◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年09月04日

アトキンスダイエットの亡霊  これは丹念に全文を読んでください。

18歳の時にアトキンスダイエットの本を読んで以来
炭水化物を食べるのに罪悪感をもってきたという48歳女性です。

現在流行っている糖質制限食とはこのアトキンスダイエットの焼き直しです。
なのにこれを推進している人たちはアトキンス博士の名前も出していませんね。

古い方法であるということを言いたくないのでしょう。

以下は引用記事
多くの企業は「低炭水化物ブーム」と呼び、注目を集めようと炭水化物の少ない特別製品を販売しはじめた。2000年2月24日にはアメリカ合衆国農務省が討論会を開催し批判が集まった[7]。現在でも時折取り上げられ議論が続いている。厳しい批判も出ている。
ブームの中、2003年4月17日、アトキンスは転倒による頭の強打によって昏睡状態を原因として死亡した[8]。死亡時に心臓病であり、さらに体重が116kgあったという発言に対し、死亡する9日前には89kgであったと弁明がなされた通常の食事バランスではないため健康上の問題を巡って激しく議論されていた。2004年にはダイエットの1年後から頭痛や下痢など、炭水化物が少ないことによる副作用もみられ、長期的な安全性は保証できないと報告された[9]。
アメリカの調査では2004年2月時点で消費者の9.1%がこの低炭水化物ダイエットを実行していると答えていたが、同じ年の7月には2.1%に急落しており、その後2005年7月31日に、アトンキンスニュートリッショナルズ社(Atkins Nutritional company)は連邦倒産法第11章にもとづき会社更生手続きをとった[10][11]。

引用終了

以下は本日ある女性からラインで届けられた文章です。


実は今、ボディメイクプログラムという、やはり、低GI値の食べ物を推奨し、出来るだけ糖質を取らないという食事と運動のプログラムを以前勤めていた会社の先輩の関係で3ヶ月限定でやっているのですが、、朝と昼のみ炭水化物、全粒粉のパンや玄米を80グラムが許可され、あとは繊維、タンパク質.フルーツ少し。
夜は繊維のみが許される食事をしています。
始めて二週間でお通じが悪くなり、玄米を増やしていいということで、増やしたら、お通じが戻るという体験をしました。

人間の身体って本当に食べるもので左右されるなぁと実感!

動物を多めに取る様になり、たまにフェイスラインや首にぶつぶつ。

色々、勉強になっとります。


先生〜〜
お忙しいのにお付き合い頂きありがとうございます😊

終了
いかがですか。
現代にさまよい出た亡霊ですね、糖質制限ダイエット。

日本でも糖質制限食の本を出していた方が心臓病で亡くなっています。

1970年代にアメリカでは心臓病の死因がトップでした。
その原因を探るために上院でマクガバン委員会ができて
世界中の食事を一年間かけて調べ上げ
マクガバンレポートが提出されました。
「我々は動物性を多く食べ過ぎた。それが心臓病の原因だから制限すべき
というのがその論でした。

以来、食の教育が小学校からなされて心臓病が減りました。

いかがですか?

糖質制限食(動物性推奨) 対 肉食制限食

どちらが結果を出したでしょう。

彼らの論拠は

人類は元々肉食であったということから始められています。
動物性食に適合させた身体的機能なのに穀物食で体質をダメにしたというわけです。

彼らは穀物食に適合するように身体を進化させて構造や機能変化を人類が遂げたことを見落としています。

炭水化物に対して唾液や膵臓の酵素という二段構えで対処するようになっていることも見落としている。

彼らの論拠の脆弱さはいくらでもあり、

第一に強調したいことは

肉食優先の食事は経済的豊かな人たちだけの食事法であり、

人類全員がそんな高エネルギー食を実行すると、地球の劣化は促進され

持続させる地球環境が心配されているのに真っ向反対になっているということです。

1kgの肉を生産するのに穀物を10倍必要、地下水は2トン必要ということです。

引用水を使いすぎる畜産業
食べ物の生産で欠かせないのが水です。
穀物1トンを生産するのに必要な水は1000トンであり、一日分の食糧を生産するために必要な水の量はおよそ2000リットルです。世界の利用可能な水の70%が灌漑用水として使用されており、水不足は食糧生産に大きな影響を与えます。

中国の小麦生産量が減少し中国が穀物輸出国から輸入国に変わった原因は地下水位が低下し灌漑用井戸が干上がったためです。
さらに中国文明の発祥の地である黄河でしばしば断流が発生しています。
そのほかの国でも灌漑用水の減少が見られ、ガンジス川やインダス川やナイル川などでも断流が頻発しています。

穀物1キロの生産に必要な水が1トン、牛肉1キロを得るために必要な水は2トンです。
東京大学生産技術研究所の沖大幹助教授によると、牛丼一杯をつくるために使われた水は1890リットルになるといいます。














posted by 変才冨田 at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神は死んだ! 若者よ、その安穏な望みをこそ壊せ!

これはニーチェの有名な言葉ですね。
現代風に云えばキャッチ・コピーですね。

この場合の「神」とは現行の価値観という「権威」です。
私たちの考え方はこの「権威付け」された価値観の奴隷になっています。

社畜という言葉がありますが、サラリーマンでなければ生きていけないという考え方に縛られています。

大手の会社に勤めているときに、そのブラックな勤務に気づいて公務員試験を受けて晴れて公務員になりました。
けれどその給与や、大して変わりないブラックな勤務形態にいや気がさして、現在はさらに大きな自治体の公務員試験を受けようとしています。
そちらの方が給与が良いからとのことです。

20代の若さでありながら現代の「神」を信仰しています。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」と言います。
別に鶏頭となるも牛尾となるなかれとも言います。これは誤用ですが意味は通じています。

小さい組織でもトップが良い。
牛の肛門を甞めるなということです。

大きな組織で自分の活き方を考えるな、という意味です。

自分が全て決める、つまり主体者となれ!
これがニーチェの「神は死んだ」の真意です。

大きな組織で大本を握られた状態で、限られた範囲での主体性は意味のないものです。

大きな組織で安心を保証された状態で自分を活かす、というのでは
一度だけの人生をボロボロになっても生き抜くという気概が失せています。

安全は死を招き
危険は生を躍動させます。

ブロイラー飼育の鶏舎のなかのような一生を終えてもよいのか、
自分たちの子供も鶏舎で生んでよいものか

当たって砕けろ!
これは勇気を出せ!
ということですね。

それができないのは
自分にありもしない価値を付けているからでしょう。

命には価値がない。
その価値のない命が紡ぎ出す人生にも価値もない。

もともと価値がない自分をどうして安全な場所において守るのでしょうか。


僕のところに相談に来る人の多くは安穏を望んで生理や自律神経を損なっています。
身体が病もうがどうなろうが本当はどうでもよい生き方があります。

その生き方をすると自分のことが気にならないのです。
そういう人は病を得たとしても、病気ではないのです。

「神は遠い昔に死んでいる。
若いくせいに、判ったような顔で死んだ神の葬式に行くなかれ」

リクルートスーツに身を包んだ若い人たちは
喪服を着こんでいるように思えてならないのです。

誰の葬儀に行くのか?
自分の魂の葬儀です。







posted by 変才冨田 at 21:01| Comment(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月9日の東京分室でのセミナーではDVDも作成します。

当日は血管の測定もありますので早い目にお越しください。

同時に当日の様子はDVDでも残します。

当日は全員の足型も作成します。

参加費に足型代は含まれています。

参加費 4,000円

DVDを希望される方はご注文ください。

希望者にはDVDと一緒に足型作成キットも送ります。



参加者全員の足型の望診もしますので

それを参考にしてご自身の足型を望診してください。
足型を観れば現在の姿勢の問題点や未来の姿が丸見えになります。

詳細はBL研究所のHPをどうぞ。

事例
IMG_0525.JPG
この方は右股関節痛 右膝痛
足型は右の痛みを避けるために体重を左に逃して

左に過重 右の股関節痛をさらに避けるために右踵過重で、それが原因で右膝痛を誘発しています。

もう一つは一年で体重が10kg増と急激に増加しています。

歩行時は片膝に体重の三倍、階段を降りる時には6倍かかります。

10kgの増加は歩行時に膝に30kg、階段では60kgが追加されているので

辛いわけです。

これで歩かなくなり、さらに体重が増加して負のスパイラルに陥っています。

このままでは介護年齢が早まってしまいます。

この課題を解決する方法は意外と簡単です。

課題解決するかしないかで未来が大きく変化します。

解決方法は当日のセミナーで学びます。

DVDは3,500円 送料無料
足型は864円 送料 864円
posted by 変才冨田 at 17:59| Comment(0) | 重心調整「姿美人」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする