◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2017年03月25日

エゴギョウ中級 火性と金性 と木性の力学

金性は固定化という安定を作る方向で働きます。

それが完成すると安住します。

あらゆる変化を拒みます。

思い込みによる頑固な状況で生きます。

それで生きられれば良いのですが、そうは問屋が卸しません。

この世界は変化するのです。

周辺が変化するので適応できなくなりますね。

外界の息吹を入れませんから内部は腐ってきます。

そうした閉塞状況を打破する力が必要です。

それが火性です。

火性は金性の殻を打ち壊します。

火が硬く冷たくなった金属を温めて、さらに熱エネルギーを加えて燃え上がらせます。

行き先は不安定です。

不安定感が増すと周辺の状況を観察するようになりますね。

木性の判断力の発動です。

人は見たようにしか判断できないので、ここが重要です。

火が金を徹底的に燃やしておかないと

思い込みで囚われた判断になりますね。

posted by 変才冨田 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 生理が復活した



以下は随分以前のレポートです。

冨田先生こんにちは♪
私も今、人生で2回目の7号食中で、この日のブログを読んで、『同じ時に7号食に取り組んでる人がいる!』と、なんだか嬉しくなり、『16日間やりとげたい!自分なりの発見や体感をする!』と、励みになりました!

今日で12日目、少し長くなりますが、ご報告させて頂きます。

今朝、約半年間止まっていた生理が、復活しました! 7号食スタートしてからの10日間、前回に比べると、ずっと便秘(出たとしても、コロコロが少々)状態ではあるものの、欲求や心のざわつきもあまり強くは出ず、淡々と過ごしてきました。

がしかし、10日目の仕事中から、なんだか頭痛があり、同時にお腹の張りや何でもいいから何か食べたいという欲求、物凄い眠気が襲って来て、『10日目にして、好転反応かな?そんな事ってあるのかな?』と疑問に思い、すぐ先生にメールをして、聞こうとも思ったのですが、観察を続けてみることにしました。

11日目も変わらずに、10日目と同じ状態で、『もしや、生理の前触れかも!』と思い、更に待つこと1日、今朝起きたらめでたく生理が来て、初潮の時のような気持ちになりました(笑)。

食養の本に、『体が中庸の時の生理は、満月と新月の真ん中で起こる』と書いてあり、カレンダーをみると、約1日ずれ位で、ほぼ満月と新月の真ん中に来ました! 『7号食、凄すぎる』と、心の深い所で思いました。

そして、口から入れるものによる心身の変化も、改めて実感し、食べ物と人間の心身の関係は面白いなぁと、よりいっそう興味深くなりました。

前回の7号食は、初めての取り組みだったことと、闘病中でステロイドも服用していたといおこともあり、不安だらけですぐに先生にメールをして、頼ってました。

今回は、急に思い立ち『もう薬はのみたくない!』と強い思いもあり、『待つこと』も自然に出来たのだと思います。 残りの4日間も、リラックスして取り組みま〜す♪ 『理想的なお便り』が出るようになるのも楽しみ です(^w^)

回答
そうそう7、あなたの場合は「観察する」がテーマでしたね。
そのテーマに沿って「待つ」ということもできたわけです。

身体の仕組みも戻ってきましたね。

木性が強くなりましたね。
posted by 変才冨田 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする