玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年12月12日

人殺しに金かけて

世界的に有名な投資家が

「私が日本の10歳の少年だったら拳銃を買って」

自分の頭を銃で撃つ動作をしたという。

この子達には暗い未来しかないと断言したのです。


日本の子供の相対的貧困率は50.8パーセント。

半分以上の子供が貧困ということです。

少子化を国難と言って総選挙をやった結果大勝して今なにやってるか。

生活保護は13.7カット。母子家庭に対する加算も2割カットとかを考えている。

女性が輝く社会などという美辞麗句駆使する政権は

こうやって狡猾に票を奪って当たりもしないミサイル迎撃兵器に金を使います。

一基が8,000億円を二基購入です。

しかも相手基地を攻撃できるミサイルまで

購入するための経費まで追加予算を要求するという。

軍拡路線は過去最大の5.2兆円だ。

これで儲ける軍需産業には減税だ。

武器輸出3原則も捨てて兵器輸出まで精を出している。

平和憲法は国会論議前にすでに有名無実になっている。

消費税が人殺し兵器に消える。

いつまで国民は騙され続けるのか?

これが教育の成果なのか?

政治に目を向けさせない教育の成果なのか。

政治的なことを言うとダサいという感性を育ててくれた。

もうどうでも良いかな?

安倍さんや軍需産業の役員方は金正恩に足を向けて眠ってはいけない功労者だ。う
posted by 変才冨田 at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌 命の認証講座

おかげ様で午後の「命の認証講座」は満員となりました。

午前中の別会場でのツンツンセラピーは空きがあります。


(午前)ツンツンセラピー講習(冨田哲秀)
「痛い人」集まれ❗️
帰りは楽ですよ!

肩こり、腰痛、頭痛など一発回答!
あなたにもできる驚異の家庭療法を教えます

腰痛 膝痛 股関節痛 偏頭痛持ちの方など ドシドシお越しください。 自分や家族で治す‼️ これが最良の治療法なんですよ。

電話での相談でいろいろな体の痛みなどの不具合をうかがっていると「それはツンツンセラピーで改善されますよ」ということが多いです。
けれど、ツンツンセラピーを受講されていない方にとっては口で説明されてもよくわからないです。
やはり一度は受講をされておくことですね。

誰でもがすぐに効果を引き出せる療法、それがツンツンセラピーです。
覚えておけばきっと家族や友人の役に立ちますよ。


〜その効果の範囲〜
身体各部の「凝り」や「滞り」を取る。頭、眼、鼻、首の際、肩、腰、膝、足など
(例)腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、寝違え、身体各種の痺れ、四十・五十肩、足首が固くて捻挫癖、目の疲れ、畜膿や鼻水で息が苦しい、歯痛、顔の神経が鈍麻、急性や慢性の頭痛、足が重い、腰が重い
〜ツンツンセラピーがなぜ効くのか〜
それは脳への痛みの明確化によって脳が治すように仕組むからです。

札幌講演)
日 時:12月17日(日)
(午前)冨田講演
09:00〜09:30 開場・受付(自律神経測定中止)
09:30〜11:30 ツンツンセラピー

場所:札幌コンファレンスホール  アクセスHP
(6階 コンファレンスAルーム)
札幌市中央区南2条西2丁目TOGASHIビル6F

(午後)
12:45〜13:00 受付
13:00〜14:30 冨田講演
14:30〜14:45 休憩
14:45〜16:45 岡野さん講演
16:45終了

場 所:札幌市生涯学習総合センター ちえりあ アクセスHP
(2階 中研究室2)
〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10

(懇親会)
18:00〜18:30 開場
18:30〜21:30 懇親会・質問タイム (軽食提供あり)
 ※希望者には、自律神経測定します。

場 所:札幌市生涯学習総合センター ちえりあ アクセスHP
(2階 サークル活動室5)
〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10
会 費:(午前)1500円 (午後)2000円/学割1500円
    (懇親会)1,000円→持ち込みの方は500円
(当日混み合いますので、お釣りのないようにご準備ください)
今回の講演は皆様の協力も必要です。
身近な方にお声をお掛けください。
絶対に聴いて良かっただけでなく、あの人にも聴かせたかったと思うはずです。
是非ともお誘いください。
申込・問い合わせフォーム
こちらからお申込をお願いします。
https://goo.gl/forms/vdph3Cbn1WxM6TSn1
全ての会場の参加お申し込みはこちらからも受付しております。
Tel/Fax:050−1193−9391
Mail :tetu.tomita@gmail.com
Line: hiruandnで検索してスタンプ送信してください。

カテゴリ: 2017年BL研究所
posted by 変才冨田 at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする