◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2015年09月29日

7号食質問  こんな場合

富田様
おはようございます。
早速、商品を送ってくださるとの、

ご返事重ねてお礼申し上げます。

届きましたらすぐにでも、はじめたいと

考えていたのですが、妻は最近(9月17日)

子宮筋腫の手術のため、全身麻酔をした

こともあり、まだ体力が完全には戻って

おりません。

また、立ちくらみが頻繁におきている状態です。

7号食は、妻からの話をきき、多少なりとも

体力、気力が必要なプログラムと感じておりました。

妻がこのような体調で、スタートしても

差し支えございませんでしょうか?

お忙しい中恐縮ではございますが

お教え願います。

回答
こんばんは
先ずは奥様は6号食で進めてみたらいいでしょう。
お味噌汁を付けます。

それから特別に
タイヤひらめのアラを買ってきて、頭だけでも良い。

切り干し大根と一緒に煮込んで最後に味付けに良い醤油れ味を調えます。

実は食べないでスープだけいただきます。

体力を付けて元気にします。




その後に基本食にして体力の回復を待ってから7号食に挑戦してください。
posted by 変才冨田 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

10月10日大阪定番セミナーは中止

10月10日のセミナーは中止

よく考えるとタイトで、10日のセミナーをしてすぐに広島に行き、そこで合宿セミナーが11日9時から始まります。
以前なら平気でしたが66歳ともなると、もと泰然自若と生きねばならないでしょう?

中止に対して賛同や抗議があれば下記へどうぞ

場所 大阪フラット内BL研究所

050-1193-9391
Line. hiruandnで検索
tetu.tomita@gmail.com
posted by 変才冨田 at 14:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

27日の大阪定番セミナー プログラムを一部変更です。

あさってなのですが、少しプログラム変更です。

後半のサービス・セミナーで予定の「認証のためのワーク」は中止して
ロングラン・セミナーの第一回を再々編します。

実は全100枚のDVDを収録しているのですが、現在は12枚まで作成しています。
もう発売してもいい段階なのですが第一回目のDVDが気に入らないのです。
失敗を二回(音声が入っていなかったなど)しており三回目で収録したのですが
どうもいけません。

そこで27日は無料サービスセミナーとして3時30分から17時までを
第一回目の収録をすることにしました。

これだけの受講もOKです。定番セミナーを全て受けた人はここだけ参加されていいですよ。


9月27日 大阪セミナー


今回は午前中に「ツンツン・セラピー講習」


午後は姿勢の望診法と 


サービスセミナー「認証のワーク」





開場 9時30分 開始10時  終了12時


誰でもが簡単にできるようになる「ツンツン・セラピー講習」

 *首凝り、肩こり、片頭痛、眼精疲労、腰痛、膝痛、足首の柔軟性快復、足首スリムに改善


爪楊枝を使ったセラピーは最善の家庭療法です。








昼食休憩 昼食は希望者には540円で提供しています。要予約です。





13時 「姿勢の望診法と修正の仕方」


姿勢が美しいということの本当の意味。

身体の歪み修正は第一課題です。

腰痛や膝の痛みなども即日改善できます。





姿勢を美しくできれば、次は歩き方の講習です。


休憩

無料サービスセミナー
15時30分 ロングランセミナー第一回目「考え方は世界の観方で決まる・全体と部分の関係を観る」


17時 終了





各部選択制です





参加費 各2500円





場所 大阪♭ BL研究所


   大阪市東成区中本3−10−23 





セミナー申込みは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391 lineはhiruandnで検索 lineでも申し込めます。
posted by 変才冨田 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜学終了直後のビックリ

IMG_0994[1].JPG
これがメチャクチャ美味しくて、この味は何度も思い起こすことになりそう。
死のベッドでのわたし「ああー、あのケーキ美味しかったなー。丹波の栗とかぼちゃと小豆でつくったあのケーキ、死ぬまでにもう一度食べたいなー」とつぶやきそうです。
プロ級の腕前のパテシエ田畑千夏さん、これ覚えておいてね^^
IMG_0992[1].JPG
IMG_0995[1].JPG
IMG_0996[1].JPG
IMG_0999[1].JPG
吉井さんからみんなからのプレゼントいただきました。
この中身については後ほど。
IMG_0998[1].JPG
この寄せ書きをしみじみ読ませていただきました。
認証してもらってるなー。この仕事させてもらってよかったなー。
posted by 変才冨田 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

認証問題 怒りや暴言の周辺

近くのお寺さんの掲示板に
「悲しみは人と人をつなぐ糸である」とありました。

これはわかりにくいかもしれませんが

「悲しみ」は共感を呼び起こすのですねえ。

「悲しみ」とは土性にあたるのですから「共感」へとつながります。

必ず死する存在である私たちは心の根っこに「無常」を感じており、それが生命共感というものを呼び起こすわけです。


怒りやそこからくる暴言や暴力はどうでしょうか。
それは相手の「存在の否定」なので、人と人をつなぐ糸をハサミで切る行為ですねえ。

社会的存在である人間は、関係性を断ち切るという行為は相手ばかりか自己の否定になりますから

健康まで損ないます。

では、なぜ暴言や暴力を振るうのでしょうか。

暴言や暴力をしてもそれを振るう人は「暴言や暴力を振るったわけではない」と考えています。

それは「愛のムチ」であると考えている人が多いのです。

さらに暴言を云ったと自覚のない人さえ存在するのです。

育ちの中で暴言にさらされていた人は暴言の効果を知っています。

どういう言葉が相手を傷つけるのかは経験しているので知っているのです。

自分が傷ついた言葉は確実に有効とわかるのでそれを使います。

けれど相手を傷つけるために使った言葉は確実に自分をも気分の悪い状態にします。

同時に暴言は一種の気持ちの良さもつくります。

暴言や暴力は一種の優越感をつくるのです。

暴言、暴力は金性に属し、相手を力でコントロールするということです。

力でコントロールするというのは意外と疲れます。

戦前の植民地主義というのはどの国の列強もこれをやったのですが、搾取するには効率が悪いことに気づいたのです。

現在はもっと巧妙に搾取しています。

人生を楽しく生きるためには効率性の悪い怒りからくる暴力や暴言をコントロールできることが必須ですねえ。

暴力や暴言は怒りからやってくるのですから「怒り」をどう鎮めるかは人生の大きな課題です。

そのためには先ず「人を暴言で傷つけない」と決めねばなりません。

ところが自分が使った言葉が暴言であり人を誹謗するものだとは気が付かないのですから
難しいのですね。

ある言葉が他者の感情を傷つけるかどうかは他者の感情の認証ができねばならないのです。

そのためには「自分は正しくない」と決めつけることから始めます。

それは判断をしないということなのです。

観察だけなのです。

観察からの判断は良いのです。

観察抜きの判断が感情任せになるのです。

このあたりのところは続きで書きます。

最近はこのブログの更新が遅いですね。

こうした問題はセミナーで扱っており言葉では説明しがたいところがあるからです。

posted by 変才冨田 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7号食を間違えないために 様々なお問い合わせへの取り組み

桜沢先生が最初に提唱した7号食をリニューアしてBL研究所が復活させたせいで

圧倒的な人たちの体験が寄せられています。

その中には失敗例も数多いです。

失敗例の大半は「又聞きで始めました」ということです。

BL研究所以外のサイトをみて始めたという人もいらっしゃいます。

中には実行もしなかった人から教えてもらったとも・・・。

そこで、そうした方々からの質問がこちらにもやってきます。

まとまった知識が無いので細かいことを何度も同じ人からの質問の電話などがあります。

7号食を告知して以来、7号食の仕方や考え方も大きく進化しています。

BL研究所主催のセミナーを初めて訊いて7号食の意外な深さに驚かれた人も多いですね。

先ずはセミナーを受けてください。

遠方で無理な場合は以下にお問い合わせしてください。
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391 lineはhiruandnで検索 lineでの質問もできますよ。
現在の健康状況なども参考にした取り組み方を個別指導します。


近くセミナーの様子を収録したDVDも発売されます。

直近のセミナー

東京 10月4日 午前中は7号食の講習です。

10月4日 東京定番セミナー 

開場 東京 地下鉄蔵前の「結わえる」


「初めての人のためのセミナー」
@午前の部 七号食講習 16日で3s〜5kgは本当です
    食の考え方講習 
 *誰も教えてくれなかった食の哲学 食・生理・心身・疾病・環境は一本の筋
開場 9時30分 開始10時 終了 12時30分
昼食休憩 お昼は「結わえる」さんが希望者にはランチあります。
     1080円 予約必要です。

午後の部 開始13時30分 終了 17時
「姿勢の望診法と即修正の仕方」と「ツンツン・セラピー」一挙に講習
腰痛や膝痛にならないだけでなく、簡単に正しく歩けてしまう姿勢講習
誰でもが簡単にできるようになる「ツンツン・セラピー講習
 *首凝り、肩こり、片頭痛、眼精疲労、腰痛、膝痛、足首の柔軟性快復、足首スリムに改善

各講座は選択制で各部2500円です。
ランチ必要な方は予約してください。




場所 東京 地下鉄蔵前 結わえる本店
    住所 東京都台東区蔵前2-14-14

浅草線だとA4出口上がると正面にコンビニデイリーがあります。左へ行ってデイリー側に信号を渡ります。信号渡ってそのまま真っ直ぐに行き二本目で左へ真っ直ぐで通りにあります。


セミナー申込みは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391 lineはhiruandnで検索 lineでも申し込めます。


大阪 9月27日 この日は7号食の講習かいではないですが質問はできます。

9月27日 大阪セミナー


今回は午前中に「ツンツン・セラピー講習」


午後は姿勢の望診法と 


サービスセミナー「認証のワーク」





開場 9時30分 開始10時  終了12時


誰でもが簡単にできるようになる「ツンツン・セラピー講習」

 *首凝り、肩こり、片頭痛、眼精疲労、腰痛、膝痛、足首の柔軟性快復、足首スリムに改善


爪楊枝を使ったセラピーは最善の家庭療法です。


昼食休憩 昼食は希望者には540円で提供しています。要予約です。

13時 「姿勢の望診法と修正の仕方」


姿勢が美しいということの本当の意味。

身体の歪み修正は第一課題です。

腰痛や膝の痛みなども即日改善できます。





姿勢を美しくできれば、次は歩き方の講習です。


15時15分 「認証のためのワーク」 無料


16時30分終了


各部選択制です





参加費 各2500円

場所 大阪♭ BL研究所


   大阪市東成区中本3−10−23 

セミナー申込みは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391 lineはhiruandnで検索 lineでも申し込めます。


10月10日大阪セミナー(土曜日)午前中が7号食の講習です。


広島 10月11,12日合宿です。

山形 18日

広島市内 25日でのサキナ・ビューティ・フォーラム









posted by 変才冨田 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 七号食レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

この国をしっかり観察しよう

判断力とは観察力と同義です。

観察する力で判断が制限されています。

戦後の人々は貴重な教訓を得て「これからは不戦をこの国の形にしよう」と誓いました。

その為に為政者に憲法を下しそれを守る義務を課しました。

安倍内閣は憲法改正の手続きを経ないで憲法無視あるいは憲法停止、あるいは憲法の権威を貶めました。

それはクーデターそのものです。

安倍内閣の行為を観察すればそういうことになります。

やったことは民主主義の破壊です。

それを黙過することは彼らに手を貸したことになります。

破壊された民主主義の回復が現時点の課題です。

平和は祈るだけでは手に入りません。

平和とは闘いの無い状態なのではなく

好戦的な人々との絶え間ない力比べというダイナミックな状況で出現するものです。

戦争反対というと戦争へのイメージが強化されて戦争状態を引き寄せるとの論議がありますが

とんでもない。

わたしたちは戦争をリアルにイメージできていない。

できていないから安倍さんのような人を許してしまったのです。

生々しく戦争のイメージを引き寄せる必要があります。

戦争のイメージができていない平和状態など脆いものと思います。

黙過して今の自分だけの心の平和を満喫しようという状況の人を平和ボケというのです。

一人一人の心が平和であれば世界平和は実現できる。
本気でそう思っている人のことを「独りマイホーム主義」、別な言葉で平和ボケというのです。

しっかりこの国を観察しよう。















認証のワークは他者を通して自分の感情と向き合うことにある1

独りで怒ったり、泣いたり、喜んだり、イライラすることはありえません。

感情は必ず他者との関係性でスイッチがon、offされます。

「自分にはイライラも怒りの感情も湧きあがらない」

そう思っている人は、「他者の認証ができていない」ことを原因として

自己の感情の認証ができていないのです。

そういう人は「自分は正しい」という思い込みにさらされています。
そういう人は自分の言動が他者の感情にどのようなスイッチを入れているのかが分かりません。

相手の感情を読み取るような観察ができていないのです。

水性が高い人たちと低い人たちの違いや金性の高い人の関係性は深いです。

親が子をコントロールしようとするのは必然性があるので避けられませんが

どの程度の支配性を実行するかによって、その子のOSに違いができます。

続く
posted by 変才冨田 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 認め合うということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

健康質問 鼻水が止まらない

富田先生初めまして。 いつもブログ拝見しております。

ここ数日で風邪をひいて、昨夜大根湯を飲んで寝たら喉の痛みと頭痛が良くなったのですが、今度は鼻水が出てきました。
この場合はもう一度大根湯をやった方がいいのか、シイタケと切り干し大根を1日2回服用をやった方がいいのでしょうか?? それから治りかけの時のウォーキングは避けた方がいいですか??

回答
水分の摂取が多すぎたのです。

水のような鼻水を出して過剰分を追い出しています。
身体と言う自然は正しいことをしているのです。

温泉にゆっくり浸かって温めれば過剰分は尿になって止まります。
posted by 変才冨田 at 15:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 質問に応えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日東京セミナーと20日神戸セミナー終了

両会場にご参加の皆様
ありがとうございました。

19日はエゴギョウのみでの一日講習
20日の神戸は姿勢ん軸と食の軸というテーマでした。

今日の神戸セミナーは7号食よりも身体と食の哲学についてに偏っていましたね。

180名もの参加者があったのに、なんと7号食の説明をしておきながらその仕方を説明しないという前代未聞のセミナーとなりました。

質問タイムで7号食の仕方について質問があると
わたし「このなかで7号食を実行した人は手を挙げてください」
かなりの数の挙手があり
「仕方は今手を挙げた人に訊いてください」

なんと横着である意味では能率的で別な意味では投げやりな回答をしていましたね^^;

まあ、学びは一過性で無いので続行して学んでください。

続きは大阪では24日の夜学セミナー、27日の定番一日セミナー(午前、午後選択制)にご出席ください。

東京方面は10月2日は横浜夜学、10月4日は東京蔵前にある「結わえる」での一日セミナーがあります。

10月4日は大阪での夜学セミナー

さらに広島では11日と12日が合宿セミナーもあります。
近隣の方はどうぞ。

詳しくはhttp://www.bl-oosaka.org/各種セミナーのご案内/

posted by 変才冨田 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

食で人は成立する。

いつもお世話になってます。

嬉しいコメント頂きました。

明日のエゴギョウの東京セミナーに父・母と3人で参加させて頂きます。

父は長い間躁鬱病で苦しんでおり、昨年くらいはほぼアルコールでしか栄養をとれず、いつ死んでもおかしくない状態でした。

しかし、7号食セミナーに参加させて頂き、玄米甘酒を少しずつ飲ませたところ、少しずつ食欲と元気が湧きました。 体調を気にするようになり、病院嫌いだった父が自発的に検査を受けるようになりました。

そんな姿を目の当たりにして、人は食べ物からできていることを実感し、食の大切さがわかりました。

元気になったら夫婦喧嘩が多少多くなってきたようですので、明日のセミナーでエゴギョウを学び、家族のコミュニケーションに活かしたいと思います。 楽しみにしておりますので、よろしくお願い致します。

終了
そうですか。良かったですね。

先ずは玄米甘酒から始めれば良いよと言いましたね。覚えていますよ。

今日の話も役立つと思います。

10月の4日も東京で7号食と姿勢の話です
姿勢が変わると歩きが変わり、歩くと心身のエネルギー代謝がダイナミックに変化して、心に大きな影響をもたらします。
posted by 変才冨田 at 08:51| Comment(1) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

金性人の面白い生態

エゴギョウでもっとも興味深い存在は金性人だ。

愛すべき人格だと思う。

@ 非常にマニアックだ。それもかなり狭いところでマニアックなのだ。
 金性人は全体が見えない性質があるので、どうしても超部分的なところに関心が向く。
 重箱よりも重箱の隅に関心を寄せることになる。そうなるのは重箱全体が見えないからだ。

続く
posted by 変才冨田 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

10月2日と4日は参加者全員に170問をお渡しします。

10月2日の横浜夜学か8日の東京セミナーにご出席された方には170問のエゴギョウ正式坂をお渡しします。

11月からエゴギョウの講習は次の段階に入ります。

11月は6日が横浜夜学で8日が東京セミナーです。
11月4日までに170問を御回答いただいて、夜学6日と東京は8日に一日中エゴギョウ講習を予定しています。

エゴギョウ正式版のデーター処理は無料です。

50問の簡易版とは違いより深く自己理解が進むでしょう。

詳しくは
http://www.bl-oosaka.org/%E5%90%84%E7%A8%AE%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/?logout=1

セミナー申込みは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391 lineはhiruandnで検索 lineでも申し込めます。







posted by 変才冨田 at 13:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

当たり前で無い考え方がトラブルを招く2

実は、あたり前ということが難しいですね。

「あたり前」が分からないので苦しむわけです。

健康生活の「あたり前」はまだわかりやすいですね。

夜更かしや過度な飲酒、ごはんを食べないなどは「あたり前」でないことはわかりますよね。

もっとも健康法ということになると原理原則を知らないと迷わされることも多くなります。

人を殺してはいけない。

これって「あたり前」ですよね。

けれど戦争になって眼の前に相手国の兵士がいたら殺すのは「あたり前」です。

兵士だけでなく一般市民だって殺害の対象になります。

無差別テロに対して非難をするのは「あたり前」ですが

アメリカも日本もかつての大戦では無差別テロをやっていました。

「あたり前」というのはその時の国の在り方でクルクル変わります。

そういう経験からクルクル変わらない基準が必要になって日本では世界に類例のない「平和憲法」をつくりました。

この憲法を基準にして、つまりこの憲法の考え方を「あたり前」として生活の土台としたのです。

安倍さんはアメリカにとっての「あたり前」を日本に適用しようとして憲法を蹂躙しています。


さて、「あたり前」をどう考えるか?

ここでは部分と全体の関係を考えねば分からなくなりそうです。

例えば「世間」というもの。これは個々人を取り巻く全体です。

この「世間の流れて行く方向性」というものが「あたり前」ということになりそうです。

その方向性と逆の方へ行くと「あたり前でない奴」ということになります。

みんなと同じことをしないのは「あたり前」でないので摩擦を生みます。

戦前の日本で戦争反対を言うのは大きな摩擦となり「非国民」と糾弾されて牢獄行でした。

安倍さんは「僕のあたり前」を「これから日本のあたり前」にしようと頑張っています。

安倍さんの「あたり前」とは「アメリカ支配層のあたり前」と重なっています。

アメリカの戦争に日本が参加するのはあたり前なのですね。

これからの一週間は日本の歴史が大きく変わる運命の一週間になります。

国のために戦争に行くのはあたり前となるのか

人殺しをしないのはあたり前がこれからも通用するのか

分岐点です。

IMG_0936[1].JPG
この「戦争アカン」の運動はあたり前だと思うのです。











posted by 変才冨田 at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

当たり前で無い考え方がトラブルを招く

わたし「そうなった7原因は自分ではどう考えている?」

彼女「きっと、お酒と外食しかしていなかったことだと思います」


当たり前で無い状況を生み出すのは当たり前で無い生活習慣が必ず背景にあるのです。

そして、当たり前で無い生活習慣は必ず「当たり前で無い考え方」があるのです。


もしもあなあなたが何かに困っているのなら「当たり前で無い考え方を背景にした生活習慣があるのかないのか」を検討してみましょう。

いえ、身体のことだけではないのですよ。

人間関係のトラブルの中にも「当たり前で無い考え方が潜んでいるのです」

「なるほど、あの人が当たり前で無い考え方だからナー」と思ったあなた。

その考え方が「当たり前で無い」のかもしれませんよ。

posted by 変才冨田 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

戦争反対は戦争のイメージが強くて却ってひきよせの法則が働き 戦争を早めてしまうという論議 2

以下のような記事を見つけました。
以下引用

http://blogs.itmedia.co.jp/takewave/2013/06/post-de61.html

「反戦集会には行かないけど、平和集会には行くわ」とは、マザーテレサの言葉だそうですが、「自分の意識をどこに向けておくか」は、結構重要なんじゃないかなぁと思っています。

たとえば、私たちは仕事の中でいろんな不満を抱くことがあります。不満を口にすることで、ストレスが発散できるので、過度なストレスを抱えたとき、不満を内に抱えず外に出すのは意外と大切なことです。

しかし、意識をずっと不満に向け続けておくと自分自身が心地よくないし、「類は友を呼ぶ」という言葉を信頼すれば、「そうなって欲しくないこと」に意識を向け続けていると、心地よくない状況、環境、人を引き寄せてしまうことにもなりかねません。

そこで、意識を「そうなって欲しくないこと」から、「そうなって欲しいこと」に切り替えてみます。

「○○はよくない」「○○は嫌だ」という不満を抱くということは、その背景には、「○○のほうがいい」「○○のほうが好き」ということがあるはず。

そこで、マザーテレサが「反戦集会には行かないけど、平和集会には行くわ」と言ったように……

引用終了

本当に引用のようなことってあるのでしょうか?

戦前は軍部は日本の平和、アジアの平和のためといって出兵を繰り返したわけで、最後は戦争と言う大惨事うぃ引き起こしました。

ナチス・ドイツも平和を叫んでいました。

安倍さんも「積極的平和主義」を述べています。
「世界の平和のために」紛争地に自衛隊を送れる法案を出しています。

安倍さんは「平和」を引き寄せられるのでしょうか?

僕はこうした論(マザー・テレサの引用)は無意味だとかんがえています。
国民的結集が必要な時にこうした論理を持ち出すのは、かえって憲法破壊に手を貸すことになると思っています。

平和憲法の破壊をやっているというのが真実ですね。
解釈改憲を繰り返して憲法との矛盾を激化させ、説明不能に陥ってしまい、
閣僚が「法的安定性など必要ない」と憲法無視の発言をやってしまいました。

実は、現在の本質的争点は「戦争反対」なのではなく「憲法破壊反対」なのですね。
「憲法破壊反対」は「戦争反対」とセットになっているのです。


ついでに

マザー・テレサは「引き寄せの法則」などとは関係なく云った発言だと思っています。

彼女の属するカトリック教会の非政治性に拘束されていただけのことだと思います。

反対集会、反対デモとなると政治的色彩が強くなってカトリック教徒としての制限がかかっただけでしょう。




2015年09月08日

ジュクスイシートの様々な効果

これを使用する人が増えるに従い様々な効果の報告が多くなりました。

1 ある女性の何十年来の外くるぶし周辺の痒みと荒れ肌が貼り続けるうちに目立たなくなりました。
痒みもなくなっています。

2 いつも脚に重みを感じていましたが朝起きたときに気づくと足元がポカポカして、日中にも脚が軽く感じます。

3 乳腺炎で痛みがありましたが、朝剥がすとドロドロになっていて痛みが数日でなくなりました。

4 膝の痛みで困っていて貼り続けていました。日中も貼り眠るときに剥がすとドロドロです。
  眠るときに新しいのと交換して、朝もドロドロです。
  痛みが軽くなっただけでなく脚が温かくて気持ちよく眠れます。

5 7号食のハーフセットに一袋付いていたので排毒になればと7号食をしながら眠るときに貼っていまし   た。
  足の裏がじんじんとして温かいです。よく眠れます。
  脚が軽いのでウオーキングが楽です。

6 静脈瘤が酷くて足裏と瘤のところに貼ればいいとのことで貼り続けながらウオーキングもしています。
  瘤が目立たなくなりました。

 以上
これらの効果は全て脚の血行回復の効果ですね。

7 これは面疔です。
  IMG_0941[1].JPG
彼女はジュクスイシートは鼻に貼りやすいように小さく加工 
皆さんもこの創意工夫を見習ってください。
IMG_0944[1].JPG
IMG_0943[1].JPGIMG_0948[1].JPGIMG_0937[1].JPG
だんだんと治ってきて跡形も今は無くなりました。
これは膿の吸出し硬化と菌の繁殖を抑制する効果でした。
http://www.bl-oosaka.org/樹翠シート/
現在5袋購入で一割引きのお徳用セットの販売もしています。

面疔の原因はいろいろ医学的に言われていますが、本当の原因は食べ過ぎです。
現在彼女は7号食中です。

 
posted by 変才冨田 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴギョウと五感

五感とエゴギョウを繋げるのならば、カーク船長のお話では下記の通りとなるのかなと思いました。

視覚:木性(目)、聴覚:水性(耳)、嗅覚・触覚:金性(皮膚・鼻)、味覚:火性(舌)
土性は唇なので、味覚と触覚で悩んでいます。土性の性質を考えると味覚でしょうか。

なんとなくですが、第六感は火性に属する気がします。
カーク船長の見解を教えていただけると嬉しいです。

終了

エゴギョウを思考ツールとして使っていますね^^

さて、火性は舌で土性は唇ですよね。
唇と舌は口という組織で一体となって活動していますね。
感覚を区別しにくいところですね。

そして唇は触覚でもあるのですね。

最初に食べ物に触れる場所ですよね。

皮膚感覚としては非常に鋭いところです。

ですから触覚だということになるのですが

この触覚は内臓触覚であって、皮膚感覚ではないのですね。

顔は消化器官が内側から噴火して顔になっているのです。

で、これは胃が持つ触覚なのです。

土性には胃が配当されているので、唇は内臓触覚という触覚で皮膚とは区別します。

ところで初めて体験する食べ物はおそるおそる唇をゆっくり通すわけです。

唇感覚で違和感があれば吐き出します。

そして人の唇はまた他の動物と比べて厚いですよね。

同じ類人猿の猿は唇が内側に入っています。

これはどういうことか?

考えてみましょう。
posted by 変才冨田 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エゴギョウ中級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き寄せの法則 本当の意味2 旅に出る、というメイン・テーマがあってこそ起きる引き寄せ

以前に書いた記事を再揚してさらに続きを書きます。


これは少しも不思議なことではない。

それどころかあまりに当たり前な7ことです。

実は、これは引き寄せられの法則でもあるのです。

ある一点に神経を研いでいれば一瞬のチャンスで心身が動く。

意識がソレにとんがっていなければチャンスが来てもそれを察知しない。

いつもソノことを考え続けていれば、ソレはふっと目の前に現れる。

即座にあなたの腕は動きソレを手にするだろう。

後になって考えればソレは偶然やってきたもののように感じられる。

けれどそれは引き寄せたわけでなく、そう感じてしまうものだのだ。

偶然というものはないのだ。

神経を研ぎ澄ましているから目の前にソレは必ず現れる。

眼を開けていても眠っている人は大勢いる。

観察とは単に眺めているわけでなく、ソレのことをいつも考えているので

チャンスの尾っぽでも影でも判るのだ。

匂うから掴んでみたら、その先にソレがひっかかっているのを見つけるのだ。

観察とは全神経をソレに注いでいることなのだ。

チャンスは常に人が運んでくる。

人を認めていない人(認証できない人のこと)には引き寄せの法則は働かないようになっているのだ。

人を大切にしよう。

自分がその人にどんなチャンスを与えることができるのか考えてみよう。

それこそが自己を認証する手段なのだから。

自分が他者になにをプレゼント出来るのかを考えることが自己認証といえる。

(ここから続き)

偶然必要な情報やモノがやってくるわけでなく、それはいわばいつも前を通り過ぎている。

神経が鈍いので単にソレが見えていないだけなのだ。

神経を研ぎ澄ませたときソレは見えてくる。

ソレについて考え続けているという準備が引き寄せをつくるわけだ。

引き寄せる前にソレに意識を引き寄せておく必要があるのだ。

つまり、「一所懸命」という心の状態が引き寄せを起こす前提になっているのだ。

これを成就させるには絶え間ないソレへの意識化が必要で、

意識化するには「定まった視点での観察」が必要になる。

定まった視点とはその人の生きる方向性ということだ。

つまり、ここで何度も述べてきたことですが

散歩状態では意識化がないので目の前の事象は単に通り過ぎているだけになっている。

あなたが「旅に出る」というメイン・テーマこそが必要ということです。

メイン・テーマに沿った引き寄せが起きてくるようにしかなっていない。






posted by 変才冨田 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

10月 横浜・東京セミナーのご案内


10月2日 BL横浜夜学ご案内

今回はエゴギョウの詳細から「認証力を付けると世界が変わる」

観察と認証についての興味深い話です。

エゴギョウを学ぶと全ての人間関係に活かせます。

前回はエゴギョウ入門編でしたが、今回はエゴギョウの土台であり目的でもある「認証と観察のワーク」を学びます。



当日はエゴギョウ正式版の170問をお渡しして11月はその結果の講習が予定されています。



会場 かながわ県民センター303号室

開場 18時 血管精密測定開始

開始 19時 終了21時

会費 2000円



予約 ラインはhiruandnで検索、
メール tetu.tomita@gmail.com
050−1193−9391


10月3日 個人健康相談と夜学

現在会場を探しています。
近く告知します。



10月4日 東京定番セミナー 


開場 東京 地下鉄蔵前の「結わえる」


「初めての人のためのセミナー」
@午前の部 七号食講習 16日で3s〜5kgは本当です
    食の考え方講習 
 *誰も教えてくれなかった食の哲学 食・生理・心身・疾病・環境は一本の筋
開場 9時30分 開始10時 終了 12時30分
昼食休憩 お昼は「結わえる」さんが希望者にはランチあります。
     1080円 予約必要です。

午後の部 開始13時30分 終了 17時
「姿勢の望診法と即修正の仕方」と「ツンツン・セラピー」一挙に講習
腰痛や膝痛にならないだけでなく、簡単に正しく歩けてしまう姿勢講習
誰でもが簡単にできるようになる「ツンツン・セラピー講習
 *首凝り、肩こり、片頭痛、眼精疲労、腰痛、膝痛、足首の柔軟性快復、足首スリムに改善

各講座は選択制で午前、午後各2500円
ランチ必要な方は予約してください。

場所 東京 地下鉄蔵前 結わえる本店
    住所 東京都台東区蔵前2-14-14

浅草線だとA4出口上がると正面にコンビニデイリーがあります。左へ行ってデイリー側に信号を渡ります。信号渡ってそのまま真っ直ぐに行き二本目で左へ真っ直ぐで通りにあります。


セミナー申込みは
tetu.tomita@gmail.com
050-1193-9391 lineはhiruandnで検索 lineでも申し込めます。



posted by 変才冨田 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新のイベント・セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする