玄米を食べ続けて50年
マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法「七号食」を何度も実践した結果、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」事を発見、『トミタ式七号食』の普及に努めています。

ブログ記事も8000を超えました!


2017年06月13日

7号食レポート 便秘が解消 アトピーも

先日7号食玄米セットを注文させて頂いたものです。

今日で7号食を始めて4日になるのですが、便秘が解消されました。まだ授乳中で1歳2ヶ月になる息子がいるのですが、卵、牛乳アレルギー、アトピーがあり今までステロイドと飲み薬を使っていましたが、薬をやめて赤みがあるのですが、少しずつおさまってきたように感じます‼︎
私の食欲が旺盛で毎日4号食べてしまい、十五穀米が10日持たなさそうです。
ですので、武富さんの十五種雑穀を2袋セット、いりごまを2袋、ねり梅を1つ、北海道さんの大豆を1袋注文お願い致します。

毎回100回以上噛むようにしています。
素敵な機会を与えてくださってありがとうございます。
posted by 変才冨田 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

6月23日の東京自由が丘セミナーは出前講演 ツンツンセラピーの中級講習です。

第2弾!NEW宇宙人富田船長による
【痛みを瞬時に治すツンツンセラピー習得講座】


日時:6月23日(金曜日)19時〜21時半

会場:自由が丘住区センター
http://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/shisetsu/shisetsu/juku_center/jiyugaoka.html
自由が丘駅より徒歩4分

参加費:5000円 会場にてお支払い下さい。


司会進行 櫻庭露樹



1、身体各部の「凝り」や「滞り」を取る。頭、眼、鼻、首の際、肩、腰、膝、足など

2、他者との接触によるセラピー効果


腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、寝違え、身体各種の痺れ、四十・五十肩、足首が固くて捻挫癖、目の疲れ、蓄膿や鼻水で息が苦しい、歯痛、顔の神経が麻痺、急性や慢性の頭痛、足が重い、腰が重い

痛みとは何か
1、器質的な痛み
2、心からの痛み

痛みを感じる脳の箇所は1、2も同じであることから示唆されること。
心の痛みは容易に身体の痛みに投射される。

ツンツンセラピーがなぜ効くのか
1、脳への痛みの明確化によって脳に治ひ(し?)ていただく
2、自律神経への影響
3、周囲に比べて痛みを強く感じる箇所が治療点
4、脳は痛みを欲していること
posted by 変才冨田 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足楽の事例研究

40歳くらいの男性の相談です。

右脚が酷くシビレて、目が覚めてしまうことも多い。

今までに整体治療院に通っていたが良くならない。

インソールも何度もいろいろ使ったけれどもどうにもならない。

パン工場で働いていて、重い粉袋を担ぐことが多い。

以上の相談です。

こういう相談は非常に多いですね。

私「大丈夫です。きっと帰るときは楽になっていますよ」と、いつものセリフです。

いつもの筋反射テストをすると
途中で腰が砕けてグラっと前に揺れます。

おうリングテストでも
本人は一生懸命力を入れようとされますが、力が入りません。

で、重心調整用インソール「姿美人」を床に置いて、その上に立っていただきます。

さっきと同様のテストをするともう別人のような力が入ります。

本人は驚いて私に「さっきと同じ力を入れていますか?」
と、これもよくある反応です。
実際には、緩めるどころか私はもっと力を入れています。

この方も何度も同じテストを納得するまで繰り返しました。
男性はこのパターンが多いです。
神経が鈍っているので自分の感覚で身体の変化が捉えられないのです。
自分の意識的な力に依存してきた人は自身の無意識の力が信じられないのです。

筋反射テストが合格だったのでインソールの効果は証明されました。

次のテストは靴に入れて確かめる段階です。

歩いていただくと、もはや瞬時に納得されました。

グルグル部屋を歩き、止まってはいろんな動作をされた
「楽です。これだと仕事できますよ」とあかるい表情になられました。

私「では、足型を作ります」
image.jpg
右脚過重になっています。
こうした現状を変えない治療法が横行しています。
彼がこれまでに受けた治療は無意味でした。

また、彼がこれまでに作ったインソールはこの過体重を正常にできなかったのです。

私「出来上がるのに40日かかりますが、その間を楽に過ごす方法を教えます」

ここで「足楽です輪」をテストします。
image.jpg

この輪を左足の指にだけ巻いて筋反射テストをしますとしっかり力が入ります。
本人は驚いてやはり首を傾げますので、左足指の輪を取って右足指に巻いていただき再テストです。
当然ながら力が入りません。
右脚過体重がより強調されて脳に狂いが生じて力の入れ方がわからなくなるのです。

そこで、両足に巻いて再テストです。
これでしっかり力が入れば、この状態でインソールができるまで過ごします。

ところが左足指に巻いた時と微妙に力が落ちるのです。
本人もそれが分かったようです。

私「10日間だけ左足指にのみ巻いて、調整期間にして、その後両足指に巻いてください」

歩いていただくと、これでも楽です。という事でした。
彼「一体これはなんですか?」
私「普通のヒモではないですよ。和紙に特殊鉱物が練りこまれています。だから、巻いていなくても」
二本を手に握るだけで力が入ることも確認できました。
image.jpg
プラスチックの放射イオン測定 6しかないです。
image.jpg
1,200ですね。

希望を持って帰られてから1時間経て再度いらっしゃいました。
私「忘れものでしたか?」
彼「友達の分も欲しいので足楽もう一個ください」

さて、足楽です輪とインソール姿美人の選択ですが
元々インソールが先にあって、完成まで足楽です輪を使ってきたのです。
けれど足楽です輪の効果が高く、その割に2160円と手軽なのです。

使用しての気持ちよさはインソールが異次元に良いです。
足楽です輪の愛用者はやがては重心調整用インソール姿美人の作成をお勧めします。
足楽です輪でカバーできない方は早く作成されれば良いですね。


事例2
時々知らない方からお電話があります。

二ヶ月前は震えるような声で
「お友達に足楽です輪をいただいて巻いたところ、2年間の寝たきりから回復しました」
という驚くべく、そして嬉しいお電話でした。

今回は「京都の堀田医院で足楽です輪をお勧めしていただき使っていましたら、長期間治らなかった爪の炎症が2週間で完治したんです。そして、爪の生え方が凄く早くなりました。一言感謝を伝えたくてお電話しました」
嬉しいお知らせでした。

なぜ、炎症が治癒できたか、です。
ゆびの血行が回復して白血球がしっかり届いたからです。

以前にも小指の爪が無く皮膚にマニュキアを塗っていたところ、足楽です輪を使うと見る間に爪が復活‼️というレポートもありました。

こうした反響は仕事して良かったとつくずく思えます。
開発者の喜びです。

もう一つご相談があります。

私の弟が股関節の先天的接合異常で苦しんでいます。
これはなんとかなるものでしょうか?

私「改善する可能性はありますよ。先ずは、足楽です輪でどの程度楽になるか確かめてください。その後インソール姿美人のテストをします」

股関節の痛みを和らげる方法は体重を外重心から中心に移すことで楽になります。

















奪う生き方と与える生き方

表題を利己で生きるか利他で生きるかに変えても良い。

人という動物は利己で生きたがっている。

謂わば「欲しい!欲しい‼️」と生きたがっている。

それは至極真っ当な生き方で良いですよね。

一方の利他で生きたがっているのは社会的動物としての人間です。

人間とは抽象的な存在でジンカンとも読み、人と人の間にいる仮想の存在だ。

社会的というより世間的存在だといった方がわかりやすいでしょう。

この世間では本音である「欲しい、欲しい‼️」を多少は引っ込めて

利他を建前に生きる。


さて、この利己と利他は矛盾なのでしょうか?

対立概念で考えて良いのでしょうか?

これが今回皆さんに考えて欲しい宿題です。
posted by 変才冨田 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 食べ物を交換しあって生かしあっているのだネエ。


コメント七号食ハーフ、7日目、回復食(具あり味噌汁)です。

私は、だいたい、七号食は12月と3月、ハーフを6月と9月にするリズムになってきました。 気が向いたら、5月、8月、2月にもハーフをします。

普段は、ほぼ菜食で、朝は、NUKA TEAかお味噌汁、お昼はご飯とお味噌汁だけ。 夜は、お魚はたまに食べ、卵は月2回ぐらいか全く食べないか。 肉はほとんど食べません。

しかし、実は、お菓子が好きなので、砂糖や小麦がないものを選んで食べてます(笑)。 秋〜冬は、週1回、プチ断食します。昼を玄米甘酒で過ごします。

ハーフ、7日目の今日。 蒼の元米の臭いが気になって食べられなくなったので、ご飯は、滋養米にNUKA TEAを入れて炊きました。 一昨日には雑穀も無理になってきたので、紫米の煮汁で甘酒を飲んでいました。

昨日の具なし味噌汁もとっても美味しかったのですが、今日の、味噌汁には、特別な思いがありました。

昨日、たまたま、子どもの頃に住んでいた町のお豆腐屋さんで、厚揚げを買いました。 その厚揚げを、今朝の回復食のお味噌汁に使ったのです。 まず、一口目、ご飯を食べた時に、美味しくて、日頃、「あれもこれもと」欲張るけれど、こうやって、生かされているだけで、人は幸せなのだなあと、しみじみ思えました。

そして、お味噌汁の厚揚げを食べたら、とても美味しくて、その味に、本当に滋養を感じて、理屈ではなく、お豆腐を作ったおじさんの願いみたいなものが伝わってきて、同時に、自分は、人に大事にされて生きてきたのだなあと思い、涙が溢れてきました。

人が、何かを食べるとき、それは、その背景にある、作り手の人生、心、愛情、悲しみ、すべてを食べるのかもしれません。もっといえば、素材の生きる喜び、悲しみがあるならばそれも。 素材を犠牲にして成り立つ自分の命、作った人の人生もいただく食べるということ。食べることは、自分がどこへ向かうのか、どう生きるのかと自然に繋がってく行為なのかもしれないです。

だから、何をどう食べるのかは大事で、人生を左右するのですね。 と、今回の七号食ハーフで、体感しました。 ま、また忘れて、適当に生きる日々がやってくるのでしょうが、それでも少し、螺旋を上ってはいるように思います。 お豆腐屋のおっちゃんに手紙を書こうと思います。

コメント
自分を生かすために多くの人に生きていただいている。

そして自分も誰かを生かすためにきっと生きている。

自分に繋がる過去の誰か1人でも欠けていたら、今の自分の命も存在しないのですよね。

大きな気づきですネエ。

食べ物を通してお互いに生かし合っていること、

これが人生の実相なんですね。
posted by 変才冨田 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

眼差しのデザイン 5あらゆる不幸のタネは過剰から生まれる

食べ過ぎという過剰は慢性的疾患を産み

富の過剰は不安を産む


喫茶店で甲高い声の老人がいたのですが

これは耳が遠いために自分の声が聞こえず

大声になる。

これは耳の音を感じる力が過小から起きています。

過剰は過小から生まれているのです。

富の過小に追い込んだ人々に過剰が生まれる。

富の格差は持てるものがいっそう持たざる者から奪うので

さらに差が拡大する。

猛烈にお腹が減った(過小)状況は猛烈に食べることで過剰の血糖値となる。

持てるものの過剰の不安は過剰の武器を生む。

市場の過小はやがて過剰の商品で満たされ、それが失業者の過剰の原因となる。


私たちは「ほど」を知らずになぜ過剰な行為や結果を生み出すのか?

「足るを知る」と言いますが

どこが「足る」なのかがわからない。

実は過小はわかるが、過剰がわからないのが人間存在というものです。

過剰が腑に落ちた人だけが断捨離をする。

つまり、過剰は気付きにくくて、過小は気付きやすいのです。

人が過剰による不具合が多いのはそのためです。

posted by 変才冨田 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

眼差しのデザイン 5 自己を日々更新する作業が噛むことだった。

人の全ての体液は血液が変化したものです。

唾液も消化液も母乳も同じです。

元は血液ですね。

従って

唾液は血液なので毎日1.5リットル口腔内出血をしている。

消化液も全て含めば7リットル以上の大量出血をしているわけです。

これは死にます 笑

なぜ、こんな荒技を毎日身体はしているのか、ということを考えれば

噛まねばいけない訳が分かるでしょう。

外界の毒を我が組織に組み込む為には

自己そのものである血液で囲い込みやっとのことで自己化しているのです。

噛むことで大量の唾液と消化液が分泌できるのですね。

唾液と消化液は消化器官の努力した結果の汗なのです。

日々自己を更新する作業が噛むことだったのです。
posted by 変才冨田 at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

眼差しのデザイン 4 嫌いな人が多いのは利己心の欲求を達成させる為です。

嫌い!という強い感情はその嫌いな人によって引き出されたものです。

嫌いな人に自分の感情を預けてしまっているわけです。

首輪をその大嫌いな人に付けられてリードをもってもらっているわけです。

これを依存と言います。

嫌いな人が多いほどあなたはとてつもなく依存しているということです。

主体性が皆無ということです。

そういう人は本当の仕事も出来ません。

その奥底をさらに探ると

嫌いなひとが多いあなたは

底なしの利己主義者なのです。

自分のことしか考えていないので嫌いな人を作るのです。

嫌いな人に何かして差し上げたいなどとは思わないですよね。

差し上げたくないという利己が
嫌いな人を作ることで「利己主義」を実現できるのですね。
posted by 変才冨田 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

新製品「頭働きます輪」を開発‼️

新製品の開発です。

実は足楽です輪は少し太くなって丈夫になっています。

頭働く輪の開発中に気が変わり、足楽です輪に少し改良を加えれば

足にも頭にも兼用できるようにしたのです。

使い方は簡単です。

単に頭に巻くだけです。

髪の毛で頭楽です輪は隠せば違和感ないでしょう。

注意

頭に巻いまま忘れて眠ると、、、いえ眠れません‼️

逆に深く眠れる人もいますのでお試しください。

集中力は抜群で、セミナー中に眠ることが趣味の人は困るかもしれませんね。

セミナー中の眠気って気持ち良い至福の時間を失ってしまうかもしれません。

輪を巻いているときにシャキッと感があり

特に眼に力が入っています。

15時を過ぎると眼が疲れてピントが合わなくなるという男性が

「眼がハッキリしています」という報告がありました。

額の皮膚感が上がったように感じます。

足楽です輪には二個付いていますのでお得です。
posted by 変才冨田 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

FMラジオで話しました。

僕がゲストです。
ポッドキャストに出演しました。


https://player.fm/series/series-1273932
posted by 変才冨田 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眼差しのデザイン 3 頭脳は種である


頭を土に埋めれば胴体は幹になり、手足は枝です。

つまり、頭は種なんですね。

頭脳から神経の芽が全身に伸びている。

発芽させて芽を伸ばすには光と水と肥料が必要ですね。

怠ると枯れてゆく。

多くの人は怠って若いうちに枯れてしまう。

学びとは神経への見えない食べ物なんだなあ。

水や肥料をやるのが面倒だと思った時には

頭に7色のシャワーをかけているイメージを作ってみよう。


posted by 変才冨田 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日から20日までは配送が休みです。

社員研修のため、
16日から20日までは配送が休みです。

ご注文は15日の午前中までにお願いします。
posted by 変才冨田 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眼差しのデザイン2 気づけないものこそがあなたを生かしている。

空気があなたを生かしているのに気づけない。

多くの他者があなたを生かしているのに気づけない。

魚は自分の能力で泳いでいると思っているけれど

水にこそ魚を泳がせる能力があるのだ。

水がゼリー状では疲れて泳げなくなる。

あなたにとっての水とは人間関係性だから、

生きづらく感じている人は人間関係がゼリー状になっているわけだ。

自分がゼリーにしているだけだと気づけない。

相手への無関心が生きづらくさせているのに気づけない。

それでいながら、自分に注意を惹こうとする。

別れ話を持ち出した女に驚いて

悪いところがあれば治すから

という男は女のあなたが嫌いという感情に無関心だ。

女も自分の感情に気づけないでいるとズルズルする。

女も相手の感情には無関心だ。

お互いに注意を惹こうとする。

それが、「愛」だと勘違いして

お互いが生きづらくなる。

相手への無関心が気づけないから

わけのわからない怒りがもたげてくる。

気づけないものが生きさせて生きにくくもさせている。
posted by 変才冨田 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

7号食レポート アトピーからの回復過程

冨田先生、こんばんは。

3月9日から初めての7号食を始め、続いて3月31日から2回目の7号食をし、4月15日にようやく終わりました。
7号食中、いろんなことがありいろいろと悩んだり考えることがありましたが、先生と直接連絡をとることができ、アドバイスをいただいて、とても勉強になりましたし、自分の身体と向き合うことができました。

私の7号食の目的は、アトピーの克服と30歳過ぎてから起きる諸々の不調を治したいという思いからでした。
まず、7号食を始めて3日目頃から、11歳の頃から悩んでいた花粉症が治りました。そして、手ブレなどでゆれる画面を10秒と見ていることができなかったのが、10分、20分とじっと見ていても気持ち悪くなることがなくなりました。小学生のころからの便秘が快便になり、食後に出るという感覚を初めて味わうことができました。ガサガサして何度もハンドクリームを塗っていた手の肌が柔らかい肌になりました。あと、体重も5s近く落ちました。体調はよくなったと思います。
休みの日も、休もうと思えるようになりました。今まで休みの日は家にこもってないで出ていかないと、という考えが何故かあり、結果さらに疲れが増してしまうという悪循環でした。何もしないでダラダラ過ごして眠かったらずっと眠っていいんだと思えるようになりました。

そして、一番の出来事は顔と首でした。長年ステロイドで抑えていた顔は真っ赤に腫れあがり、リンパ液もジクジクと出てくるほど。二重の目も一重になり人相が変わってしまっていました。最初は排毒しているんだと思い、耐えていましたが、治まりつつある顔が再び腫れあがることが何度か繰り返しあると、途中でくじけそうになりました。倦怠感も強かったため、なかなか先生に連絡をすることができませんでしたが、さすがにひどい状態になったので、先生にメールをしたっところ、「ステロイドを使用していた人は、リバウンドを繰り返します。薄皮を剥がすようにして酸化されたステロイドを排泄します。腎臓をよくする方法に休養があり、身体はそれを求めて「しんどいよ」ってあなたに信号を送ったわけです。職場に顔を立てると身体を立てないことになります。何が最も重要な課題であるのかを考えてください。」とお返事をいただき、おっしゃる通りだと思い、身体を大切にしてこなかった自分を反省し、自分の身体を向き合うことを意識するようになりました。頑張ってる自分の身体を大切にしたいと思いました。また、その頃まさに先生がおっしゃるように、毎日湯船一面に垢が浮くほど顔から垢が出ていて、「薄皮を剥がすように…」という言葉がぴったりだったので、その日から湯船で垢が出るのが嬉しくなりました。

2回の7号食が終わり、まだ顔と首と手の甲のステロイドを使用していた部分は赤みが残っていて、痒みもあり、毎日湯船に垢が浮くという状態は変わりありませんが、変わったのは私でした。
まずは、食べるものが本当に大きく変わりました。今までゴボウ・レンコンを買ったことがなかった私が意識して食べるようになりましたし、肉・ビール中心の生活でしたがこの1ヵ月半はほとんど買うことさえなくなりました。食卓には野菜中心の食べ物が並ぶようになりました。そして食べるという概念も今までは楽しむものと考えていましたが、今は身体を良くも悪くもするものと変わりました。
それから、私はきれいでいないといけないという考えも持っていることに気付きました。私の顔が腫れあがり見苦しい顔になっても、職場の人は話かけてくれるし心配もしてくれました。相方も人相の変わった私といつものように話をしいつものように私の横で寝ていました。仕事も真っ赤に腫れあがり人相が変わった顔で訪問しても、利用者さんはいつものように私に日々の出来事や相談や話をしてくれました。要は、ちゃんと目をみて話をすること、見て止めることで相手は話をしようと思ってくれたのだと思います。人相変わった私でも目をみて話をすれば、いつものように笑って話をすることができました。変な考えにとらわれていたなぁと思っています。
あとは、ちゃんと自分の身体と話をすることの大切さを実感しています。症状は身体が治ろうと頑張っているのであり、それを大切にしたいと思いますし、疲れじゃなくて身体が休みたいと言っているんだと気付いてあげたいと思っています。
子供の頃から、なんとなくいつも焦って頑張っている自分がいたと思います。幼少期の家庭環境が原因だと思いますが、子供の時のアトピーや便秘はその緊張する家庭環境が起こしていたのかな、と思いました。そう思うと今アトピーに苦しんでいる小さいお子さんたちは、何か心に緊張を起こすような出来事があるのかな…とも思いました。もし自分が子供を産むことがあれば、その苦しみは与えないような母親になりたいなと思います、難しそうですが…。


と、とても長い報告になり、失礼しました。
いろんなことが見直せて、苦しいこともありましたが、いい期間でした。また定期的に7号食をしたいと思います。
まだ完全に肌は戻っていませんが、治るために頑張っている肌を守りたいと思います。

コメント
彼女は7月のセミナーで会った時はすっかり綺麗になっていました。

洗顔してもつっぱらない肌を手に入れました。

というコメントもいただきました。
posted by 変才冨田 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米トーストのこと

こんばんは。

玄米トーストの件、了解しました。

玄米トーストは、主に仕事のアケの朝ごはんにしています。
(仕事はほぼ泊まり勤務で、翌朝は始発〜の朝早い電車に乗務することが多く、朝が早くてあまり何も入らない...でも何も食べないと途中からすごくお腹が空くので、甘酒をぬって1〜2こ食べてます。甘酒だけ飲む日もあります。) このようになってから、朝から缶コーヒー&菓子パン食べてる同僚を見て「朝から甘過ぎ!ムリ〜〜!オエ〜」ってなってたのですが、最近、食生活が乱れてからは私も甘いの食べたくなって、何も感じなくなりました。 習慣て恐ろしい〜〜!

食事が変わると便が全く変わることにビックリです!
最近、食事を玄米に戻したら何て素敵な便が出ることでることで 笑

また、上旬に注文したいと思います。

コメント
玄米トーストはいっそう香ばしくて

側で食べている人がいると匂ってきてそそられます。

7号食の玄米に飽きた時に助っ人です。

普段は甘酒と黒ごまペーストとレモン汁混ぜて塗る

ハケで醤油塗ってトーストする

おかゆにする

離乳食などにお使いください。



2016/11/26 15:04、冨田哲秀 のメッセージ:
posted by 変才冨田 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 鋭敏な感覚を実体験



最近体調が悪く、(重病ではありません)
ここひと月ほど、寝込んで
ほぼ1日1食、
おにぎりとお粥の食事でした。 
が、びっくり‼!
起きて普通の生活に戻ってみると
胃の調子は良いは、
体は軽いは
あれ程股関節が痛くて
上がらなかった足が、
何の痛みもなく軽々とあがるのです。
そして更に驚いたのが、
色んな物を食べたい、
外食がしたいという欲求が
無くなったこと、
言い換えるなら、
体が満足しているのです。
そしてもっと驚いたのが
心が平和になったこと。
本当にびっくりしました。
ただ、便秘はしつこくて
解消しなかったのが
残念です。 

これらは初めての体験でした。
富田先生がおっしゃられる
食事を中心として運命が変わる
というのをまさに感じました。

今はまた、少し余計な物を食べて
しまっているのですが
あの軽々とした気持ちの良い体の
感覚を忘れたくなく、
なるべく買い物に行かないように
しています。

コメント
その感覚をさらに感じきってください。

便秘についてはこの前の記事を参考にしてください。



7号食はBL研究所のHPにすぐにできるセットが用意されています。

お問い合わせは
050-1193-9391








2016/12/26 午後11:32 "冨田哲秀" :
posted by 変才冨田 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 7号食前後の血液検査から

冨田先生こんにちは。

先日お米が届きました。
ありがとうございました^_^

2月3月の7号食(2月はハーフ、3月はフル)実践中から玄米の美味しさに改めて気づくと言うか。今までこんなふうにここまで美味しさを感じてたっけ?すんごい美味しい〜〜!!!玄米と白米の美味しさの感覚が逆転した、と言うのかな? 哀しいかな( ; ; )白米は食べたいと思わなくなりました。 蒼の元米と滋養米がすごく美味しいからなのかもしれませんネ。美味しいお米に出会えたことに感謝します(^^)

聴トレ、7号食と実行して、体が軽くなったのとお肌の状態がすごく良いです。そして、お風呂上がりに髪の毛を乾かして、自分の顔を見て「カワイイねぇ〜〜♡」と毎回、呟いていますよ。ハハハ笑笑!毎朝、きれいな便が出ます。便の出る時間が不規則だったり、出たり出なかったりしてるのを不規則な仕事のせいだと思っていましたが、どうやら違っていたらしい...d( ̄  ̄)

それから、7号食の後は、1年ぶりの人間ドックでした。
改善していたところは、

・総コレステロール値
15年 217、
16年 173、
17年 148と減り、そのうち悪玉が
15年 121、
16年 96、
17年 74、と減っていました。

・尿検査の細菌
15年、16年、2+だったのが、17年はナシになっていました。実感なかったけど膀胱炎の気があったようです。7号食してる時に、下腹部がジクジク痛かったので排毒されたのでしょうか。

・子宮筋腫
15年 5.3センチ(10年は3.6センチでした)
16年 5.5センチ
17年 5.5センチ&隠れていたらしい筋腫が新登場してこちらは5センチ。

・昨年見つかって7月に再検査をした胃のポリープはやはり取れてしまったみたいで綺麗でした。

さて、私の課題は子宮筋腫と向き合うこと‼︎
5センチ2個って...合わせて10センチやん‼︎
でかっ‼︎
...地道にやっていこうと思います。

そんなわけで、水素風呂についてお伺いします。
私は今、大浴場のある会社の寮に住んでいるため水素風呂には入浴できません。足湯ならば、毎日出来るかなと考えているのですが、足湯では効果は発揮されませんか?試す価値がありそうならレンタルしたいなと考えています。

よろしくお願いします。

回答
筋腫は腰湯で15分くらい水素風呂で入浴が最も良いですよ。

というのは毛のある場所から大量に水素ガスが侵入できるからです。

猫や犬が早く改善するわけですね。

けれど、足湯でも長時間すれば 30分程度

期待できます。

水素ガスは軽いので脚から吸収されて下腹部へと上昇して血行を良くします。

筋腫は冷えを取ることです。

水素風呂については
お問い合わせください
posted by 変才冨田 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 便秘対策



おはようございます。
先生にお訪ねなのですが、、、

4/10から7号食を始め4/25に無事に終了しました。
肌全体が黄色味がかっていたのですが、色が抜けたような感じがしてます。少し白くなり、気になっていた手の甲のちりめんジワが無くなったようで透明感もでたようです。

体も3〜4kg減り、軽くなり、すっきりしたのが実感できます。
ただ、際中から、今現在もですが、今までに無い便秘(6日くらい)に悩まされております。毎日2合の玄米を炊いていましたが、1日では食べきれず次の朝の分まである、という感じでたべておりました。水分も充分にとり、40分のウォーキングも8割はやれたと思います。
現在は週の半分は玄米をたべております。
何が原因なのでしょうか、、
また、どのようにすべきかアドバイスを頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

回答
7号食の期間に便秘される方は多いです。

原因は気合が入りすぎだからです。

終了すれば治る人も多いです。

あなたの場合は終了しても改善されないということで、

考えられることは水分の不足です。

玄米の繊維は水を吸収することで便量を増し

腸壁を刺激します。

食前に水やお茶を摂取されれば良いですよ。

また、その水や汁物に濃厚ミネラルを添加されればさらに良いです。

炊飯時にも炊く前に10滴程度添加してください。

便が柔らかくなります。

グレイトミネラルは100cCで3600円ですが会員価格は2割引です。

3ヶ月分程度です。

交感神経緊張からです。




-------------------------------------


posted by 変才冨田 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眼差しのデザイン

今日から毎朝「眼差しのデザイン」を書いてみます。

日常を違った視点でデザインします。


以下はある映画のセリフですよ。


支度はできたか?

今から未来に漕ぎだすぞ‼️


いかがですか。

同じ志しを持った人達でまだ見ぬ未来へ行きたいものですね。


ところで

風がヨットを運んでいるわけでないですね。

行きたいところに行けるのは

帆を張っているからです。

帆の角度が違えば行くところも違います。

そこへあなたが行きたいならば

先ずは行きたいところを見つめてから

今一度帆の角度を変えてみよう。






posted by 変才冨田 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

7号食レポート 20代前半の男性が同時にスタート


体験談ですが、

職場の20代前半の男性社員3人が16日間の7号食を終えました。

Aくんは、3日目で2キロ減少、5日目でさらに1キロ減少。

お腹周りがすっきりしたと言ってました。

肌もワントーン明るくなって、顔の輪郭もすっきりになりました。

Bくんは、4〜6キロ減少、7号食中寝つきが良くなったと言ってました。

肌もきれいになり、ビフォーアフターを目にした50歳のパートさん2人が

7号食を始めました。

Cくんは勤務中によく鼻血が出ていたのですが、7号食を始めてから

鼻血が出なくなり、すごくびっくりしています。

お腹がゆるくてよくトイレに行っていたのですが、その回数も減り

便の3条件を満たしたそうです。

3人は7号食を始めてから食が細くなり、体調も良いので

玄米生活を続けるそうで、紹介して良かったです。


私は7号食中全く食欲が衰えず、今に至っています。

玄米が美味しいので空腹でない時でもついつい食べてしまいます。

いろんな方の体験談を読んでると、食事の量が減っているので

そうなるのが普通なのかなぁと思い、

なぜ私はそうならないのだろうと疑問に思ってしまいます。

理由があればお教えください。

あと、7号食を始めたら3日に1回の便秘になり

出すのに相当苦労するほど固くてダンゴの便でした。

理由は、本に書いてある「交感神経の緊張」なのでしょうか?

味噌汁が加わると便秘が解消され、3条件を満たしましたが

その理由もお教えいただきたいです。

よろしくお願いします。

回答
美味しくてたくさん食べてしまうということは、
素晴らしいです。
BL研究所の蒼の元米がよく売れます。

やはり、原因は交感神経過多と思われます。
味噌汁によって副交感神経にスイッチが入るようですね。
ごまジオをしっかり振りかけていましたか?

7号食についてはBL研究所のHPをどうぞ。
posted by 変才冨田 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする