玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年06月02日

岡野真規代さんの講演 命を語る 7月30日は東京 8月27日は大阪

命の認証講座

ゲストは、自然分娩で有名な吉村産科医院で10年間助産婦長を務められた岡野さんです。
吉村産科医院は、妊婦さんに薪割りや山登りスクワットなどを課していたことなどで再三テレビなどで紹介されています。

岡野真規代さんの命の体験をシェアしていただけることになりました。

著書に「メクルメク命の神秘」があります。

この機会に「いのちの学び」をすることで改めていのちを認証し活き活きと生きてゆくチャンスにしたいと考えています。

岡野さんのお話しは感動的でいながら厳粛性に包まれております。

こんな人に聞いてほしい
@ まだ彼がいないあなた。
  命への考え方が変わることで選ぶ彼の質まで変わります。

A 交際中のカップル
  結婚への意味づけをすることができます。

B これから出産に挑むあなた
  人間にとっての出産の意味づけをすることで、感激性のある出産体験のきっかけができます。

C 全ての人へ
  いのちの教育は幾つになっても必要です。「今を生きる」という意味を出産の事例から学びましょう。
  80代の女性がお話しのあとで「もう一度出産をしたい!」という感想もありました。

今回は7月と8月に大阪と東京でお話しをしていただくことになりました。

大阪講演 8月27日(日)
場所は、神戸中華会館 東亜ホール13時30分から17時


東京公演 7月30日(日)


場所は浜松町生き生きプラザ
13時から17時

同時開催として笑顔セラピスト川原久美子による笑顔セミナーも予定されています。

又、今回の講演は皆様の協力も必要です。
みじかな方にお声をお掛けください。

詳しくはあすなろ日記
BL研究所のHPもどうぞ。
posted by 変才冨田 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育の本質

いきなり結論です。

自由にしておくこと。

これ以外に教育の本質性はないでしょう。

そういうと以下の反論が出てきます。

親の責任っていうものがあるでしょう!

自由にしておいてはわがまま身勝手な大人になるので

躾は必要でしょう!

いやいやその通りです。

自由にさせておくと言うのは躾と矛盾するものではないのです。

むしろ躾は必要です。

制限しておかないと自由に育ちません。

ここで言いたいのはただ一つだけです。

夢中になっていたら止めないこと。

それだけです。

夢中になることを止めなければ、その子は無限の創造力を獲得します。

止めると、それは夢中になってはイケナイという暗示をかけることになります。

ボヤーとしている時間が子供には必要です。

ボヤーに夢中なんです。

なにボヤっとしているのと叱責してはいけません。

ボヤっとしているのも創造力の温床です。

スタッフへ
僕にボヤーとするなと怒らないように!
posted by 変才冨田 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月16日 北九州 17日博多セミナー

7月16日 北九州
9時開場
自律神経測定開始
10時 第1部講義開始
初めての人の7号食セミナー
再度聞きたい方、初めての人とご一緒に参加される方は
割引があります。
初出席 1,500円
2回目参加 1,000円

12時30分 終了

休憩

13時30分 第2部講義開始

姿勢の歪みを要所チェック
誰でもできる姿勢の望診法講座

症状別の食処方箋

参加費 1,500円

主催 BL研究所
お申し込みお問い合わせは
tetu.tomota@gmail.com
050-1193-9391



7月17日福岡セミナー
9時開場
血管精密測定開始

10時 第1部講義開始
内容
運命さえ変える7号食
生理と食の秘密
12時30分 終了

休憩

13時30分 第2部講義開始
姿勢の歪みが諸悪の根源
歪みが一瞬に取れれば痛みは一瞬で改善する

16時 30分終了

質問タイム

参加費 3,000円
posted by 変才冨田 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違いがわかる

優柔不断というのは性格ではなくて、違いを観察できていないだけではないですか?

猿の前に同じ形で同じ色をしたバナナを等距離に置くと

どちらも選べず固まってしまうとか。

違いが分かるためには、本当はソレと取り組まねば違いなど分かるわけがないでしょう。

観察とは外から眺めるだけでなく、取り組んでその肌感を得ること、働きかけてどのような変化をするのかを観察することです。

そこまでやれば「違いが分かる」ということです。

つまり、優柔不断とは実行しないのでいつまで経っても違いがわからない状況に自ら追いやっているにです。

するか、しないかだけです。

僕はいつで「する」ことを選んできました。

もちろん「しない」こともあります。

けれどもそれは「しないことをする」ということです。

積極的に しない ことも選んできました。

消極的に しない は自滅への道です。

posted by 変才冨田 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする