◆BL研究所トップページ◆
◆7号食についてのQ&A等はコチラ◆
※水素風呂についてはこちら※
◆梅ごぼうの作り方◆
◆商品案内はこちらです◆

2018年12月13日

自由と努力の関係 3

さて、人間は自由な選択をしたり、選択肢そのものを創造しているときは「楽しい」のです。
そこには「努力」の二文字はないのです。

他からの
強制力を伴うことには「努力」が必要なのです。

けれど、私たちの行動の大半は強制力が伴っています。
故にこそ「努力」の大切さが喧伝されているのです。
そしてその強制に従わないと「怒られ」ます。
殆どの人はそれをしないと「怒られる」ので仕事をしているのです。
仕事をする動機は自己実現のため❗️
殆どそれは嘘なのです 笑
しないと怒られるからです。

自立的な動きをするときは楽しいですね。
強制されるとたちまち不快になります。

楽しく毎日走っている人にトレーニングメニューを強制すると走ることが苦痛になります。
そこで報酬を与えると「努力」して走り始めます。
報酬が強制力です。
やがて走らないと怒られるので、頻繁に怒られると報酬が無くなるのでそれを避けるために努力して走ります。
自発的な仕事は努力感を伴いませんが、報酬を餌にされての仕事には努力が必要になるのです。

嗚呼、これが無間地獄ってやつですね。笑
posted by 変才冨田 at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由と努力の関係 2

平安時代に詩歌の交換をしていた彼女や彼らは努力していた感覚はなかったはずです。

ワクワクドキドキしながら推敲を重ねて創作していたはずで、努力感は微塵もなかったでしょう。

なにかの義務で好きでもない人に詩歌を送るときはきっと努力を要したでしょう。

そうです、義務感や必要性に迫られてそれが楽しくない時に努力の加勢が必要なようです。

BL研究所のインソールを作って頂いている匠に訊きました。

私「ずっと工場にこもってじっとしてひたすら作業の連続で一日中過ごしていると僕などは耐えられないです、匠はよく頑張っていますね」

匠「いや〜、僕は全く頑張っていないですよ、楽しいからいつのまにか時間が経っているだけですよ」

努力を要する時は楽しくないというヒモがくっついているのですね。

で、脳は楽しくないときは回路が閉じてしまい脳力も出ないようです。

覚えも低下するので、さらに努力が必要になり、さらに楽しくなくなる。

こうした悪循環を断ち切るためには、それをやめるか(大英断を下す)

どうしてもしないといけない場合は作業を中断して
どうやれば楽しくなるかを工夫することです。

それが自由というコトです。

食事は多くの人が楽しさを感じるのですが、さらに楽しくするために、食を高度な次元に高めると楽しさが深まるのです。

そこで素晴らしい皿や会話などを加えて楽しくするのです。

動物は自然の鎖に縛られて食べます。

我われも同じです。

けれど工夫を加えて文化として食事をするのです。

選択の自由を保有しています。

食は生きている以上必然の行為ですが、
その点は選べない不自由があります。

けれども以下に食べるかは自由な選択です。


自由とは
必然という不自由を土台にしつつ
選べる可能性のことなのです。

だけでなく、選択肢も無限に創造することができる。

それが自由ということです。
posted by 変才冨田 at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

自由と努力の関係 1

自由とは何か、そして努力の意味論

動物は自由に生きているように見えて(特に近所の野良猫たちは僕の顔見ると欠伸か緊張を湛えた顔になる)実態は自然界の鎖に縛られています。

鎖とは何か
それは喰わねば死ぬという鎖です。
腹が減ると食べ物のイメージがかってに脳に湧きだします。そして食欲を満たすために行動します。食べもののイメージが湧かないようでは死にます。
このイメージは自由に意図して出るようなものではないので、鎖に縛られていると言えるでしょう。自然界の呼びかけに応じて動かされるわけです。この点では我々も他の動物たちと同じです。
同じですが何かが違う。
それは動物は口や稀には手を使って食べますが
その肉体的な条件に縛られています。
人間はホテルで食べるか、食べながら歩くか、箸を持つかフォークを持つかは意図して選びます。
発情したオスはメスを見ればそれが発する匂いに刺激され性欲を満たそうとします。
メスは多少は相手を選ぶらしいですよ。
メスの方が自由なのかと思いますが、良い子孫を残すために選ぶので、やはり自発的な意図はないようです。
人間は男も女も選り好みします。
恋の行動というものも食欲と同じで異性のイメージが湧き出てから相手を求めるのですから、この点では自然界の呼びかけにそそのかされています。根っこのところでは自然界に支配されています。
けれど、人間は恋愛行動という高度に洗練された技法を選びます。ここにおいては自由な意図をします。
平安時代などは詩歌の交換をして愛をより高次なものに仕立てていきました。

自分の次元をあげて文化をより高度化しました。

さて、ここで努力の問題が浮かびます。

女性に送る詩歌を推敲に推敲を重ねて吟味し尽くして作品を創作していましたが、彼らは努力していたのでしょうか。

続く
posted by 変才冨田 at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

東京セミナーは二部満席 一部は後三名 夜学は後6名で締め切ります

大阪夜学は未だ空席あります。
posted by 変才冨田 at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

座興としての人生 踊らにゃ損

江戸時代の男達はジュバンの裏にいろんな絵をあしらっており、
これが粋なオシャレであったそうです。

その中に結構な数に髑髏 全身骸骨の絵があった。

マア、今で言えば学ランの裏に鮮やかな骸骨の刺繍ですね。

そういえば電飾トラックに骸骨の絵もありました。

鳥獣戯画に似て

骸骨が組んで踊ったり、ご飯食べたり、パソコンのキーボード打っています。

こうなるとメッセージ性を感じさせ粋なアートでした。


さて
人生をどう見るか。

どんなえらいひともホームレスも一皮剥いて肉も取れば
みんな骸骨です。
そこには一人称はなく(個性なく)みんな同一です。

骸骨が「生き甲斐」を求めたり悟りを開こうとしたり、はたまた
一時の快楽を追い求めたりしています。

そこが面白いと思うのです。

この世界の一場の座興に踊っています。

踊らなきゃ損ではないですか。


僕も何もしないでは退屈で居れないので

踊っています。

思いっきり踊ることで骸骨の存在を超えたいものです


人は何かというとリスクを問題にします。

リスクを求めることが踊ることになるのにね。
posted by 変才冨田 at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

利己的生き方と利他的生き方

人が利己的に行動したり考えたりする理由は二つあります。

@ 身体的に不調問題がある。
胃や歯が痛い時には誰も社会貢献のことなど考えられません。
なんとなく不調という場合も気分が優れないので他者に配慮が足りなくなります。

意識は常に自分に向かっています。
これが利己的になる理由です。

A 経済的に自分が生きるだけで精一杯。
社会貢献以前の段階です。毎日お金のことばかり考える状況です。

@Aが複合して心が遠いところを見通せなくなり、近視眼によって短気になり怒りやすくなります。

近くしか見えないということは、その先が暗闇なので、一層判断力が鈍り
今しか考えられなくなる。

利己的に生きることは視野狭窄とセットになっている。


これから益々病人は増え生活は苦しくなり

利己的に動く人々が増えることでしょう。


けれど一方では気づく人たちも激増している。

5年後10年後の未来を見据えた時一気に視野が広がる。

現在の自分の立ち位置と置かれている社会環境が見えてくる。

未来が見えた時、突如として現在が見えてくる。

もはや自力だけではどうにもならないと見えてくる。

依存できる力を自ら引き出す必要に駆られる。

意識的な依存は依存された他者の力も引き出す。

無意識の依存はもたれ合い自滅する。





posted by 変才冨田 at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

モニター募集 東京方面2名 関西方面2名

かなり前にも実施していましたが、久しぶりにモニター募集します。

実施要綱

@ 完璧に7号食を実行できる人。

A 期間は1日18日までに終了出来ること。

B 実行する前後に研究所に訪れていただきカウンセリングを受け
各種計測器のデータを作成します。

C データ計測は都内と大阪市内です。
最終のアフター計測の期限は
東京は18日にアフター計測
大阪は17日にアフター計測

中間にも随時やっています。

D 募集人員は4名です。

E カウンセリングは通常10,000円ですが
モニター志願の方は無料です。

F 7号食セットか実行するのに必要な米などの商品は自費で買ってください。

計測は自律神経計測 血管の精密測定
メタトロンとオールワンという波動測定
血中酸素濃度 体重は自宅で計測出来ること
血圧測定 唾液測定

目的
玄米食のエビデンスの作成

参加の意義
食や運動が心身に与える良化作用を明らかにすることで、
社会の健康意識を喚起出来ることに役立ちます。

お申し込み
TEL/FAX:06-6485-8987
tetu.tomita@gmail.com


posted by 変才冨田 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

12月16日 東京セミナー 12月22日 大阪セミナー

東京セミナー12月16日
大阪セミナー12月22日

同一内容

今回は年末ということで、新年に向けてのライフスタイルを革新する

考え方の講習に絞ります。

12時 開場 血中酸素濃度計測と精密血管硬度測定

第一部 13時 開始

「ものの見方考え方」
私の全ての考え方の土台について伝えます。
世界の三つの法則について
陰陽論と弁証法的唯物論について
社会も身体も心にも貫徹する法則

これを語るのは初めてと思います。
冨田の思考法の虎の巻です。

このお話は滅多にしないので是非受講してください。

休憩

第2部 14時45分
第一部の応用として具体的に健康問題の本質を語ります。

食の哲学 大根や米の存在論
存在の意味
働くことの意味
冨田が仕事する理由。
結婚の意味
死の意味論

このお話も滅多にしていないです。
必見です。

17時終了

18時 夜学
自分や家族を取り戻す働き方改革
安倍さんは「働き方改革」を進めています。
ここは安倍さんに協力して冨田流「働き方改革論」を展開します。

身体や時間、モノを売って成り立たせるという
無間地獄からの脱出の仕方。

これまでの仕組みを変える方法について。

受講料
一部 二部 各2,500円
会員 各部 500円割引

夜学 500円

場所
東京 五反田近く

大阪
御堂筋線中津駅 徒歩1分 2番出口
阪急中津 徒歩 6分
梅田 徒歩 18分


posted by 変才冨田 at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

夢を語る資格

高名なピアニストにインタビュアーが質問した。

演奏に個性が出るにはどうすれば良いですか?

ピアニストは応えて

「目隠しして演奏できるようになってからだ。楽譜を見ての演奏はヨチヨチ歩き。

暗譜しての演奏はなんとか歩いている。

そんな状態のものが個性的になろうなんて

白昼夢です」

仕事を始めたばかりの人は立ち上がるのがやっとの状態です。

ちょっとやって上手くいかないから自信喪失です、なんて

おこがましいですね。
posted by 変才冨田 at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

12月7日8日 智頭町セミナー

E2FF5644-7A77-4045-88FD-656E65E09180.jpeg
posted by 変才冨田 at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする