◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2016年09月30日

7号食レポート お腹回りがすっきりして、きつくて着れなかった服が楽に着れるようになりました。

7号食2日目 朝から重い頭痛、昼には吐き気が出てきて何度か嘔吐、その後 あくびが止まらず今まで感じたことのない眠気で仕事どころではなく、玄米食が続行できるか不安になりました。
「食用学初級編」に不快な症状が出ても気にしないで続行して下さい。とあったので、
続けていくと4日〜5日目はとても身体が軽くなり、長年 辛かった外反母趾の痛みがいつのまにか痛みを感じなくなっていて不思議でした。

初7号食を体験して、「7号食する前」→「7号食した後」の変化を報告致します。

・昨年12月頃からずっと倦怠感があり、何事もやる気が起こらずプチ更年期症状が出てきたのかと感じていました。
→ 7号食をして以来 質の高い睡眠がとれ、少しずつエネルギーが沸いてきて、活動的に動けるようになりました。

・好きな時に好きな物を飲食している食生活を送っており、暴飲暴食した翌日には顔に吹き出物が出来ていた。
→ スナック、インスタント物や揚げ物などが一切食べたいと思わなくなり、肌が艶々してきめ細かく柔らかい肌になりました

16日間の7号食 「良く食べ」「良く寝て」で約4kg減量し、血管年齢・体内年齢も実年齢よりマイナス5歳(*^0^*)♪♪
お腹回りがすっきりして、きつくて着れなかった服が楽に着れるようになりました。
引き続き 「良く噛み」、「良く歩いて」体調管理の為にも玄米食を続けていこうと思います。

7号食に出会えて感謝しています。 ありがとうございます。

コメント
7号食は五つの認証ワークの第一番目にあたります。
食の認証は身体の認証へつながることがこの文章でもよくわかりますね。
7号食についてはBL研究所のHPをご覧ください。
http://www.bl-oosaka.org/商品案内/
posted by 変才冨田 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

10月大阪セミナーのご案内

第一、第三火曜日は予定通り夜学
すぐに使えるエゴギョウカウンセリング技法

22日 梅田 オバール・ホール 新7号食、姿勢、エゴギョウ入門と初級レベル
時間は9時30分開始 終了 17時
詳細は明日

23日
大阪BL研究所 フラット内セミナールーム
午前中 ツンツン・セラピー 午後 内容未定

posted by 変才冨田 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

食べ物の認証体験レポート 2 7号食を始める前の儀式 (セミナーの中でお話しされていた「好きな食べ物を一口の後に小指の先ほどの玄米を一口200回咀嚼×3回、もう一度最初に口にした食べ物を食べてみる」) を実行してみました。

こんにちは。あすなろ日記に玄米ご飯200回噛むを3回してみたという人の話が載ってたので私も試してみました。
貰ったチョコレートで。噛んだ後のチョコレートの味がどうなるか、興味津々でした。

まずは舌全体がビリビリするのにビックリ、味は安物のチョコレート味に変わり油っこくなってました。ヤッパリ変わるんですね。(笑)今度から誘惑に負けそうなものがあったら、やってみようかと思います。o(^-^)o

コメント
世の中はフェイクな食品であふれています。
神経を鋭敏にすることでフェイクな食べ物だけでなくフェイクな商品、芸術を見分けることができます。

この取り組みは食べ物を「ありのままに見る」というヴィパッサナー瞑想の応用になっています。

この体験は「自分をありのままに見る」ということにつながっていくのです。
自分自身がフェイク化していなかどうかを気づきます。


7号食は神経を鋭敏にする目的で遂行してください。
http://www.bl-oosaka.org/トミタ式7号食/

posted by 変才冨田 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ 「意のままに生きる」2

この場合の「意」とは「意志」のことであろう。

「志」とは心が指し示す方向性であり「意」がその方向へ行くために処々で対処する。

「意のままに生きる」とは思った通りに人生をコントロールできる境地を言うのであろう。

けれど、わたしたちの人生の実際は「意のままに」生きられない。

あちこちでぶつかり方向転換を余儀なくされ、何度も何度も阻止され思いもしない方向へ流されていく。

皆さんの現在はどうだろう。

今、こう在る姿を10年前に予測していただろうか。

すこしも「意のまま」ではなかったはずです。

ここいらであきらめればいいのに、人間はタフなものでなんとか「意のまま」にしたいと生きていくのです。

タフでない人は「うつ」になったりもします。

気付くことはそのあなたの「意」がいけなかったことです。

我を張るという「意」がいけなかったのです。

そのためにあなたを活かすはずの周辺の水がゼリー状の重いものに見えてしまっているのです。

あなたは「魚に泳ぐ能力がある」と考えているでしょうか?

魚にはその能力がないのです。






posted by 変才冨田 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

ヴィパッサナー瞑想 20「意のままに生きる」という本の題名から考えること

そういう題名の本が事務所にありました。

僕はまだ読んでいませんが、皆さんはこの題名からどんなことを考えるでしょう。

posted by 変才冨田 at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

9月24日は旋回舞踏のワークショップ


Imaginary Cafe 〜想像的民族料理店〜 Presents
身体ワークショップ 第三十八回
「スーフィー旋回舞踊WS&イマジナリー・カフェご飯会 in 大阪」

東京で月に2度、新月と満月の日に行われているスーフィー旋回舞踊の会「月と旋回の集い」。丁寧に自分の内面と向かい合い、ただ回り続ける人々の姿は美しいもので、その場は愛と調和と不思議な神聖さに満ちています。

Imaginary Cafeの田中庸平が個人的に参加しているこの会の主催者のEmineさんをお呼びし、大阪のアトリエ♭(フラット)にて旋回舞踊の会を開くことになりました。皆でクルクルと回ったあと、イマジナリーカフェの初期のコンセプトであった、「架空の民族料理」的なごはんを囲みたいと思っています。

スーフィーとはより内面的な信仰を求めたイスラームの神秘主義者のことで、偉大なスーフィーの詩人・ルーミーが神との合一を求めて旋回をはじめたとされています。踊りというよりは儀礼や瞑想にも近いかもしれません。Emineさんの丁寧なガイドで進んでいきますので、全く経験は必要なく、どなたでもご参加いただけます。

”私の師Banafshehから教わった、"Be you"の感覚を大切にしています。 自分と繋がるツールとしての旋回をシェアします。一からガイドしていきますので、安心してお越しください。大阪の土地で、一緒に回れることを、楽しみにしています。” Emine

参考映像
「月と旋回の集い」
http://youtu.be/UvvYIRJxkmk

*30分前から更衣室が利用できます。
*食後2時間程度あけて、参加することをおすすめしています。
*動きやすいと感じる服装をお持ちください。
*性別、年齢、ダンス経験の有り無し、一切の制限はありません。

日時:9/24(土) 18:30(18:00開場)〜21:30頃(20:30頃よりご飯会)

会場:アトリエ♭(フラット) 大阪府大阪市東成区中本3-10-2

料金:5000円 (ご飯会に参加されない場合は3500円)

定員:15人

予約:tanakay@gmail.com(田中庸平)

持ち物:五本指ソックスをお持ちください。

講師:Emine

協力:ハナムラチカヒロ、BL研究所

企画:田中庸平(Imaginary Cafe)


Emine プロフィール
Emineは、トルコ語で誠実という意味。
私にとって、踊ることは祈ることです。
自分に対して、音に対して、関わる方々に対して、誠実に踊ることを大切にしています。
2011年、師Banafsheh Sayyadのもと、旋回舞踊に出会う。以来、独自の旋回を追究している。
『Amatuchi』、『月と旋回の集い』主催。

Imaginary Cafe
〜想像的民族料理店〜
田中庸平による料理プロジェクト。「架空の民族料理」というコンセプトで、週一度だけオープンする武蔵小金井での店での3年間の営業を経て、現在は無店舗型料理店として、東京、京都、大阪等で食と身体を巡る活動をしている。イベントプロデュースやワークショップなども行っている。
http://facebook.com/imaginarycafe
posted by 変才冨田 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ物の認証体験レポート 1

冨田先生今日は。 19日のセミナー、大変楽しく勉強させていただきました。 7号食はまだ体験していませんが、7号食を始める前の儀式 (セミナーの中でお話しされていた「好きな食べ物を一口の後に小指の先ほどの玄米を一口200回咀嚼×3回、もう一度最初に口にした食べ物を食べてみる」) を実行してみました。

玄米の前に口にしたものはスーパーで購入したポテトサラダ。 セミナーの中で注意されていた回数にとらわれないように、 でも200回を目指してカミカミ・・・・ 200回噛んでも結構しぶとく玄米は存在していました。

2回目からは玄米だけではなくて、奥歯の存在感や顎の筋肉なども気になるようになり、 3回目では、200回噛み終えてもまだまだ噛めそう〜って感じがしました。

そして、もう一度ポテトサラダを口に・・・・ !!!!うぅぅぅ〜〜〜んまず最初に口の中がピリピリ。 その後から添加物の薬品の味がジワ〜〜〜 以前からとっくに添加物は薬品の塊という認識はありましたが、

改めて認証できたような感じです。 また、最近、身体は疲れているのになかなか寝つきが悪い日々を送っていました。

セミナーの日もなんか頭が興奮しているようで「あ〜また眠れないかな」と思っていましたが、 「そうだ心を落ち着けて呼吸を観察してみよう」 を実行したら、たぶん3分もかからないで寝入ってしまったようです。 観察するって凄いことですね。

先生!ありがとうございました。

コメント
早速実験ですね。

感度いいです。


posted by 変才冨田 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

噂の田中庸平さんの施術が23、26日にあります。

可能であれば9/26(月)も施術やりたいです。
以下告知文です。


整体師の田中庸平です。9/23(金)と9/26(月)に大阪のアトリエフラットにて整体の施術を行います。ご予約を受け付けております。(tanakay@gmail.comまで)

田中庸平 整体&クラニオセイクラル
https://twishort.com/mHskc


コースは2種類あり、通常の整体は60分程度で6000円(学割4000円)。整体+クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)が90〜100分程度で10000円(学割7000円)となります。
※学割料金は、24才以下で学生もしくは何かの修行中での方が対象

触れるか触れないかの繊細なタッチで、裡なる眠っているエネルギーを開花させていくような施術です。舞踏の影響が大きいからか、一緒に踊りを踊っているような感覚だという感想をいただくことが多いです。クラニオは、瞑想的で静かな施術で、より深いレベルから整えていきます。
なにか形を押しつけるのではなく、相手の中にある自己治癒力や成長するエネルギーを引き出したいと思っています。意図や意志を出来る限り無くし、黒子のような存在となって相手のエネルギーにただ耳を澄ますような施術を目指しています。元気にするということ以上に、ニュートラルなその人の姿に近づくような施術がしたいと思っています。

田中庸平
1981年生まれ。古武術の活法(整体法)、舞踏の身体理論、瞑想法、その他様々なボディワークや健康法から身体について広く学び、独自の施術を行う整体師として活動する。
料理人としての顔も持ち、無店舗型料理屋「Imaginary Cafe 〜想像的民族料理店〜 (facebook.com/imaginarycafe) 」を主催する。食と身体と芸術をキーワードにイベントプロデュースも多数行う。

施術の感想
舞踏家・文筆家 由上由美さん
「庸平くん。わたし私に気づくことができました。」
s.ameblo.jp/top..2149786855.html

大学准教授・アーティスト ハナムラチカヒロさん 「踊りの原型」
note.mu/flwmoon/n/n48225cdffeb8

BL研究所 富田先生
「田中庸平さんに整体治療を受けました。」
inyan.seesaa.ne../437706125.html

セラピスト・ベリーダンサー MAIAさん

posted by 変才冨田 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

明日は大阪夜学があります。

9月21日 場所 BL研究所内 大阪♭

内容
魚には泳げる能力があるのか?

潜在意識の本籍地を知らないと活用できない。

潜在意識の求めている方向性を感じて動くお手伝いをする顕在意識

感じる力の育て方

そのそも、ソレはなんだ?

眼差しのデザインの意味

ワークと背後の意味づけ

参加費 2000円

posted by 変才冨田 at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

19日の東京会場は

お手数お掛けします。
MOKUの電話番号の掲載をお願いします。

こちらへお問い合わせ下さい。
011-522-2714

です。
posted by 変才冨田 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 排泄された不気味なもの

七号食8日目が終わろうとしています。 7日目の昨日のことなのですが、 朝、排便して、流して出かけたのですが、 家に帰ったら、便器の底に、灰色の砂利のようなものが溜まっていて、 便から分離して流れなかったものでしょうが、 なんだったのでしょう。 不気味でした・・・!

今回で、七号食は6回目です。 ハーフを入れると、9回でしょうか。 今回は、制限があることはさほどしんどくありません。 いつもは食欲が無くなってしまい、8日目ともなるとフラフラですが、 今回は2〜3日目がしんどかったけれど、その後は元気に過ごしています。

感情の観察に忙しく、ご飯のことは、あまり気にしていません。 ですが、食べる時は、楽しみに、美味しくいただいています。 (私は、雑穀が苦手なので、今回はほとんど入れていないです。  4日目ぐらいから今日は、主に、米の精で過ごしています。) 痩せすぎたくない私は、 最初は、体重が減るのを気にしていましたが、それほど減っていません。

七号食自体も、今回はとっても楽にできています。 身近で誰が何を食べようと、全然関係ないです。 毎回見ていた、失敗した夢や食べものの夢は見なくなりました。 朝まで、ぐっすり、眠り過ぎぐらい眠っています。

質問にもどります。 便に混ざっていたらしく、便から分離された砂利のようなものは、 一体なんだったのでしょうか?重金属?でしょうか。
回答
7号食で痩せたくないという人もいらっしゃいます。
そういう場合は玄米餅も販売していますから適当に食すればよいですね。

さて、その得体のしれないものは可能性として

胆嚢に溜まっていた泥上の石

あるいは
大腸のヒダヒダに溜まっていた宿便

おそらく前者であろうと思います。


さて

ヴィパッサナー瞑想の収穫に新7号食のアイデアがでました。

このコメントにもありましたが「観察を深める」という課題を追究します。
7号食を実行すると潜在意識の属する身体を変えるので潜在意識も素直に変化するのです。

そのあたりを9月17日の午前中の講座で話したいですね。

posted by 変才冨田 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

17日は大阪 18日は横浜 19日は東京セミナーです。

IMG_2083[1].JPG
東京は9月19日
9時受付開始
9時30分から11時30分「姿勢の軸・食の軸」
12時30分 受付開始
13時から14時40分「聴覚と脳の性能」
15時から17時30分「認証ワークとはなにか」
当日4000円 予約3500円
傳田先生の講演は延期となりました。
IMG_2084[1].JPG
横浜は18日
12時30分 受付開始
13時から15時 「姿勢の軸・食の軸」
15時30分から16時30分「精密血管測定」
参加費 当日3500円  予約3000円


お申込み、お問い合わせは
050−1193−9391

場所はお知らせします。
posted by 変才冨田 at 17:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィパッサナー瞑想18の質問2

質問2
自分の感情を認証することが、相手を認証することにも繋がる? だから、先に、自分の感情を認証する。 ですかね。

回答
未だ、自他の区別に拘っていますね。

逆も同じです。 相手の感情を観察することは自己の感情も同時に観察しています。

自分の感情も他者の感情も区別できないのです。

繋がっているからです。

感情にはここから自己所有でここから他者所有という切れ目はないのです。

自己という名前の他者なのです。

他者という名前の自己なのです。

これは「わたくしという存在」は妄想であるという考え方につながっています。




posted by 変才冨田 at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

ヴィパッサナー瞑想18 質問 

質問がありました。

質問ですが、相手を認証することと、自分の潜在意識を認証すること、どちらがさきですか。

回答
同じことなんです。

潜在意識とは他者と同じです。
潜在意識をわたしたちは決して所持しているわけではないのです。

潜在意識の宿る場所は身体ですね。

身体は自然物であって自分のものではないからです。

そして、他者の何を認証するのかというと他者の潜在意識を認証するのです。

他者の潜在意識も自己内部の潜在意識も仲間ですね。

さらにもっと具体的に云えば

潜在意識の認証とは自己内部や他者内部の子供性を認証する作業ですから同じことですね。
posted by 変才冨田 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日の午後に予定されている傳田先生の聴覚トレ講座は満員です。

午後は満員ですが、冨田の新7号食と陰陽体質は不人気講座なのかまだ空席があります。

どうぞご参加ください。

それから18時から傳田先生を囲んでの懇話会が予定されています。

会費は1000円でお酒を飲むかたは1500円です。

希望者はお申込みください。

それはそうと

この記事で7000記事になりました。祝 🍻

10000記事を目指していますがどうなるのでしょうか・・・

posted by 変才冨田 at 23:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィパッサナー瞑想 17 ありのままに観るとストレスはない

突発性難聴はストレスで起こります。

人に言葉で傷つけられるようなことが連続すると「聞かないフリ」をして自分を保とうとします。

やがて本当に聴こえなくなることが起こりえます。


潜在意識は身体に属しています。

顕在意識は「わたくし」という仮の存在で生じています。

顕在意識は社会的なものに属します。

社会的な存在で生じるものが言葉を操る顕在意識です。

わたしたちの苦悩は顕在意識と潜在意識の葛藤で生じるものです。

顕在意識は常に潜在意識に命令しています。

これは「社会性意識」が身体性意識である潜在意識をコントロールしようとしているということです。

同じように身体性である潜在意識は社会性の顕在意識をコントロールしようとしています。

両者の目的が一致しておれば悩みはないのですが、目的が異なっていると悩ましいことになります。

どちらが主かといえば、身体性が土台ですからねえ。

強いのは身体に根付いている潜在意識ですね。


厭なこと不快になることを聞かされてもそれに堪えないといけないことは日常よくあることです。

その忍耐が限界を超えてもなおかつ堪えようとすると潜在意識は強硬手段に訴えます。

潜在意識は身体性に根付いていますから、いとも簡単に身体に異常をつくり出します。

顕在意識に対抗する手段は身体を使ってストップさせる以外にないですね。

病気とはおおむねこの図式になります。

ではどうすればいいのでしょうか。

顕在意識が潜在意識の現れである感覚とか意識の微細な変化に気づくことです。

大きな怒りはさすがに本人も気づきやすいですが(けれど怒っていても怒っていると気づかない人は多い)

微細な感覚や感情は見逃します。

見逃すというよりも蓋をするのです。

会話中にもわたしたちの心の照明は明るくなったり暗くなったりを繰り返しています。

その明度の変化に気づかないのです。

暗くなったときにその一瞬の陰りを見なかったことにする人は多いのです。

その一瞬の暗さを暗さとして感じてはいけないこととする顕在意識によって瞬時に蓋をされます。

ハンサムで物腰もよく品もあって良い会社に勤めているという彼のことが大好きな女性がいると仮定しましょう。
その彼に暗い側面を見たときに(たとえばその人とデート中に第三者に対してぞんざいな扱いを見た)
一瞬イヤー気分になるのですが見なかったことにしてしまうのです。

潜在意識は嫌な気分になりますが、厭な気分になった自分の気分をなかったことにします。

顕在意識が潜在意識に対して「見るな!」と命令した一瞬です。

無視され、認証されなかった潜在意識は楽しくありません。

楽しくない気分のままデートをするわけですが、顕在意識は「わたしは彼が好き」と思い込もうとするのです。

ではどうするか。

ありのままに自分のイヤーな気分を見つめるのです。

感情の観察ですね。

じっくりとイヤーな気分を観察すると本当の自分の嘘偽りのない本音が見えてきます。

それは判断力に影響するのです。

「楽しいはずだ」から「本当に楽しいのか?」と問いかけるのです。

楽しくないことは正しくもないのです。

潜在意識の気分をこそ大切に観察しましょう。


潜在意識と顕在意識の関係は親子の関係と類似しています。

親は常に子供を監視して従わせようとします。

あまりにも従わせていると子供はやがて反抗することになります。

親の役割は子供の主体性を認めてあげることで活気のある子供に変化します。

上司と部下の関係にも類似しています。

子供や部下の気分の変化を見て取れない親や上司はやがて困ったことになるでしょう。

潜在意識を認証しないこと(気づかない)が継続すると非常手段が待っています。

それはサボタージュという病気です。

身体をストップさせることで気づかせようとするのです。

潜在意識の「彼が嫌い」と顕在意識の「好きになろう、ならねば」は矛盾で、悩みはここからくるのです。

自分の心の一瞬の変化に気づくことで本当の自分に出会うことができるのです。


posted by 変才冨田 at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

「脚楽です輪」でO脚が改善‼️


あと一つ、言い忘れました。

足楽です輪。。。

体験してみて

O脚が少し改善されていること
ポッコリお腹が少し凹んだこと

最近、気付いたことです。
ビックリです。

ある時、職場のトイレに行こうと歩いていると
膝の内側同士が触れる感触があって
トイレで、スカートをまくり上げて
自分の足を見てみると、ウッソーーーー膝が少しくっついてる!(◎_◎;)
あんなに膝が離れていたのに。。。


私は、外側重心で靴底も外側がすり減ります。
確かに輪を付けて歩くと、足指全体を使って歩いている感覚があって
これまでの歩く感覚と確かに違います。

息子にも確認してみました。
「ちょっと見て見て‼︎ お母さんのO脚、少し治ってない?」

息子、「ホントだーーーーー」と
息子もO脚。。。
翌日の部活(テニス)に、私の輪を付けて行ってしまいました。

息子用にもう一つ輪を買いたいと思いますので、一つキープしておいて下さい。
来週、購入して帰ります。

コメント
o脚が改善というのはもっと凄いことが起きています。
脚の内側にしっかりした筋肉がついてきたからです。
これにより将来の膝痛などが回避できるのです。
posted by 変才冨田 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

どうしようもないことはある

セミナーの休憩中にたくさんの相談が寄せられました。

いろいろ身体的にお困りの様子がありますが

食を変えてよく歩けば改善されるものばかりで不可能な病はないのです。

病があって立ち直る気がしない、それで展望も持てずに気が病む。

これが病気の正体です。

若くて就活が3月から始まるという女性ですがかなり太ってしまっています。

7号食を実行すればいいのですが「砂糖の入った甘いものを止める自信がない」

そこで立ち止まっしまうのですね。

これが病気なのです。

「甘いものを止める自信が無い」などというのは、まるで自分には決定する力がありませんと言っているのです。
まるで自分の身体の動きを天候のように考えていて、どうしようもない身体と感じて、意思を働かせられないというわけです。
これが「病気」であってかなり深い病気です。気が病んでいるのですね。
自分で決められるということができないと思い込んでいるのです。
これまであまりにも「自分で決めてこなかった」のでしょうね。

僕もさじを投げます。
非常に重い「病気」ですね。

認知が入りかけた、脳梗塞でしびれる、脚が冷え切っている、蕁麻疹がひどい・・・
こういうのはいくらでも手立てがあります。
本人がなんとかしたいと思っているけれど手立てが判らないだけですからね。


posted by 変才冨田 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日も広島の勉強会で今回は一日中「エゴギョウ」です。

本日は午前は7号色講習、午後は姿勢の軸と運動のセミナーでした。

明日は「エゴギョウ」についてで、一日中エゴギョウにどっぷり浸かっていただきます。

7号食は「食の認証」
姿勢は「身体の認証」
エゴギョウは「他者と自己認証」
その中に「お金の認証」と「仕事の認証」が含まれます。

エゴギョウのカウンセリングの基本はこの「認証ワーク」にあるのです。

これを実践的にこなせばエゴギョウは活きたカウンセリングができます。

自己の命の使い方とは「どうやれば自分の命を活かす」ことができるかに尽きます。
それが腑に落ちれば「自分の使命」が見えます。
自分が指名され氏名(名前には意味がある)が与えられ使命に活きることができます。
もちろんその使命とは「他者のいのちを活かすこと」に決まっています。

だからといって緊張することもないのです。
大事に考えることもないのです。

どうせわたしたちの命は価値もないし、人生に意味があるわけでもないのです。

まあ、どうせそういう泡のような存在ですから、どんな生き方をしようが大差ないのです。

問題は「楽しかったかどうか」だけです。

人生やこの命を楽しく生きれば問題ないです。
楽しくするために他者を楽しくすればよいだけです。

楽しいにもいろいろありますが「苦しみ」が多い世の中ですから苦しみを楽しみに転化するとうんと楽しくなるはずです。

まじめに生きないことです。不真面目を一生懸命やりましょう。

これが明日のテーマです。

あさってはいつもの広島夜学は朝学です。



posted by 変才冨田 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

30数回にわたって実施した夜学の意味

昨日は大阪で夜学でした。

僕にとって非常に意味のあるセミナー内容でした。

始まる前から今晩の夜学は大きな意味がありそうだと予感して始まりました。

自分でもどのような話になるのか予想ができませんでしたが、

話しながらその内容が自然とこれまでの夜学の集大成になっていることに気づき

終わった時には30回以上にわたった夜学の意味がやっと分かりました。

そして、今後の大きなテーマにも気づき探求が続きそうです。

わたしの趣味のような話に毎回夜分にもかかわらずよく付き合って下さった皆さんに感謝です。

食の認証  身体の認証  他者の認証  お金の認証  仕事の認証

各ワークが全体として有機的に関係しあうためには「観察」が必要です。

これからはこのブログでこれまでのワークを紹介していくつもりです。
posted by 変才冨田 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする