玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年10月09日

中級エゴギョウ講座 2 火について

欲望の火をコントロールする力が弱いとせっかくの火が業火となって
身を滅ぼします。

これがないと人生を単なる火遊びの場としてしまいます。

火をコントロールするものに木性の判断力があります。

火の勢いを弱めるのではなく、あくまで火の向かう方向性を指し示します。

水性の水は火を弱めるのみです。

木に力が無ければ水で加減する必要もあるのです。

水は火が過剰で思わぬ延焼が広がりそうな時に緊急安全装置です。

木に力がなく水にも消火する力が弱ければ
色々困った状況を招いてしまうでしょうね。
例えば
言ってはいけないことを口走ったりする舌禍で
顰蹙を買い立場を危うくします。

自分の立っている場を理解する木の判断力不足と
他者の感情が読めない水の不足が舌禍を起こすのです。

ありのままが良いというセラピストにそそのかされてはいけません。
思ったままに、つまりありのままの自分の感情を表現するのは
無垢な幼稚さを見せるだけです。

火性の人は低い次元においては物質的欲望の火を燃やして
経済力に見合わない買い物をしてしまい、債務地獄に陥ります。
あるいは
感覚的シゲキにさらされて何かの中毒や依存症にもなりやすいのです
男性であればギャンブル中毒やアルコール依存ですね。
これらは破滅しかないですが、実は目に見えない破滅はたくさんあるのです。
セックス依存もあれば
お金中毒や依存症です。

お金を稼いで成功しているように見えても
家に帰ると冷え冷えとした風が吹いている状況の人も多いのです。

恋愛依存症もありますね。
この依存症は嫉妬の火を絶えず内心に燃やしています。

いずれも共通項は視野に自分しか見えていないことです。
いえ、自分の全体が見えていれば良いのですが、
自分の感覚と感情しか感じていないのです。

火の力は人生を逞しく生きるに必要ですが、火のコントロール力が必要です。
よりよく生きるためには木の判断力が必要なのです。
続く
posted by 変才冨田 at 21:32| Comment(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中級エゴギョウ講座 1 火性について1「

何回かに分けてエゴギョウ講座を系統的に書きます。

第一回は火性編

火性は動物としての生きる土台です。
この性質が弱ると生きる意欲が衰弱します。

火が高くて鬱ということはなく、鬱とは火の弱まりと一致します。

人生におけるあらゆる喜びの母体なので、
人生を意味付ける土台です。

これ無くしては人生の意味を語れないくらい大切な性質です。

同じ意味で生きるのに酸素が必要不可欠ですが
酸素は猛毒の活性酸素を生み出します。
生きるためには酸素は必要ですが
吸った酸素の2パーセントは毒の活性酸素を作ります。

同じ意味で火は活性酸素のような毒を生み出して
その火の力によって自分自身や他者を燃やして人生を台無しにする
危険性を孕んでいるのです。

火とは欲望のことです。
盛んな欲望の火は人生に刺激を与え活力を生み出しますが、
欲望の向き先によっては当人や他者を破滅させます。
続く
posted by 変才冨田 at 20:19| Comment(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千と千尋 カオナシと湯屋の神々など 様々なキャラクターの役割

先ず舞台設定です。

そこは昔に作られたパビリオンらしく、すっかり打ち捨てられた箱物。

古ぼけたパビリオンの入り口と思われる建物のトンネルのようなところを潜ると広大な敷地に
怪しげな建物群がありました。

このトンネルのような暗い道は産道の象徴か。
そこをくぐり抜ける新しい世界と生への不安を千尋は訴えます。

両親は欲望のままに(豚のように)飲食し豚になりました。

父親は都会から左遷されて地方都市に来たのですが
少々投げやりです。

つまり夢破れた両親です。
あとで出てくる湯屋の神々になろうとしてなれなかったのです。
かといってこれから真面目に働く意欲も失せているので、
食うだけでは豚になる以外ないのです。
その魔界は働かない人は生きていけないか、
豚になる以外にないルールです。

いかがですか?
この世界のルールそのものですね。
従ってこの魔界は私が生きているこの世界をデフォルメしたものなのです。

私が生きているこの世界の本質を宮崎はさらけ出して見せているのですね。

湯屋にお客として訪れる奇妙な姿の化け物は
「神々」という設定です。

確かに湯屋にとってはお金を落としてくれるお客なので「神様」ですね。

彼ら「神様達」は現行の資本主義という仕組みを是認し、そのシステムを利用して「神様として栄耀栄華を満喫」しています。

では湯屋で名前を奪われた神々に接待する彼女達は何の象徴でしょうか。

ひたすら接待して食い繋げている名前の意味を忘れてしまった労働者達です。
生きるためにはお金が不可欠。
それ以外に何がある?
お金がないと幸せになれないと信じた人々ですね。

そういう意味では神々も彼女達もお金一神教に洗脳された人々です。


では、湯屋の周辺をうろつき、千につきまとうカオナシとは誰のことでしょうか。




posted by 変才冨田 at 16:26| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

10月22日 大阪水素フォーラム

21日の大阪セミナーの翌日ですが

水素フォーラムがあります。

チケットがありますので以下にどうぞ。
050-1193-9391
tetu.tomita@gmail.com


来たる10月22日(日)、「第17回WCJフォーラム」を大阪で行います。

以下に日程の詳細をご案内します。
「第17回WCJフォーラム」
日  時:2017年10月22日(日)
開  場: 12:00
受付終了: 13:30(直前の混雑を避けるため、この時間には受付をお済ませ下さい)
開  演: 14:00
閉  演: 17:30予定
※状況次第では開場時間が前後する場合があります。

場所:大阪国際会議場グランキューブ大阪(メインホール)
住所:大阪府大阪市北区中之島5-3-51
入場料:1000円

また、参加された方全員に、「Lita水素サプリ」をプレゼントさせていただきます。お帰りの際、チケットと引き換えでお渡しいたします。

※会場内は、当日受付順で全席指定とさせて頂いております。ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------

posted by 変才冨田 at 21:41| Comment(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月21日 大阪セミナー ご案内

10月21日(土曜日)大阪BL定番セミナー
【内容】
”自律神経状況計測”について
万病の元は自律神経失調です。自分の状況を知っておきましょう。
自律神経計測でわかること。
@心身のエネルギーが少ないかどうか
A免疫が落ちているか、十分か。
B土台である副交換神経が十分か弱いか
C交換神経と副交換神経のバランス
D全体としての健康度数

第一部 「姿勢の見方と考え方A」前回の続き復習
今回は具体的なワークで深く理解します。

第2部 「7号食と食の周辺A」
今回は症状に対する処方箋
〜心臓病 胃弱 貧血 高血圧 糖尿病 鬱 耳鳴り 感覚〜

第3部 中級エゴギョウ学習プログラム 第1回目 「火の性徹底分析」
12回参加者に修了証授与します。
入門編を受けていない方は随時講習がありますので、前後しても構いませんので受講してください。
12回終了後にカウンセリング技法に延長されます。

日 時:2017年10月21日(土曜日)
場 所:大阪BL研究所  〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本3-10-23
開 場:9時00分 自律神経 計測開始
(ご来場の方より、受付後、順に計測をいたします)
開 始:
10時00分 第1部「姿勢の見方と考え方A」前回の続き復習
12時00分 休憩 
13時00分 第2部「7号食と食の周辺A」
15時15分 第3部「中級エゴギョウ学習プログラム第1回目」
17時00分 終了(おそらく)
 
会 費:各部 2000円 全参加 5000円
玄米ランチ 540円でご用意いたします。ご予約ください。

<お問い合わせ> BL研究所
〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本3-10-23
TEL/FAX 050-1193-9391 mail:tetu.tomita@gmail.com
posted by 変才冨田 at 11:46| Comment(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

7号食の成果を固定化する基本食

7号食の好ましい結果を見て終わらせないことですよ。

100メートルを走る走者は100メートルを目的にしていると後半に失速して敗れると言います。

110メートルを目標にするのです。

7号食を100メートルだとすれば、完走後に失速して

7号食の効果を台無しにします。

考えてみれば

7号食は劇薬かもしれないですね。

身体が驚くべき良い反応を起こして、

そこで感激して燃え尽きる人がいます。


肝心なこと!

それは基本食にランデイングさせる事です。

これです‼️

目指すべきは‼️


7号食を終了しても蒼の元米は当たり前のように継続です。

主食は蒼の元米 副食は主食を超えないこと!

お代わりは主食であって、おかずはお代わり無しです。

これが基本食です。

そして一日最低一杯のお味噌汁です。

posted by 変才冨田 at 21:00| Comment(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄養学と食養学 2 

(3)穀物と人の進化
さて、何を食べるべきか。いいえ、わたしたち人の食性はなにを食べるようにできているのか。
動物はエサを求めて東奔西走します。明日の食べ物が保証されていません。今を充足させる。
それを連続させることに必死です。
一方社会的動物に進化した人間は蓄えることを覚えました。蓄えることを可能にしたのは穀物です。穀物の発見から人は人間へと進化する道にのれました。
保存できる穀物は人間にゆとりの時間を与えました。文化というものが生まれた原因も保存性に優れた穀物があったからです。
また、同時に保存できるがゆえに私有財産という概念も生まれ、その奪い合いの歴史も始まりました。その配分のための社会的仕組みをつくり、その配分システムの進化を歴史というわけです。
穀物はわたしたちの全存在に入り込みつつ多様な食文化を創造したのです。
この点はどんなに紙数を尽くしても書ききれないでしょう。
それゆえにBL研究所は健康づくりの中心軸に穀物を中心に据えているのです。
BL研究所は穀物を中心としたライフ・スタイルを提唱します。
(5)元のお米
「元のお米」という意味には二つ含まれています。
@ 数百年にわたって品種が固定されている。
つまり、元々のお米であって品種改良を繰り返し行ったものではないことです。
したがって、野性味のある元気なお米です。元の身体に戻すのであればお米も数百年にわたって食べられてきたものに替えます。
A 白米にしないで元の玄米で食べること。
白米はミネラル、ビタミンが乏しく主食にするには役不足ですね。白米だけでは生きていけません。白米ばかり食べていた時代は脚気患者が多かったのです。
7号食に見られるようにそればかり食べていても病気になりません。かえって元気になっていますね。
(6)美味しくて炊飯が簡単でなければ続けられない玄米食
BL研究所がお勧めする玄米は「蒼の元米」というもので、長年の玄米食の方がその美味しさに驚かれます。しかも、岡山の山間僻地で完全無農薬にて栽培されたものです。
さらに、炊き方が簡単で電気炊飯器の白米ボタンで水加減も白米と同様で簡単に炊けます。

この「蒼の元米」は全国に配送しています。
現在は会員価格で5kg4374円で販売しています。
送料は5400円以上で無料です。
玄米甘酒、足楽です輪、新製品の「集中できます輪」などとともにお買い求めください。
tetu.tomita@gmail.com
050−1193−9391
メールでもお電話でもご注文できます



posted by 変才冨田 at 17:53| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄養学と食養学

江戸時代後期に水野南北という有名な観相家がいます。
南北は人相を観るに「万に一つの過ちなし」と言われていました。

その南北の言っていたことです。
「非常に福相であるのに現在の境遇が悪い人、非常に凶相であるのに幸せな境涯を送った人がいる。この理由を研究すると、裕福になって食べ物を贅沢にした人が運気を損なっている。お金が入るようになっても、食を質素に保った人はたとえ凶相であっても運勢が良い。つまり食こそがその人の運命を決めているのだ」と人生の真実を喝破したのです。

現代の日本は長寿にはなっているけれども慢性疾患や痴呆や癌疾患、さらには鬱まで増加の一途をたどっています。
南北の喝破通りではないですか。豊かになるにしたがって飽食グルメを実行した結果が現状でしょう。
それは同時にカロリー学説を土台にした現代栄養学の敗北とも言えそうです。それが役に立つものであれば人の健康づくりの防波堤としての役割を果たすはずだからです。
栄養の「養」とは羊を良くすると書くように、決して人間だけを対象にしているわけではないのです。羊や牛を良くするとは「病気にしないことと太らせる」ことです。
家畜を栄えさせるという意味が栄養学にあるのです。人間にとって都合の良い育て方をすること、「つまり太らせることが栄え」なのです。
どんどん食べさせれば食産業にとって都合が良いのです。人の家畜化を実現させたものが栄養学の本質です。

一方食養学はどうでしょうか。
「食」の字は人を良くするとありますね。食養とは人を対象にするだけでなく大切にしているのです。
それゆえに栄養学のようにマスで個人にあてはめるのではなく、民族性、住んでいる場所の緯度、個々の体質の違いなどを考慮する個別性に食養学では重点が置かれます。

posted by 変才冨田 at 00:36| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする