◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2016年07月31日

7号食レポート 太りやすい秋に実行するよりも、排毒の季節の今がチャンスです。



7号食七日目です。
主人は体重4キロ減、ズボンが緩くなって、味覚も少し敏感になっているようです。

私は昨日から排毒が始まったのか、顔の左ほほと首、足首が熱くなって痒みが出ています。
特に左ほほと首は痒いところがみみず腫のようになっていて、ひとまず保冷剤で冷やしながら夜を越しました。
日光湿疹と家事からくる手湿疹はこの七日でぐんぐんキレイになっています。盛り上がって汁が出ていた湿疹が、指先以外はほぼかさぶたになっていて、痕もうすくなりびっくりです。

顔や首の対処は冷やして熱を抑えるくらいで大丈夫でしょうか?

コメント
7号食期間中に血行回復のシグナルに痛みや痒み、ピリピリ感があります。
不快であれば冷やすことで一時的に血行を抑制して凌いで下さい。

これらに7号食中の回復を促進して一気に良くする方法に入浴方法があります。
近く水素風呂の低価格レンタルを始めますので、7号食実行の方はコレ注目ですよ。
http://www.bl-oosaka.org/商品案内/
posted by 変才冨田 at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

9月大阪定例セミナー 17日 傳田先生が来演


8月はセミナーは出前セミナー以外はお休みです。


9月セミナー予定


9月17日は傳田先生を招いての特別セミナー


傳田聴覚トレーニングの開発者である傳田先生のセミナーです。

聴覚トレーニングシステムを購入された方には是非お勧めのセミナーです。



10時開始 「認証ワーク」

      認証ワークの全体像から「認証」の意味を探る

      お金の認証をすると何が起きるのか?



12時30分 お昼休憩 昼食希望者は予約日知用です(540円)



13時30分 傳田先生の講義と体験

   「脳に音楽で語りかけると何が起きるのか?」



16時30分 終了



午前 2500円

午後 2500円



場所 大阪BL研究所フラット1階と2階

大阪市中央区中本3−10−23



参加お申込みお問い合わせは

050−1193−9391

tetu.tomita@gmail.com

posted by 変才冨田 at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厭なことでも好きになる実例

好きな仕事でなくとも好きになる、という実例


http://kids.kobun.co.jp/yumemodel/kiji/0707.html

ホタル博士のお話を読んでください。

累代ホタルを増やしていらっしゃいます。

東京では板橋、関西では宇治植物園で見ることができます。

ホタル博士が直接つくった施設なんだそうです。

博士は大変きつい腰痛ですが「足楽です輪」で杖を使わなくてもよくなったそうです。

爪楊枝治療の仕方も教えておいたのでもっと良くなるでしょう。

(その後に「姿美人」をプレゼントしました)

さて

一生懸命ホタルを繁殖させていたところに、いきなりその施設にブルドーザーが入りメチャクチャに壊されてしまった。

ホタル博士は泣きじゃくりながらドロ土の中から生きているホタルを探し求めた。

すると一筋の光が泥土の中からすーっと上がりふっと消えた。

ホタルは生きたいと願っていると博士は感じました。

博士は心のなかで叫びました。

「俺は一生を賭けてお前たちを守るゾ!」

そうやって先生が手がけた施設は関西では宇治植物園、東京では板橋です。

最初はホタルが嫌いだったそうです。

それはおばあちゃんに

ホタルの光→亡くなった人の魂→霊 と教えられ気味が悪かったそうです。

業務命令で仕方なくホタルの繁殖を手がけ→ライス・ワーク

やっているうちにホタルが好きになった→ライク・ワーク

一生を賭けて守るぞ→ライフ・ワーク

見事に三段活用になっていますね。

ライフ・ワークとは「やむにやまれぬ」気持ちが起爆剤です。

意図的、意識的に考えているうちはライフ・ワークは成立しません。
ホタル博士の三段活用にライフワークの見つけ方があるようです。

どのような仕事もつまらないものはなく、ただあなたと仕事のかかわり方なのですね。

仕事がつまらない、そう思っているあなたこそが「つまらない人」になっているだけなのです。

物事は深くかかわるほど(それがたとえ意に染まぬものであったとしても)

その関係性こそがやがてライクワークへと進み始める。

「生みの親より育ての親」こそが愛情が深いものということも同じです。



その後、板橋のホタル園もブルドーザーが入って壊されました。

板橋の行政の責任者(おそらく区長)は安易に「板橋区にもなにか名所があれば・・・」くらいに考えて
始めたことなのでしょう。

けれど、命を扱うことは区長の狭い意識を凌駕してしまったのです。

ホタルが嫌いであった阿部さんもその命の輝きに魅せられたのです。

彼の一種の狂気は区長の意志を大きくはずれて「ホラル命」で動き出したのです。

それが、最後の歯かいでした。



posted by 変才冨田 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当たり前をすれば

八戸の母は、
ウォーキングが生活の一部となり、雨が降ってもやっています。やらないと足が浮腫む!とも。
そろそろ7号食も〜と言っております。

先日、心臓の病院へ行きましたら、、、
心房細動の音はするけれど、かなり正常に近い!と言われた。と驚いておりました。

玄米、ジュクスイシート、不思議シートそしてウォーキング、などのおかげかな?!と、申しておりました。

心臓が悪いから動いてはいけない!と、歩くことも、なるだけしていなかったのですが、、、
ウォーキングがこんなに大切だったとは、、、

ありがとうございます♪


コメント
お医者さんは「大事を取って安静にしておいてください」とよく云いますね。

安静にすれば良いかどうかは身体が知っているのです。

多くは歩いた方が良いのです。

だって、わたしたちは動物なのですからね。「動くモノ」なのです。

本来「動くモノ」がじっとしていてはより血行不良となり心臓に負担をかけるのです。

動けない時は本当に動けません。

「脚がつる! 」なんて本当は不思議なことなのです。


posted by 変才冨田 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

感じる力 2

エゴギョウにおいて感じる力の指標は火性にある。

この得点が14点以上であれば感じる力はある。

この火性の感じる力にもいろいろあって、土台は身体を感じる力だ。

あなたはどれくらい自分の身体を感じているだろう。

感じる力があればほとんどの病気は未病の段階で気づかれいち早く対策にかかれるだろう。

血液や尿検査の結果で気づくのはもはや手遅れなのであろう。

以下のことをやってみて欲しい。

左足の裏側だけを無作為に爪楊枝のとがったところでツンツンやってみます。

まんべんなくやればいいのですが、特に指の付け根も念入りにやって欲しい。

指の先の柔らかい部分も、内外のくるぶしの周辺もぐるっとやって欲しい。

最後にアキレス腱の内外側もやりましょう。

その後で立ち上がって両足裏の感覚が段違いに違うことを確認してください。

刺激のなかった右足裏は左に比べて遠い存在になっているはずだ。

刺激がないだけで感じられないということだ。

自分を感じるとはこういうことです。

続く

この記事のカテゴリーは「認め合うということ」となっているのは

先ずは他者認証や自分の心を認証する前に自分の身体を認証することが優先されるからです。
posted by 変才冨田 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

感じる力 1

五感を鍛えることは色彩豊かな人生を築き上げる必須条件です。

その五感が鈍いと長生きしても人生の意味を失いますね。

実は毎日見るもの聴くもの、全て感動が含まれているのです。けれど、わたしたちの神経は今よりも過去や明日に囚われており輝いている今を無視しています。
過去への後悔と未来への心配で、感度が鈍くなっているのです。

それを忘れさせるかのようにわたしたちの狩猟本能を刺激するのが「ポケモンGO」ですね。
こうした流行は過ぎ去ってみれば「なんであんなものに狂っていたのか」と思うはず。
意味のない蒐集本能はやがて飽きられます。
そして、飽きたころに次のバージョンが発表されることでしょう。

パチンコ中毒よりも質が悪いのは事故に他者を巻き込むからです。

こうした無意味なものは次々と鈍い神経に働きかけ人生に消費的、浪費的な時間を加えて行きます。

それらを「つまらないこと」と感じる力が失せているようで怖いですね。

みんなが同じことに夢中になれば「右ならへ!」の号令がそのうちかかりそうです。
posted by 変才冨田 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史に学ぼう

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e5%ae%89%e5%80%8d%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%81%8c%e7%9b%ae%e6%8c%87%e3%81%99%e7%9b%ae%e6%a8%99%e3%80%81%e3%83%92%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%8a%e3%83%81%e3%82%b9%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%82%82%e9%85%b7%e4%bc%bc%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%ef%bc%81/ar-BBuQLK5?ocid=spartandhp#page=2
この記事から引用

ワイマール憲法と憲法改正

 2本目は、翌18日の『独ワイマール憲法の“教訓”』である。1919年に制定されたドイツのワイマール憲法は、国民主権、生存権の保障、所有権の義務性、男女平等の普通選挙などを盛り込み、当時、世界で最も民主的と讃えられていた。しかし、その民主主義憲法の下で、民主的に選出されたはずのヒトラーが、独裁政権をつくり上げていったこともまた事実である。

 この特集では、古舘伊知郎キャスター(当時)が現地に赴き、ワイマール憲法とヒトラー政権の関係を探っていた。背景には、安倍首相が目指す憲法改正がある。特に、大規模災害などへの対応という名目で、「緊急事態条項」を新設しようという動きだ。

 番組のなかで、ワイマール憲法の研究者が自民党の憲法改正草案について語る場面が圧巻だった。草案に書かれた「緊急事態条項」について、ワイマール憲法の「国家緊急権」と重なると証言したのだ。さらに、「内閣のひとりの人間に利用される危険性があり、とても問題です」と警告した。この「国家緊急権」を、いわば“悪用”することによってナチスが台頭していったことを踏まえると、こちらもまた、私たちにとって大いに参考となる専門家の知見だった。もちろん時代も状況も異なるが、痛恨の歴史から学べることは少なくない。


コメント
世界に冠たるドイツワイマール憲法が蹂躙された歴史は学ぶ必要があります。

憲法そのものを緊急に停止する権限をナチスに与えたことが世界歴史を再度大戦に導いた。

憲法を順守する義務を負う政治家が憲法を敵視し破壊衝動を持っている。

非常に危険な安倍政権をこのたびの選挙において大勝させてしまったのは国民で、我々国民は非常に危ない国民となっている。

2016年07月25日

7号食レポート 胃のポリープが消えた

前回は3センチの子宮筋腫が4ヶ月で消えた体験がシェアされました。
今回は胃のポリープが消えた体験です。



● 3月の人間ドックで、胃腸に陽性でも悪性でもないポリープが出来ていて、今月初めにもう一度、再検査(胃カメラ)を受けました。

私はポリープがそのままだったら手術して切ってもらうと決めてたんですけど、お医者さん、「この辺りに出来てたはずなんやけど...ん〜消えてるんかぁ〜?大至急ドックのカルテ持ってきて‼︎」って看護師さんに。

で、胃カメラ飲み込んだままカルテ見てもらったけど、どうやら消滅してたみたいです。「ポリープは大丈夫です。よかったですね^_^」って言っていただきました。

●それから、その3月の人間ドックの結果で、先生にご報告したいこととして、私、10年くらい年前に沖縄を旅してる時、突然パチンと左目に何かが弾けた感じがあって、だいぶしてから眼科に行ったら、私の左目の血管が先天的に捻れてるところがあって、そこが眼底出血して血が固まってる?って言われたんです。

まあそのまま放っておき、人間ドックの結果には、「眼底出血」の判定がいつもあったんですけど、3月の人間ドックでは眼科についての結果はA判定でした。血のかたまり取れたのかなあ?

これからもできる範囲で楽しく基本食を続けていきたいです^_^
また勉強をしにいきますので、よろしくお願いします。なかなか休みが合わなくて難しいですが...。

最後に注文をお願いします。

・あすなろ米...3

・彩米...3

・玄米トースト...1セット

・玄米甘酒 ...4袋

あ、最後に あすなろ米の糠漬けできました^_^
本当にすごく美味しいです‼︎


コメント
身体という自然は嘘をつかないですね。

嘘をつくのは常に意識です。

意識が身体の自然に寄り添って助けることが、意識の役割です。
posted by 変才冨田 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月配送のお知らせ

8月2日が最終受け付け日で当日配送になります。再開は17日からです。

お米が無くなりそうな方は早い目にご注文下さい。

5日から16日まではヴィパッサナー瞑想に行きますので一切連絡が取れません。

ヴィパッサナー瞑想とは観察の瞑想と言われるもので、座禅における「無」を目的にするものではありません。

体験をこのブログでシェアしたいと思っています。

お楽しみに 笑
posted by 変才冨田 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

札幌講演終了

三日間のセミナーが終了しました。

非常に熱心に聴講いただきありがとうございました。

また、シェアもたくさんいただけました。

ほかの人々のお役に立つことでしょう。

認証ワークは特に力は入って、僕も多くを学べました。

ありがとうございます。

ご質問あればこちらへのコメントかメールでどうぞ。

BL研究所のHPにメールアドレスがあります。


posted by 変才冨田 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「足楽です輪」への大反響

冨田先生こんにちは。 先日のセミナーで“足楽です輪〜”を購入しました。

身体の悩みは沢山あって、まずは右足底第1指の骨が突出しており床を裸足であることができませんでした。手術も考えていた程です。

足楽です輪を半信半疑(笑)で2週間試してみた所、足の裏の痛みが改善しているのです。おかげさまで神経を使って歩いていたヨガ教室の床も気にすることなく自然に歩くことができています。

また、23歳で看護師始めた頃からあった腰痛も気づくと改善しているのです。さらに、夜勤の時は足がぱんぱんになるので、着圧ストッキングを使用していましたが、試しに足楽です輪のみで夜勤をした所、ふくらはぎのハリほとんど気にならなくなっていたんです。期待以上の効果で本当に感謝しています。

また、マニキュアを塗り直そうとした所、なんと足の小指の爪が大きくなっているのです。セミナーで冨田先生が血流が改善し、爪が無い人に爪が形成されたとお話をしていた事思い出しました。こんなにキレイな爪初めてで自分でも見入っ程です。

あまりにも感動してしまい、職場の人に話をしたら全員欲しいと言うのです。また、腰痛とかがひどく涙が出てしまう患者様にも教えてあげると、試しに使ってみたいとのことで、電話番号を伝えさせて頂きました。

母にも教えてあげると、魚の目が痛くて気になると話をしており、早速お電話する言っていました。 予想以上の効果で本当に感謝しています。ありがとうございます。

コメント
札幌講演が終了しましたが、札幌でもずいぶんシェアがありました。
「小指が黒ずんでいたのがすっかり血色が出ました」
「小指の爪が大きくなっていました」

「長い間寝たきりのようになっていたのに、装着した瞬間に立っている感覚がよみがえり歩けるようになりました」

「気がついたら腰痛が気にならなくなりました」

などうれしかったです。



http://www.bl-oosaka.org/各種商品/
posted by 変才冨田 at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 取り扱い商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

大橋巨泉さんのこと

週刊誌に闘病の状況について書かれつつ、日本の将来を気にされていました。

2001年民主党から参議院になり、その後に海上自衛隊のインド洋派遣をめぐる党の決定に反対して議員辞職されたことを覚えています。

週刊誌に「遺言」が発表されています。

「安倍晋三の野望は恐ろしい」「安倍晋三に一泡吹かせてください」「参院選挙、野党を勝たせてください」
戦争法案反対を表明し「憲法9条が嬉しかった」と発言されています。

憲法が活かされることを願われていました。

そういう時代を見ることなく逝かれたわけですが、わたしが見届けてあの世でご報告したいなあと思いました。
posted by 変才冨田 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート ポッチャリ4人組で7号食スタート

なんでも本日のこと4人組の7号食実行ミーティングだそうです。

下着で写真を撮るとかというので

私「それでは公開できないので水着にしてほしい>< 」

ということで楽しみな4人組です。

辛いことを主体的に楽しく実行するという取り組みです。

ダイエットのみに閉じこまずに、この経験を拡大して、結果として人生を豊かにする取り組みなのです。

http://www.bl-oosaka.org/トミタ式7号食/
posted by 変才冨田 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

7号食レポート 授乳中に七号食を実行する際の注意点はありますか?

授乳中に七号食を実行する際の注意点はありますか?

ちなみに授乳のせいか体重がかなり減って、今は一昨年夏にやったフルコース後と同じくらいです。
これ以上減るとかなり細くなっちゃいます(>_<)
特に顔からやせるタイプなので周りに心配されたりも。
数年前までは毎日ダイエットのことばかり考えていた私が痩せすぎを心配するようになるなんてびっくりですf(^^;

七号食後はちょうどよい体重に落ち着くはずなのでそんなに減らないことを祈ります(笑)

回答
雑穀を玄米と同量にしておくか、黒米を増量して炊飯すればよいでしょう。
十五種雑穀は造血米といわれる黒米が30%はいっていますので、母乳には良いでしょう。
母乳は血液でつくられますからね。


posted by 変才冨田 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日、19日火曜日はいつもの大阪夜学

内容は前回の続きで
仕事のシーンや家庭のシーンにある境界線
「境界線の引き方が判れば自分の課題が見えてくる」
水性人と金性人の課題について
「そもそも境界線とは何なのか」

場所 大阪フラット
会費 2000円
お問い合わせとお申込みは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391
posted by 変才冨田 at 14:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

7号食レポート

7月15日
おはようございます。
昨日寝る前の血圧は、下が79で
上が127でした。
いつもは、下が100くらいで
上は150くらいありました。

今朝久しぶりに白いご飯を炊いたら、めっちゃ美味しくなさそうに
見えました😅

7月16日今日、検診の日でした!
今日の検診の血圧はいつもより
高いくらいだった…😭
でも、食後血糖値が前回167から
91に下がってた〜!
ガンマGTPも下がってた。


コメント
しっかり歩けば血圧も落ち着いてきますよ。

血糖値の変化が早いですね

肝臓の数値が良くなっているので、全て良い変化がこれからも期待できます。

http://www.bl-oosaka.org/各種商品/
posted by 変才冨田 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食レポート 夏の注意点

女性は

服を着たくてダイエットする、

服を脱ぎたくてダイエットする。

あなたの場合はどちらでしょうか。(笑)

さて、夏は脱ぎたくてという女性が多いでしょう。

昨年7号食に夏挑戦した女性です。
IMG_0858[1].JPG
9日目
IMG_0859[1].JPG
彼女の感想「みんなにお勧めです」とありました。

http://www.bl-oosaka.org/トミタ式7号食/トミタ式7号食中にオススメの商品/

さて、夏は脱水と倦怠感への対策です。
夏は梅干しを毎朝食べておきましょう。
甘酒に梅干しを半分入れても美味しいですよ。
BL研究所で販売しているねり梅は使いやすいです。

血圧が高いからといって減塩していると却って大変なことになりますよ。

そして睡眠です。
良い子はできるだけ早く眠るようにしましょう。

12時過ぎてはいけません><

え?

今何時?



posted by 変才冨田 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

明日、日曜日のツンツンセラピーには腰痛、膝痛、あらゆる筋肉痛や肩こりの方をお待ちしています。

実際に「今、痛い」という方に来ていただきたいです。

午後の食養講座は3回目で食の陰陽と生理について学びます。
posted by 変才冨田 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

桜沢師のこと 1

桜沢恕一とは直接の面識を得る機会はなかったのですが、ゆかりの方々とはこれまでに縁を得ています。

桜沢師の直弟子である山本荘園先生(何度も私のセミナーを受けていただいた)、久司道夫先生(指導者養成コースなど何度も受講した)、そのほか間接的な知り合いも多いです。
やはり師の直弟子である丸島醤油の杢谷さんには近くお会いします。

ただ、わたしは意図的にマクロビオテイックの人たちとは交流を避けてきたので深いご縁はありません。

知らない方のために簡単ですが師を紹介します。

7号食を皆さんにお勧めして10年にはなりますが、この間に4000人を超える人が実践されてきました。
この7号食を最初に世界に広めたのが桜沢師です。
桜沢記念会館 丸島醤油の杢谷清さんが建てました。
IMG_1947[1].JPG
これは桜沢師ノパリ郊外での77号食キャンプ中の講義です。受講生はフランス人。
IMG_1934[1].JPG

これが世界中のマクロビオテイック思想普及のきっかけになりました。
続く





posted by 変才冨田 at 22:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツンツン・セラピーの脅威  17日は講習会

ここのところツンツンセラピーと足楽です輪が怖いです。

事例1 先日、小豆島へいったおりの話です。

丸島醤油さんを訪問したのですが案内していただいた7男性が「脚や腰が痛い」ということでした。

その夜の事です。招待していただいたお店の畳に横になっていただきツンツンセラピーをしました。

本人は「腰から脚にかけて痺れていて脚が上がらない、階段だけでなく少しの段でも苦労する。」

本の2,3分ツンツンして立ち上がっていただくと、横になるにも辛そうな状態でしたがスッと立ち上がりました。
足踏みをしていただくと絶句状態で、しばらくして「なんで???」と不思議そうなお顔ですが、嬉しそうです。
カイロで治療してもらっているが、今は治療直後も痛くて困っていたということです。
翌朝お会いして調子を聴くと少しだけれど痺れているということでした。
奥様に眠る前につんつんを頼んでいたのですが、しなかったそうです。

しかも、「足楽です輪」も巻いていません。

すぐに巻いて歩いていただくと「脚の運びが無意識にすっすといけますね。楽です。なんでこんなものでこうなるの?」と不思議そうです。

丸島醤油にある「桜沢記念会館」でもう一度治療しました。
「普通に歩けますね。今までの感覚がなんで?というくらいに楽です!」

毎日眠るときに一度だけ治療して「足楽です輪」を毎日付けてあるけば再発はしないのです。

事例2 大阪の研究所にこられた80歳男性です。
タクシーで来られたのですが遠くで降ろされてしまい、痛む腰や脚を労わりながらユックリ歩いてこられました。
いろいろこれまでにも整形だけでなく治療をされてきたようですが好転しなかったそうです。

ツンツンセラピーを施すと驚かれていましたね。終了してから
「そんな治療法は初めて聞いた!」「けれど、すごく効いていて痛みはまったくないです」
外を歩くと一緒に来られたいた娘さんも「えー、普通に歩いてる!」ということでした。

40日してインソールが出来上がり電話したところ「すっかり忘れていた。今は普通に歩けていろんなところを毎日でかけています」ということでした。

一回の治療と「足楽です輪」だけで再発していなかったのですね。

この驚異のツンツンセラピーは家庭療法です。
17日の大阪定例セミナーでは午前中から午後にかけて講習します。

是非、この技術を習得してください。

日時 7月17日

開始 9時  終了17時

計測開始 今回は血管の精密測定器で全員計測します。

9時 測定開始

10時 「ツンツン・セラピー講習」
ロシアの測定結果から各自の治療点を探します。

12時30分 お昼休憩

13時30分ツンツンセラピーの続き

14時30分 食と体質や野菜の陰陽レシピの考え方
       7号食の意味を考える

17時 終了

各講座 2500円 ツンツンセラピー既受講者は1500円

今回はツンツン・セラピーはかなり入念に講習します。
肩凝り、眼の疲れ、頭痛、眼すい、腰痛、膝痛、脚が重い、脚の冷えなどの改善

後半の陰陽講座は3回目です。経絡と排毒の関係、椎茸、大根、小豆、レンコン、レモン、梅、黒焼きの食養
土と命の関係から農の意味を考えます。













posted by 変才冨田 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする