◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2018年06月22日

明日は9時開場 自律神経測定です。

image.jpg

明日の大阪セミナーの内容の午前中は
病気の考え方と対処法です。

病気とは何か
それは
健康とはどういうことかに通じるものです。

健康観は人間観でもあり、哲学的課題に展開されます。

狭義に解釈すれば「自立神経」を中心とした脳の問題としても捉えられます

最初の表は午前中に測定予定の自立神経測定結果です。
9時から測定開始ですから参加ご予定の方は早い目にご来場ください。

疾患と食べ物やライフスタイルの関係をお話しして各種病の対処法の原理を展開します。

午後はエゴギョウの基本を理解していただき

その上でエゴギョウマンダラチャートの理論とワークになります。
思うようになぜならないのかが気づけることで
やっとどうすれば良いかがわかります。

玄米ランチ必要な方は予約してください。
posted by 変才冨田 at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド仏教界の指導者佐々井秀嶺師 




本日はインド仏教会を支えておられる佐々井上人の講演でした。

凄い仕事をされている人に同志というのはおこがましく面映くもあります。

僕とは精神風土がまるで違う上人様ですが、志しは同じでした。

82歳ということですがエネルギッシュな方でインドの真ん中からお一人でやって来られました。


インドでは不可触民という最底辺で差別にあえいでいる人たちが大勢います。

インドの現代社会を実は支えているのはこの2億人ともいう人たちです。

インドの人口は10億人ですから5人に一人ですね。

触っても、影を踏んでも、顔さえ見ないようにされているという人々です。

職業さえも変えてはいけないという最底辺の階級を固定化されています。

この差別はヒンズー教のカースト制度から生まれており3,000年続いています。

実は佐々井上人の活動はこの差別への抵抗として始まっています。

お話を聴いていて、佐々井上人は仏教徒でなくインドに来ても

現地で仏教徒となって差別撤廃運動に身を投じられたのではないかと思います。

菩薩道とは他者の救済に身を投じるという利他精神です。

仏教徒でなくとも菩薩道に生きている人は多いです。

佐々井上人は仏教徒以前に差別への義憤を持っておられたと思うのです。

差別の根絶は人類史的課題です。

仏教の根幹には「全ての人も、人でない動物も虫も同じ命だ」という

命の視点から全ての命は平等であるという思想があります。

ヒンズー教の人々が多数を占める社会において仏教の思想で対抗する以外に運動の仕様もなかったと思います

ヒンズー教からの改宗運動がそのまま差別撤廃運動につながっているのです。

広場を埋め尽くす改宗したばかりの仏教徒への佐々井上人の説法は鋭い。

天国も地獄もない。神も存在しない。魔法もない。おまじないもない。

つまりあなた方は世界観を変えなさい。

洗脳された世迷言を信じていからあなた方は差別的世界かr抜け出られないのだと説明していきます。

佐々井上人は日本の仏教界にも舌鋒向けます。

宗派にこだわって団結しないから衆生を救えないのだと説法します。

人類史的な差別撤廃運動という大きな視座がないから救済ができないのだと断じます。


日本でも被差別部落問題があります。

差別撤廃運動の先駆者である水平社という運動体が戦前ありました。

日本にも先駆者達がいたのです。

けれど仏教界が彼らの運動に手を貸しもしなかった

むしろお寺が被差別部落の固定に手を貸していました。

佐々井上人のような人を世に送り出した人類の力に希望を持てました

是非佐々井上人の話しを聴いてください。


6月23日(土) 京都
佐々井秀嶺師来日特別講演「龍樹の遺跡の発見〜インド・マンセル‐ラームテク遺跡」
時間:14:00〜16:30(13:30開場)
場所:京都市国際交流会館イベントホール(京都市左京区粟田口鳥居町2−1)
参加費:1000円 予約不要
主催:南天会 佐伯090‐5304‐8955 小林090‐4538‐2677  nantenkai@gmail.com

6月28日(木) 東京
ブッダガヤ大菩提寺を巡る対話
佐々井秀嶺師 中村龍海氏 佐藤哲朗氏 
時間:19:00〜21:00
場所:神保町101ビル3F(東京都千代田区神保町1‐101)
参加費:一般2500円(サンガ購読者1800円)web申し込み割引あり
申し込みはこちらよりお願いいたします
主催:株式会社サンガ TEL 03-6273-2181 / FAX 03-6273-2182  tokyo@samgha.co.jp

6月30日(土) 東京
反骨のブッダ出版記念講演会
時間:14:00〜15:30(13:30開場)
場所:ハロー貸会議室神保町(東京都千代田区神田小川町3−10新駿河台ビル10F)
参加費:無料 定員:90名
お問い合わせ:hankotsu@via.tokyo.jp

この他にも、各地で行事が予定されています。
随時南天会ホームページ、佐々井秀嶺資料室フェイスブック等でお知らせして参ります。

一時帰国支援金、受け付けております。
滞在中の宿泊費、交通費、食費など、また南天会主催の講演会費用などに使用し、
残金は佐々井上人への支援金とします。下記南天会口座にお振込みをお願いいたします。
ゆうちょ銀行払い込み専用口座
01380−0−90164 南天会
南天会事務局 
〒710-0004岡山県倉敷市西坂1582-1(TEL086-463-9391) 
nantenkai@gmail.com
posted by 変才冨田 at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

スーパーヌカ活躍中!


先日来、スーパーヌカ、何にでも入れて食べています。
料理、噂どおり美味しくなりますね!びっくりです!

我が家での活用法としては、毎朝レギュラーコーヒーを飲んでいるのですが、ドリップの際にコーヒーの粉にほんのすこし、スーパーヌカを混ぜています。安い粉コーヒーを飲んでいるのですが、雑味のないスッキリした味になって、とても美味しくなります。

あとは、犬の食事にも混ぜていますが、食欲も増し、毛艶も良くなり、今まで以上に元気になっています。

これから梅干しも漬けますので、ヌカでどう変わるか楽しみです。

コメント
はああ、遂にコーヒーですか!

ナルホド、ドリップの時に入れるのですね。

やってみました。

大さじ一杯のヌカだとフィルターで詰まりますね。

小さじ一杯にしたところOKでした。

やや甘みとマイルド感が出ますね。

強い苦味のコーヒーでやったところ苦味が薄れて大変美味しかったです。

酵素を重視されている人はそのままのヌカでお試しください。

今回は炒らないスーパーヌカでやりましたがq
次回は炒ったヌカで試します。

注意

このスーパーヌカは出来立てをすぐに特殊な包装袋に入れて酸素による酸化を防いでいます。

開封後は冷蔵庫保存です。

普通のヌカが臭いのは1ヶ月以上も放置してからです。

蒼の元米とそれで作ったスーパーヌカは生鮮野菜だと思ってください。

posted by 変才冨田 at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米のお話 8 読者の投稿より

おはようございます。

お米のブログ見ました。笑。

人は言葉で世界を分割して狭くも広くも出来る能力持ってますね!

玄米はじめ、色んな物を分析して言葉で天開してますが、玄米の事なんか細かく分割してみても全容なんかわからないと思います。1+1=2じゃないですから。

少し前にピロリ菌は悪だと言って殺菌するのが流行りましたが、悪だと言った張本人が、悪ではなく体に必要なものだったと訂正の手記を残してるように、部分を見てる限りどんどん自然からかけ離れていきますね。

では、どおやって判断するかと言えば、個人的に自分の体で感じるのが1番だと思ってます。

ほんの小さな側面でしかみてない方は実に多いですが、実際本当か試してみたら良いですね!

私の感覚だと、玄米は食べると とにかく体が落ち着く冷静になれる。これはピカイチです。体を支える底辺になるのがわかります。
白米だと落ち着くけど、一過性で揺らぐのがわかります。半人前。

野菜はその上で踊る踊り子。ステージがしっかりしてると活躍できる。

肉は、体が硬くなり精神状態が不安定になる。

役割りを知って、自分の体を自由に創る楽しさは素晴らしいです。

人類が見つけた色んな事を無視するのではなく、体の声を聞きながら 選択できるようになると世界が広がりますね!


コメント

全体として連続的に存在しているものの一部を切り取って、その意味を論じることが現代人の悪癖です。

細かく分析することは必要ですが
全体との関連性を忘れている、これが現代人の癖です。

眼を取り出してと言われてどこまで取り出すことができるでしょう。

脳全体をさらに身体全体を取り出してしまう思考法が求められています。

どこに区分を付けて切り取るかですね。

心も同じです。

欠点というものが全体としてどんな意味を持っているのかを考えることですね。
posted by 変才冨田 at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

水素医療はどこから来て 今どうなっている 1

BL研究所がレンタルしている機器が水素発生能力が2倍以上になりました。

レンタル金額は今まで通りの毎月3,780円です。

申込金が7,560円で届いた翌月から引き落としされます


さてBL研究所では数百件のレンタルユーザーがあり

体験事例がたくさん寄せられています。

現在メーカーでは多くの研究者と臨床医の協力があり
近いうちに医療機器として認可を受ける手はずのようです。

医療機器の認可を受けることで効果効能が記載されます。

ここでBL研究所独自の事例は発表できませんので、

水素医療の現状を客観的にお伝えしたいと思います。

水素が健康に大きく貢献できることは
多くの世界中の研究者の論文が排出されております。

私はブームには背を向ける習性があるのですが、
これはブームというものではなく確実に定着するものです。

人に加害しない本当の代替医療の兆しを日々感じているものです。

では発端はどこから始まったのか。

続く

posted by 変才冨田 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の話 7

@圧力釜で炊くと発ガン物質のアクリルアミドが発生する。

A発芽させないで炊飯するとアブシジン酸の毒性が消せない。

B玄米に含まれるフィチンはミネラルと結合してミネラル欠乏症になる。

そうあなたは説明されているけれど
私は20歳45歳までは玄米を圧力釜で発芽もさせないで炊飯して食べてきました。
(今は電気炊飯器の白米モードで食べられる美味しい玄米になってからは圧力釜は使っていない。
特に発芽にもこだわっていない)

でも私は大病もしていないし、病院へは歯医者以外に12歳から行ったことがない。

ミネラル欠乏症にもなっていないし69歳まで普通の人より元気に過ごしてきました。

あなたのいう3つの害を被ってはいないんです。

僕だけでなく
戦後になって病気になって玄米食を始めた人はみんな発芽もさせていないし圧力釜で食べてきました。

そうやって癌や慢性疾患を克服した人は多いです。

それはどう説明できますか。


講演された先生
「それは、きっと肉食なども同時に止めたからでしょう」


「そうだとすると、あなたのいう玄米食の3つの害よりも肉食がいけない、ということになりますが
そういう理解で良いですか」

先生
「そうだと思う」


「であれば玄米食の不利益を多くの時間を割いて説明するよりも
肉食の害に多くの説明をかけた方が良いと思いますが、どうでしょう」

先生
「そこも話していますよ」

当日は肉食の害については説明されていない。


「では、フィチンの害についてですが、玄米を食べるとミネラル欠乏症になるということですが、
先生は何を主食にすれば良いと思いますか」

先生
「白米で良いでしょう」


「白米には元々ミネラルが無くて、白米自体がミネラル欠乏症ですから、玄米食べるよりミネラル欠乏症になりませんか」

先生
「白米食べる時に副食でバランス取れば良いですよ」




ついでにフィチンについてのことは以前に書いていますので揚げておきます。



玄米にはフィチンが含まれており、これがいろいろ陰口を叩かれております。

陰口を叩く人は臆病でケチな人に集中しております。

というのは

フィチンは胃酸に出会ってフィチン酸となり

金属イオン大好き!状態になるようで見境なく声かけて仲間になるのですネエ。

声かけられて簡単になびく鉄さんや亜鉛ちゃん、カルシウムさんも腰軽いなあと思いますがねえ。

そうやって仲良くなっちゃうと吸収されないで排泄されるということで

ミネラル欠乏症になっちゃうと心配性の人は玄米さんとは仲良くなれないナアと思うのです。

玄米食はミネラル欠乏症になるって声高に叫ぶ先生もいて、一度訊いたことがあるのですよ。

私「では主食はどうするのですか?」
先生「白米を食べればよい!」



私 (・・)  昔は江戸煩いといって白米食べてビタミン欠乏症でかっけになるひといましたよ・・」

で、白米食をするとミネラルやビタミンまで無いのでおかずで補うことになるのです。

それがおかずの食べ過ぎになり→油脂類過剰に導かれます。

白米はすでにミネラルを精米という泥棒さんがぜーんぶ盗んだあとではないですか。

白米そのものがミネラル欠乏症になっているのにネエ。

そしてフィチンさんは意外にやってくれているのです。

というのは水銀や鉛、重金属などの有害金属とも仲良くしてくれるのですよ(本当に見境ないヤツ)

現代はむしろこのフィチンさんの働きが重要です。

だって、現代の食べ物は有害金属だらけなんですからね。

玄米には豊富なミネラルがあるのです。

少しぐらいフィチンさんに差し上げても良いではないですか?

さらにゴマ塩振りかけてミネラルを補充しているのですからね。

もう、40年以上も前の話ですが

玄米はヌカに含まれる水銀が多いから汚染されるという新聞記事が出たことがあるのです。

そのせいで玄米食をやっていた人がずいぶんやめました。

自然医学の重鎮である森下先生は1年間かけて白米食と玄米食の人の毛髪を分析研究されたのです。

結果は白米食の人が水銀を蓄積していると発表されたのです。

でも、その記事は出なかったですね。

そういうわけで

玄米食は太っ腹で実行しましょう。

玄米はミネラルが豊富なんだから

フィチンさんに少しぐらいは差し上げましょう!

posted by 変才冨田 at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

学び舎はあなたの脳の中 2

前回は自分の力で調べ尽くせと書きました

調べて「そうか、わかった!」という結果はダメです。

調べる時の姿勢が悪いのです。

本当は調べるほどにさっきまで持っていた疑問が他分野に湧いてきます。

わかるほどにわからないことが増える。

それが良い学び状態です。

ゾーンに入って学びです。


調べる時の姿勢が悪い、それはどういうことか。

単に知識を得ようとしているのです。

質問の質が悪いのです。

疑問が拡大しようのないつまらないことに疑問を持つのです。

息を呑むような疑問が必要です。

その疑問❗️

とことん付き合うよ!

一緒に論議しよう!





posted by 変才冨田 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学び舎はあなたの脳の中 1

学校は教育の場ではない、教育の現場はあなたの頭脳の中

人がなにかを認識する時、それが苦労という経験をすればするほど身につきます。

質問をすれば回答が返ってくる。

そういう環境は便利だからこそ返って教育にならないわけです。

研究所でもそういうことがあります。

まるで私を辞書代わりにしているのかと思えるような質問をする人は多いです。

けれど

質問→回答→質問→回答→・・・・

これを永遠に繰り返して、その結果

質問者は成長するのでしょうか?

とてもそうは思えないのです。

そういうシステムを研究所が保持している限り、研究所は教育の場にはならないのです。

疑問が浮かんだ時

自分の知識を総動員して思考実験をして自己解決すべきです。

知識の不足と知恵の不足で解決できなかったら、調べまくるのです。

調べている過程で疑問の周辺が浮かんできます。

疑問の周辺がわかることが、実は認識の底が深くなり幅が拡がるのです。

裾野の狭い高い山を作るのではなく

裾野が広がっている高い山をつくることです。

セミナーの講師をするときに「怖いのは質問です」と言う人が多いです。

裾野の狭い山をつくっているからです。

例えば「米を食べることがダイエットになる」というテーマです。

これをダイエットに限定して考えることが裾野が狭いというわけです。

米を食べることの意味、米の歴史、米と天候と世界、米栽培の事例、米と生理、米の調理法

食べるとはどういう意味なのか

こういうところを押さえて米について語ることができるのです。
posted by 変才冨田 at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の話 6 玄米食についてのアレコレの雑音

玄米に含まれるアブシジン酸には毒性があって玄米は発芽させてから炊飯すれば毒性が解除される。

そのまま炊いて食べるべきではない。

そういう論議が真面目にされています。

一体誰が言い出したのやら。

おそらく玄米嫌いの先生が言い出したのでしょう。

あるいはそういうことを発言することで「自分の存在理由」を説明して尊重してもらえるという無意識の狙いでしょうか。

もう一つあります。

玄米にはフィチンがあってミネラルと結合して吸収させなくするのでミネラル欠乏症になるという論です。

これも玄米嫌いの先生が流したものでしょう。

これらの論理は論とも言えない代物で笑えます。


そういえば自然塩に対しても妙な論理を立てている人がいます

自然塩にはニガリ(主成分はマグネシウム)があって
これはタンパク質凝固作用がある。

それが証拠に豆乳にニガリを入れると凝固して豆腐ができるでしょう。

自然塩を摂取していると腎臓のタンパク質が凝固してカチカチになる。

だからニガリを抜いた塩が良い。

私はそういうニガリ抜きの塩を作ったのでこれ買うがよろしい。



どうしてこんな確信に至ったのか面白いですね。

海水はニガリが多いので、これでは魚のエラもタンパク質でできているのでエラ呼吸が困難になります。

イカやタコもカチカチで食べられなくなりますね。

豆乳のタンパク質にニガリを入れても固まりません。

80度以上で凝固が始まります。

体温が80度になる前に死にます。

条件的な物性を無視した論理です。


アブシジン酸フィチンもも似たようなものです。

玄米を食べるのは不安だという人がこうした論理に動揺されています。


アブシジン酸は全ての発芽する植物にあります。

玄米だけではないのに玄米が狙い撃ちです。

そういえばアクリルアミドは発ガン物質です。

圧力釜で炊くとアクリルアミドが生成するので圧力釜で炊くのは危険です、というのもあります。

桁違いに生成するのはパン粉で揚げるカツや天ぷらです。

140度から生成が始まって揚げ物などは180度を超えます。

圧力釜は140度くらいです。対して身体に害になるほど生成しないですね。

それどころか戦後圧力釜で炊飯してガンから生還した人は多い。

もし圧力釜で発ガン物質が生成するならなんで治ったか説明できませんね。

僕自身が圧力釜で30年は炊いていました。


それを言わないでなぜ玄米についてだけ言う?

余程玄米嫌い何でしょう。

そして、それを言うことで注目されるのが狙いなのかもしれません。

講演でそれを力説する先生に説明を求めました。

続く







posted by 変才冨田 at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の話し 5

前回は穀物の栽培が私有意識を人にもたらせたと書きました。

そして、戦はそこから発生したとも。


私有意識は人を他から引き離して自己意識も強化しました。

穀物栽培は今日の人間を創造するに巨大なインパクトを与えたと思います。

それまでは人は共感覚で生きていたので「繋がり」として生きていたろうと想像します。

今は個人感覚が強化されているので、他者を生かすために犠牲になるという感覚は信じられないものとなっています。

身体は切り離された粒、生命は他者と繋がった波。

現代人は粒感覚で生きています。

その分だけ生命感覚が薄れているようです。


アメリカインディアンの居留地に原発が建てられようとした時に若いインディアンが猛反対していました。

「俺が立って見える地平線の向こうまで俺自身なんだ!」

自然環境とも一体となった生命観ですね。


さて、穀物栽培を通して財産を得た人は最早後戻りできません。

私有制を我々は克服できるのか、というミッションが与えられています。


次回は一転して穀物と生理について書きます。
posted by 変才冨田 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする