玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月25日

暮らしの中に根をはろう

これは僕の永遠の初恋の人、吉永小百合さんの歌の一節です。

暮らしの中に根をはらないと、その人は立ち枯れしてしまいます。

デラシネというのは根無し草のきとです。

デラシネは水の流れに従って漂流するのみです。

根をはる とは

毎日しっかり自分でご飯を作って食べること

食器を洗うこと

部屋の中を清潔に保つこと(これは僕は失格)

命の糧を得るためにしっかり働くこと

働けば自然に世の中に役立ち

結果は根をはれる

人の生活には日常の ケの日
非日常の ハレの日がある。

ハレは特別な日でご馳走を食べたり、感動的な日であるのです。
ドーパミンが分泌される。
ケの日は淡々とジンワリした幸福を感じる日々です。
セレトニンが分泌される。

このバランスが重要で
ドーパミン活性の大きな感動ばかり求めていると
根をはれなくなります。

ケの日が重要でこの日々が根をはるわけです。

根をはったからハレの日が生まれ感動の花が咲くのです。

毎日が感動ばかり楽しいばかりを求めていると

やがては立ち枯れになります。

ハレを人生にとって重要な日にしてしまうと

ケの日々は鬱々と過ごすことになります。

ケの日々にこそ蕾を育てる根があるのです。

ケの日々をこそじっくりと楽しもう。
posted by 変才冨田 at 23:12| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工授精の推移

岡野さんの自然分娩についての講演を今年は三回企画して
その周辺を考える機会が多くなっています。

出産の医療介入によって
子供は授かりものから
意図して作るものになってきています。
出産のコントロールですね。

アメリカでは優秀な精子(提供男性の知能指数だけが尺度)の売買もあり
命の商品化が始まっています。
臓器売買など、お金一神教の社会の必然ですね。

さて
日本での体外受精は1983年に始まり
最初は2万人に一人の割合
1996年210人に一人
1997年130人に一人
累計で36,000人

2004年 100人に1.64人
2010年 100人に2.7人
2017年はどうなっているのでしょう。

この増え方だと4パーセントくらいにはなっているでしょうね。

授かりものだったものが提供されるものになっています。

自然にできないのだからそれを支援するのは人道的に見えていますが
どうなのでしょう。

現行医療が戦争医学から始まったように

生殖医療は牛や豚の生産数と質の改良から始まったのです。

家畜にしたことはやがてはその先には人間が対象となります。

21世紀後半には

「あの子自然に生まれたんだって‼️」
「へー!」という会話があるかもしれないですね。

生殖と出産での医療介入は安全志向と効率志向から始まっています。
安全志向と効率優先志向は
やがては人類の大崩壊を起こすにではないかと不安になります。

なぜ自然受精ができないのかを考える時なのに
人工授精に奔るのは、お金になるからです。

糖尿病を治すのには自然な方法があるのに
薬物治療が先に来るものお金になるからです。

拝金主義が慢性疾患を助長しています。

こんなバカな世の中です。


posted by 変才冨田 at 22:37| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒼の元米のポテンシャル

時々ご愛用のお客様から柔らかめの黒い粒があるけれど
これはネズミの糞ではないかとご指摘があります。

実はこれこそが蒼の元米のポテンシャルを表しているのです。

蒼の元米は山で栽培されています。

山には麹菌が一杯飛び交っています。

化学肥料や農薬を使っていると
この麹菌が稲穂に付着しませんよ。

A9C9A2E4-C1FF-487B-ACCD-206AB8DEBBDA.jpeg

稲穂にくっついているものが
いろんな名称がありますが
稲玉 とか稲魂とか言われているものです。

蒼の元米は表皮にたくさんの酵母菌や麹菌が付着しています。
この米こそが農薬も化学肥料も使われていなかった江戸時代以前に本物のお米なんです。

山なのでねむの実などの硬いものも一緒に収穫されて石のような食感の時もあります。
極力除去していますが当たりの時もあります。
山の栽培はいろいろ平地ではないことが起きます。
けれど完全な無農薬の自然栽培ではあることです。
ご理解ください。

このヌカでヌカジャムなども作れます。

ヌカには抗がん成分が二種類あって軽めに炒ってから
ジャムにしたりそのまま食べます。

蒼の元米のヌカの甘さに驚きますよ。


posted by 変才冨田 at 13:45| Comment(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする