書いているのだが
遺伝子や生理的なものと性を繋げて書いている状況はみなさんにどう映っているでしょう。

不快かもしれない。
愛について何も書いていないからでしょうか。

マクロビオティックでは宇宙の秩序こそが憲法であり、
人間の文化(愛も含む)はその上に積まれている小さな法律なのです。

したがってマクロビオティックの考え方は
今の社会に対して一見反抗するところがあるのです。

今の倫理観や道徳観はこの社会の仕組みで生まれたものなので一過性と言えます。
宇宙の秩序は絶対性があるので優位なのです。

男と女の関係は宇宙の秩序である陰陽の原理に置き換えられる。
個々の愛ではなく大きな宇宙レベルの愛から語らねばならないでしょう。

個々の男と女の愛は宇宙の陰を代表した女、宇宙の陽を代表した男の出会いとして考える。
posted by 変才冨田 at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奴隷解放計画 5 洗脳解除の方法は労働観を変える お金観を変える

一つの仕事を一生続けるのは尊いこと

人は一生汗水出して働くこと

以上の仕事観は福沢諭吉さんが言っており、明治以来のもので
未だそう思っている人は多いようです。

こうした労働観は奴隷労働にたやすく延長されます。

明治から昭和中期にかけては熟練労働者が必要でしたから簡単に辞められては困るからです。
一般庶民にはそう思わせておきながら支配層はズル賢くやってきました。

したがって会社愛とかいうもので忠誠心を育てました。

(以前のこと三菱に定年まで勤めていた男性が
「僕は三菱マンです」辞めているのに!
100枚を束にした名刺の山を僕に見せてくれました。
まるでアルバムを見せるように思い出と共にその名刺の主と自分の関係を延々と語りかけ
、終わらせるのに苦労した覚えがあります。
ちなみに僕は自分の会社にも一向に忠誠心がありませぬ)

さて
現代は企業も愛社精神などを芽生えさせる薫陶をやめています。
流石に安月給では憚られるのでしょう。

すでに副職を認め始めています。
それどころか、
専業はダメという会社までできています。
全体としては
会社は皆様のめんどうは見れないので
「自助努力」をしてくださいませ、という流れです。

けれど副職まで時間労働をしてはいけません。
圧倒的に奴隷でいる時間を増やすだけです。

副職は時間労働でないものを選びます。

つまり起業です。

(もちろん奴隷労働かどうかの区別は
「したくないことを強いられる」かどうかということです。

時間労働の土台は奴隷制ですが、それをしたいのであれば止めません。
けれどそういう人はしたいことで起業すべきですね)

副職は知恵を出して不労所得が狙いです。
不労所得というとズルいという印象ですが
汗の代わりに知恵を出すのです。
知恵は人類全体の生産性に結びつき建設的労働です。

では、そのような労働の仕方があるのか?

起業すると言っても多額の投資はNGです。

ましてや投信やファンドなどは自分の裁量で左右できません。
NGです。

(退職金が振り込まれると銀行が別室に通してくれて
特別に利息を5パーセント出しますなどと言いますが、
三ヶ月だけとか、一方で投信を勧めて手数料を稼ぎ
優遇利息のメリットは直ちに無くなり損します)

起業時の資金もない、けれども挑戦したい!
そういう時に手を出しやすいのはMLMという仕事です。
マルチレベルマーケティングですね。
通常ネットワークスと言われるものです。

これについてはどうか?

続く







posted by 変才冨田 at 14:45| Comment(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする