玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年06月09日

眼差しのデザイン 5 自己を日々更新する作業が噛むことだった。

人の全ての体液は血液が変化したものです。

唾液も消化液も母乳も同じです。

元は血液ですね。

従って

唾液は血液なので毎日1.5リットル口腔内出血をしている。

消化液も全て含めば7リットル以上の大量出血をしているわけです。

これは死にます 笑

なぜ、こんな荒技を毎日身体はしているのか、ということを考えれば

噛まねばいけない訳が分かるでしょう。

外界の毒を我が組織に組み込む為には

自己そのものである血液で囲い込みやっとのことで自己化しているのです。

噛むことで大量の唾液と消化液が分泌できるのですね。

唾液と消化液は消化器官の努力した結果の汗なのです。

日々自己を更新する作業が噛むことだったのです。
posted by 変才冨田 at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする