玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年06月24日

若い働き人に告ぐ 働くことが憂鬱ですか?

働くことが憂鬱だという人がいます。

働いていないともっと憂鬱になるのにそう言うのです。

問題点は自分だけがそうだと思っているところです。

多くの人は働くことが憂鬱だと知らないのです。

土曜日が最も快活で日曜日は明日からの出社を考えて憂鬱が始まり、月曜日が最も憂鬱な曜日です。

月曜病ということです。

火曜日から諦めて耐えて土曜日が待ち遠しいです。

多くの人がそのようになっています。

サラリーマンマンという奴隷状態がそうさせています。

本来人は拘束されることが嫌いなのです。

したくないことを「させられる」憂鬱ですね。

起業家はどうか?

この人たちも憂鬱は変わりません。

クライアントに拘束させられ、彼らに希望に沿ってさせられているのです。

多くの人が憂鬱ですね。

けれど多くの人はそれを口に出しません。

大人だから言わないのです。

未熟な人は口に出します。

働くことが「罰」を受けている感覚は

休みが多いほど良いということになるし、

1日の仕事の中身に隙間を作りたくなるのです。

労働は密よりも疎が良いということになります。

そういう人の思考法に「能率」という言葉は違った意味になります。

仕事を端折る(はしょる)ことが能率になります。

外形として仕事をしたようになっておれば良いのです。

本来の仕事とはワークとミッション(魂や志し)が統合されたものですが、

仕事を罰として感じている人はミッション抜きの能率を考えます。

作業の背景にあるもの、つまり全体性の中で個別の作業が本来生じているのですが、

ミッションの抜けた作業にしてしまうと部分的なものだけがパーツとして視野に入っているだけなので、能率よくするほど肝心なものが抜け落ちます。

さて、働くことが憂鬱だと公言するようになると

困った事態が生じます。

経営者は積極的に仕事を任せることに不安感を増して

仕事を任せなくなり、極めて限定的な仕事だけ回すことになります。

その結果、経験値が得られなくなり暦の上だけで年齢を重ねることになるでしょう。

それだとその仕事さえ誰かに奪われかねません。

いつでも交代可能な仕事をしているからです。

あなたにしかできない仕事を得るには

その仕事を生じさせている全体性を知って、そこにも嗅覚を伸ばさねばなりません。

全体性を知ることは周辺が明るくなってよく見えるということです。

目の前が暗いのは目の前の部分だけにスポットライトをあてているからです。

先が見えないことをしているから憂鬱になるのです。

自分の人生全体と仕事の未来を含めた全体性を重ねることです。

これが憂鬱から脱出する建設的なやり方です。

これをもする気になれないのであれば、あなたは一生憂鬱な生き方を選ぶことになるでしょうね。





posted by 変才冨田 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足型診断 足型を取ればあなたの姿勢の歪みの原因がわかります。 心理的な怒りも腰痛を誘発します。

姿勢に歪みは身体的な多くの痛みに直結します。

IMG_0229.JPG
この足型は左外側重心ですね。
身体は左へふらふらと揺れていきます。
無意識はそれをカバーして右へ体重を力技で寄せようとします。
肩が左右に大きく揺れた歩き方になるのです。
歩くだけで疲れる理由でもあるし、
左腰痛や膝痛の原因になります。

話は違いますが同質性の構造に
心と意識の問題があります。

意識の考え方がまっすぐでなければ心が歪み心の痛みに直結します。

怒りを主因にした腰痛もあるのですね。
考え方がまずいと怒りがもたげてきます。
本来怒らなくてよいような状況なのに
考え方がよくないと怒ります。
あの人が悪い‼️
そう考えて怒りを表現できる人は、生きにくくなるけれど腰痛はおきない。

怒りを内攻させる人は腰痛になります。

エゴギョウで言えば
どういう仕組みですか?

7月22日は大阪セミナーです。

★第1部「7号食講習」 第2部「エゴギョウ中級編」 
【内容】
第1部「7号食の理論と実践方法」
第2部「人間観察研究会」 エゴギョウを理解することで考え方が変わる

日 時:2017年7月22日(土)

場 所:大阪BL研究所
〒537-0022 大阪市東成区中本3丁目10-2 アトリエ♭

開 場:11時30分 自立神経 計測開始

開 始:13時00分 
第1部「7号食の理論と実践方法」
・食に対する考え方を根底から覆します。
・食が運命を飛躍的に向上させます。
・同時に姿勢の改善の仕方もあります。
    15時15分
      休憩 
    15時30分 
第2部 ツンツンセラピー 一気に初級と中級編
爪楊枝は実は治療具です。
使い方を誤解していた方のために
本当の爪楊枝の使い方を伝授します。
腰痛 膝痛 頭痛などのあらゆる痛みに困っている方は是非ご参加ください。

    17時00分 終了(おそらく) 

会 費:3,500円

場所 大阪市東成区中本3-10-23
BL研究所 セミナー室

お問い合わせ お申し込みは
tetu.tomita@gmai.com
050-1193-9391
posted by 変才冨田 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする