◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年09月05日

身体と心

身体と心を分離して二元論で考えていませんか?

死ねば心は失われます。

というより心は身体の影のような存在ですから

本体の身体が死ねば心は消えます。

おそらくはご臨終ですと宣言された時から

心の働きは徐々に減衰して

世界が遠ざかって感じられることでしょう。

いえ、ご臨終ですの宣言よりも遥か以前に減衰しているかもしれませんよ。

年齢を重ねて身体の動きが制限されるに応じて

心の働きは徐々に失われるので、徐々にこの世界からフェイドアウトしています。

面白い実験があります。

漢字を思い出すのに多くの人は空書します。

空間に仮想の手で書きます。

それでもダメなら実際に手を動かして空間に書きます。

手の動きを封じられた人は、自由に動かした人より思い出せないのです

英単語を思い出す時にはアルファベットなど特に書くことでスイスイ出てきますね。

これは何にを意味するでしょうか。

末梢で経験したことが脳に集積されているわけで、

末梢無しには脳は何も体験できません。

末梢が体験を豊富にするほど脳は生き生きするわけです。

身体的動きが心のスイッチなんですね。

走っている人を見ただけで、その人の脳の内部では、身体的に脚を動かしています。

仮想でも動きを体験しておかないと実感が伴わないのです。

脚がダメになったら、それは脚だけにとどまらず

心の弾性を失う第一歩なんですね。
posted by 変才冨田 at 18:56| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気力の弱さは食べ物の質が低下

暑い夏が過ぎようとしています。

夏は副交感神経が優先で

重い だるい 眠い やる気欠乏

ただでなくともそうなります。

その上に玄米食べないでアッサリ食べやすいものや冷たいものが多かった人は

脳のエネルギーも弱まり、気も短くなりやる気も落ち込みます。

そろそろ身体を立て直しましょう。

毎日最低二杯の玄米ご飯をいただきましょう。

蒼の元米2:滋養米1の割合で良いですよ。

このブレンド比率に大さじ一杯程度の十五種雑穀を混合です。

これがBL研究所のオススメの黄金比率です。

posted by 変才冨田 at 17:58| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする